初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ドライビングシューズおすすめ人気ランキング TOP5】素足で履くのが鉄則?選び方も

安全に車を運転するために意識したい「靴」。普段何気なくサンダルなどで運転しているという方は、これを機会に「ドライビングシューズ」を購入しましょう。ドライビングシューズの特徴や、メンズ・レディース別にドライビングシューズTOP5をご紹介します。

ドライビングシューズとは?普通の靴とは何が違う?

運転しやすい靴のイメージ画像

©Shutterstock.com/NorGal

ドライビングシューズとは、レーシングシューズの操作性と、普段履きにも使える気軽さを兼ね備えた運転用の靴。

もともとは車好き御用達の靴として生み出されたドライビングシューズですが、独特の形状からシューズファッションのいちジャンルとして定着し、車の運転のみならずおしゃれな靴としても人気上昇中です。

ドライビングシューズと普通の靴は何が違う?

ドライビングシューズは、普通の靴よりも細身で、薄く硬いソールがかかとまで覆うように巻き上げられているのが特徴です。

細身の靴は、ひとつのペダルを正確に踏み分けることができます。また、ペダルに踏む力を正しく伝達するために、ソールには薄く硬い材質が使われます。"かかと"を床に対して「面」で支えることのできる巻き上げられた形状は、足首を安定させる効果があり、ブレないペダルさばきを実現します。

「運転していて足が疲れる」「速度を一定に保つことが難しい」「クラッチワークがうまくできない」などの悩みは、ドライビングシューズに履き替えることで改善できる場合が多くあります。

運転の際に履けない靴について詳しくはこちら

ドライビングシューズのメリット・デメリット

メリット

・正確なペダル操作が可能になり、車を思い通りに動かせるようになります。
・長距離運転時のかかとの痛みや疲労低減に効果があります。

デメリット

・細身につくられるため、横幅が窮屈に感じる場合があります。
・取り扱い店舗が少なく、試着をすることが難しい。
・普通の靴よりもソールが固く、歩行がしづらい場合があります。
・ソールが薄いため、寿命が短い傾向にあります。

ドライビングシューズの選び方のポイント

ドライビングシューズ選びのポイントは、使用目的を明確にすることです。価格と素材とソールの硬さによるドライビングシューズの性格の違いを解説します。

価格

はじめてドライビングシューズを選ぶ場合は、まずは安いものから選んで、その使用感を確かめるのがベターです。安いものでは3,000円から、高いものでは数万円までと価格に幅がありますが、一概に高価な靴ほどよい靴であるとはいえません。

お気に入りのドライビングシューズが見つかったら、廃盤になる可能性も考慮して同じ靴を2足以上買って履き分けるのもおすすめです。

素材

本革製のドライビングシューズは高価で定期的なメンテナンスが必要ですが 、長く使い込むほど足に馴染むのが特徴。

合成革は本革にくらべ耐水性や耐久性、コストパフォーマンスに優れますが、質感はどうしても本革には劣ります。通気性のよい新素材のドライビングシューズも登場しています。

ソール

ドライビングシューズの性能を大きく決めるのがソールの性質。歩行優先であれば厚く伸縮性の高い柔らかめのソール。運転が優先であればハードブレーキングでも足を痛めず、ペダルに安定した踏む力を掛けられる薄く固めのソールがよいでしょう。

次項でAmazonでレビュー評価の高い上位5品をピックアップしランキング化しました。
メンズとレディースに分け、おしゃれで運転用途にも使える厳選したドライビングシューズをご紹介します。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す