MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > 【フォークリフトタイヤ総まとめ】種類と価格から適正空気圧や交換時期&方法&費用まで
タイヤ・スタッドレス

更新

【フォークリフトタイヤ総まとめ】種類と価格から適正空気圧や交換時期&方法&費用まで

フォークリフトタイヤとは?

フォークリフト

フォークリフトとは、車体前面に昇降可能なアーム(フォーク)が付いた小型特殊車両。

コンテナやパレットに載せた荷物をフォークで持ち上げ、一度に大量の荷物を運べるため、工場や倉庫などでの物流作業には欠かせない乗り物です。

2.5tの積載制限のフォークリフトの場合、車重はおよそ4tほど。合わせて6.5tもの荷重を受けながら移動しなければいけないフォークリフトのタイヤは非常に過酷な環境で使用されるタイヤといえます。

フォークリフトの免許の取り方についてはこちら

フォークリフト免許の取り方とは?最安費用から最短日数までご紹介!

フォークリフトタイヤの種類

フォークリフト 日産

フォークリフトには多くの種類があります。最もよく使われれるタイプであるカウンターバランス式フォークリフトは後ろに重心があり、荷物を運んだ際にバランスが取れるように設計されたフォークリフトです。

起伏のある地形での運用と、長時間継続運転することを想定し、人間に対する乗り心地も考慮してクッション性を持たせたタイヤが用いられます。

自転車と同じ構造の空気チューブ入りで乗り心地の良い「エアタイヤ」全体がゴムでできているため、パンクの心配はありませんが、重量がある「ノーパンクタイヤ」以上の2種類のタイヤが主に使用されます。

また、ノーパンクタイヤの側面に等間隔に空けた孔で乗り心地を確保したエアボスタイヤというタイヤも開発されています。

車と同じように、トレッドパターンが設けられ、運搬物の荷重を受け止めるフロントタイヤはリアタイヤに比べて大きな径のタイヤが用いられます。

フォークリフトタイヤの適正空気圧

タイヤの空気圧調整

車のタイヤの空気圧は、2〜2.5kPaで扱われます。それに対し、はるかに大きな荷重を支えなければいけないフォークリフトのエアタイヤは、7~10kPaとトラック並の高い空気圧を必要とします。

正確な空気圧はフォークリフトのコーションプレートに記載されている空気圧を厳守しましょう。車と同じく、ゴム製のタイヤは1ヶ月で0.3kPa前後の空気が自然と抜けてしまいます。

空気圧の低くなったタイヤは変形、ヒビ割れが発生しやすくなり、タイヤの早期交換を余儀なくされてしまいます。また操作性の悪化で作業効率にも影響がでるでしょう。最低でも月に1度の定期点検を実施したいものです。

10kPaのタイヤが破裂すると爆弾になる!

高い空気圧が設定される、トラックのタイヤが破裂した場合の威力を再現した動画です。

10kPaという高い空気圧で、仮にタイヤが破裂でもした場合には手榴弾並の威力を発生します。

車同様、空気圧不足での運用はタイヤによくありませんが、入れすぎによる破裂を防ぐためエアコンプレッサーのゲージは正確な値を指しているのかのチェックも大切です。

こういった事故や点検の手間を省くために、多少価格は高くてもノーパンクタイヤやエアボスタイヤに交換してしまうのも一つの手です。

タイヤの空気圧についてはこちら

【危険】タイヤの空気圧は今は高くしない?高速道路での走行リスクや燃費についても

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事