初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ラジアルタイヤとは?価格や寿命からバイアスタイヤとの違いまで

現在、乗用車用のタイヤのほとんどにラジアルタイヤが採用されています。ラジアルタイヤの仕組みや構造、価格や寿命、おすすめの人気ラジアルタイヤまでを徹底解説しています。ラジアルタイヤの特徴やメリット・デメリットは?バイクに向いているのは?

ラジアルタイヤとは?

ラジアルタイヤの構造イメージ図

タイヤにはさまざまな種類がありますが、タイヤを形成する内部構造で見た場合、大きく分けて「ラジアルタイヤ」「バイアスタイヤ」に分けることができます。

タイヤは強度の関係上、ゴムのみで作られているわけではありません。ゴム層の下にはポリエステルやスチールなどで作られた「コード」が存在します。
複数の重なりあったコード層を中心とした部分や部材は、タイヤの強度を保つ役割を果たし、「カーカス(=骨組み)」と呼ばれています。
ラジアルタイヤは、そのカーカスが進行方向と90度になるよう配置され、さらに補強のためにベルトで締め付けてあります。

そのため、タイヤを横から見た場合、カーカスがタイヤの中心から「Radial(ラジアル=放射状)」に伸びるかたちになり、ラジアルタイヤと呼ばれているのです。

ラジアルタイヤの特徴やメリット・デメリット

ラジアルタイヤは、地面に接するトレッド面に補強のための「ベルト」が入っています。そのベルトが路面から受ける衝撃や振動を和らげる役目を果たし、接地面が安定しているため、ラジアルタイヤにはコーナリングでも高いグリップ力を発揮するといった特徴があります。

一方、ベルトが入っていないタイヤの側面となる「サイドウォール」は、トレッド面に比べやわらかい構造となっています。これによりラジアルタイヤは路面を追従する性能に優れ、高速走行でも安定した乗り心地の良さを感じることができるというメリットもあるのです。

しかし、サイドウォールがやわらかいという性質上側面の強度は弱いとも言え、その部分をこすったり傷つけると、思いのほか大きいダメージを受けることもあるといったデメリットもあります。

サイドウォールについて詳しくはこちら

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いって?

バイアスタイヤは、基本構造は「ラジアルタイヤ」と変わりませんが、タイヤの強度を保つ役割を果たす「カーカス」の配置の仕方に違いがあります。

バイアスタイヤのカーカスの配置は、地面に接するトレッド面に対し、斜めとなるよう配置され、よじれを防ぐため複数枚を逆方向にクロスさせ重ねたものをブレーカーで締め付けています。
そのため、カーカスを「Bias(バイアス=斜(なな)め)」に配置することから、バイアスタイヤと呼ばれているのです。

バイアスタイヤの誕生はラジアルタイヤよりも古く、空気入りのタイヤが初登場した際に使用されていた構造となっていますが、製造方法はラジアルタイヤに比べシンプルで容易とされています。

また、乗り心地の点ではラジアルタイヤにはおよびませんが、トレッド面、サイドウォール面のバランスが取れているため、低速走行や悪路走行には向いていると言えます。

ラジアルタイヤはノーマルタイヤなの?

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

©shutterstock.com / Dmitry Kalinovsky

前述のとおり、ラジアルタイヤはタイヤの構造上の分類です。
それに対し、「ノーマルタイヤ」とは一般的に「冬用タイヤ」であるスタッドレスタイヤなどに対し、通常時に装着するタイヤという意味合いからそう呼ばれたり、競技用タイヤレースやオフロードで装着するタイヤに対し、通常時に装着するタイヤとして呼ばれます。
そのことから、ノーマルタイヤも構造上では、そのほとんどが今では「ラジアルタイヤ」となっているのです。

また、構造上はラジアルタイヤですが、JATMA(社団法人 日本タイヤ協会)が策定する「低燃費(タイヤの転がり抵抗)性能」や「安全(ウェットグリップ)性能」の基準値をクリアし認定した「低燃費タイヤ」なども、近年では人気となっています。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの比較はこちら

バイクに向いているタイヤはどんなタイプ?

現在、一般的なバイクのタイヤは車と同じく、大きく分けて「バイアスタイヤ」「ラジアルタイヤ」が使用されています。
その他にも、オフロードのバイクでは、「トレールタイヤ」「競技用タイヤ」を使用する場合もあるようです。

バイクのタイヤの場合でも、古くから使われているのは「バイアスタイヤ」です。古くから作られているバイクやスクーターなどの小型のバイクには多く採用されています。

一方、「ラジアルタイヤ」は近年バイクのタイヤとしても主流になりつつあり、高速走行する際には安定したグリップ力を発揮するため、大型のバイクをスポーツ走行する場合や、荷重の大きいバイクを走行する際には適していると言えます。

次のページ

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す