初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェの新型車・モデルチェンジ全情報|価格や日本発売情報も【2017-2018年最新版】

2017年現在、ポルシェからは様々な新型車の情報が入ってきています。スポーツカーでは現行911をベースにしたGT2 RSやGT3、718ケイマンベースのGT4などが挙げられます。さらに、SUVやEVカーなど、多種多様な分野に進出していくポルシェの新型車と、今年日本で販売予定のポルシェの価格や仕様などを解説します。

ポルシェの新型車の最新情報と今年販売するモデル

ポルシェ エンブレム

ポルシェはスーパーカーメーカーとして、911をはじめ様々なスポーツカーを生み出してきました。
近年では、4ドアモデルであるパナメーラやSUV(多目的車)であるカイエンなど、スポーツカー以外のラインナップも増えてきています。
さらに、今日ではEVカーの分野にも進出しようとしています。

本記事ではポルシェの原点である最新スポーツカーの情報と、最新SUVやコンパクトカー、ポルシェのこれから展開していく予定のEVカーについてご紹介します。

ポルシェの歴史や車種に関する記事はこちら

ポルシェ 718ケイマン GT4 RSについて

ポルシェ ケイマンGT4 外装

ポルシェ ケイマンはミッドシップベースのポルシェとして、年々存在感を増してきており、特にGT4は911のパフォーマンスを凌駕する出力と足回りを持っています。
ケイマン GT4は現在生産が終了していますが、新型の718ケイマンベースの新型GT4の情報がちらほらと聞こえてきています。

2018年にワールドプレミアの予想!

現在、新型GT4はニュルブルクリンクで目撃されており、2018年頃に正式発表されそうです。
予想ではポルシェ GT3に搭載される4L水平対向6気筒エンジンが搭載され、400PSの最高出力が与えられるようです。
NAエンジンとマニュアルミッションの組み合わせを変更することはないようですので、期待大ですね!

新型ポルシェ 911について

ポルシェ 911 ターボ 外装 スクープ

ポルシェといえば、911カレラがその代表格であることは間違いありません。
RR(リアエンジン後輪駆動)のレイアウトこそが、ポルシェの基本であり、最高峰のパフォーマンスモデルGT2も911がベースとなっています。

現在の911は3Lダウンサイジングターボが中心となっており、3.8Lの自然吸気エンジンから出力も向上しつつ、より環境に適合したモデルとなっています。

2018年にフルモデルチェンジ!気になる変更点は?

新型ポルシェ 911は、2019年にフルモデルチェンジが予定されています。
初採用されるモジュラー・スポーツカー・プラットフォームにより、柔軟かつ適切なRR車として生まれ変わるようです。

見た目の一番の変更点は、横一線のデザインのリアのLEDランプ。
パワーユニットには、3Lボクサー6ターボエンジンが採用されるとの噂があり、トレッドの拡大なども予想されています。

新型 ポルシェ カイエンについて

ポルシェ カイエン 外装 2016年型

ポルシェ カイエンは、ポルシェのSUV(多目的)車であり、ポルシェのオフロードモデルとして最上位機種です。
2代目となる現行型は2010年よりデビューし、2014年のマイナーチェンジを経て、現在も販売されています。
894万円のベースグレードから、2,000万円を超えるターボSまで豊富なグレードが用意されています。

その中でもカイエン SE ハイブリッドは、プラグインハイブリッド。
ポルシェの環境対応への一つの解答ともいえるモデルです。

新型カイエンの販売は2018年予定!

新型カイエンは新型カイエンの販売は、2018年の予定です。
現在ドイツで走行テストをしているとのことで、目撃情報も出てきています。

MLBプラットフォームの採用により、軽量化と剛車体剛性のアップが予想されています。
パワーユニットは、3.6L V型8気筒、2.9L V型6気筒ターボ、プラグインハイブリッドの3種類と噂されています。

ポルシェのEVカー「ミッションE」とは?

ポルシェ ミッションE 2015年製

ポルシェは2015年のフランクフルトモーターショーで、新しいコンセプトのEVカー「ミッションE」を発表しました。
ポルシェならではのスポーツ性能の高さと急速充電が特徴です。

ボディは一見すると2ドアクーペのように見えますが、マツダのRX-8のような観音開きドアを備えた、パナメーラのような実用性のある4ドアクーペとなっています。

新しい概念のEVカーミッションEの販売は2020年の予定

ポルシェ ミッションEはスポーツ性能も高いです。
2基のモーターは、それぞれフロントとリアを駆動させ、合計出力は600PSとなります。
0-100km/h加速は、3.5秒。
2015年のル・マン優勝マシンである919ハイブリッドの技術をフィードバックした、高いパフォーマンスを誇っています。

EVカーの弱点は航続距離と充電時間ですが、ミッションEはその不安をも解消しています。
フル充電時の最大航続距離は、500kmと充分なものです。
しかも800Vの充電設備を使用すれば、15分でフル充電できます。

近未来のスーパーカーであるポルシェ ミッションEは2020年販売予定です。

ポルシェ2017年販売モデルの日本仕様と価格について

ポルシェ 911GT2 RSとGT3

ポルシェ 新型 911 GT3 2017年

2017年に販売されるポルシェで目立つのは、911の最高峰モデルであるGT2 RSとNA最強のポルシェであるGT3でしょう。
911 GT2 RSは、3.8Lボクサー6ツインターボによって、700PSもの出力を誇るモンスターマシンです。
7速PDK(デュアルクラッチトランスミッション)と、RRの組み合わせによる最高の動力性能が特徴です。

ポルシェ 911GT3は、NAエンジン最高のパフォーマンスを持つポルシェです。
4Lのボクサー6は500PSに達し、自然なフィーリングによって気持ちよく拭け上がります。
6MTも追加され、さらにドライバーに操る喜びを与えてくれます。

911GT2 RSは、イギリスで6月30日でワールドプレミアされたばかりなので、価格などの詳細は不明です。
911GT3は、今のところ左ハンドルのみで日本での販売価格2,115万円(PDKモデル)、6MTモデルの販売は秋以降となる予定です。

ポルシェ パナメーラ 4-E ハイブリッド

ポルシェ パナメーラ4E ハイブリッド 2016年型

ポルシェはパナメーラにハイブリッドカーである、パナメーラ 4-Eハイブリッドを追加しました。
EV走行のみで50kmの走行距離があり、さらに2.9Lガソリンエンジンにより航続距離の補強と出力の強化が可能です。
走行モードを変更すれば、エンジン出力でバッテリーを充電できます。

日本仕様の価格は1,407万円で、昨年の発注分が2017年より納車開始となります。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモについて

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ

ポルシェの5ドアモデルであるパナメーラに、新たなボディが追加されました。
スポーツツーリスモと名付けられたそのボディは、ステーションワゴンタイプで、実用性に優れた積載性を持っています。

パナメーラ スポーツツーリスモの予約は、公式ページにて4月20日より開始しています。
ベースグレードのパナメーラ4スポーツツーリスモが1,297万円、最上位のパナメーラ ターボ スポーツツーリスモは、2,453万円となっています。
日本仕様は右ハンドルが中心で、ターボ スポーツツーリスのみ4月の予約限定で左ハンドルモデルが用意されています。

ポルシェ 911Sのパワーアップオプション!

ポルシェ911カレラS

ポルシェ エクスクルーシブ というパワーアップオプションが、全911Sモデルで搭載することができるようになりました。
大型ターボチャージャーや、ダイナミックエンジンマウント、ブレーキクリーニングシステムの改良、スポーツエグゾーストによって、パワーは30PSアップの450PSとなります。
2017年7月以降発注の工場出荷分から選択できるオプションです。

ポルシェの今後について

ポルシェ ミッションEのエクステリア・インテリア動画

ポルシェは現在、スポーツカーのみならずSUVや5ドアハッチバック、5ドアステーションワゴンなど、多様化するニーズに合わせたモデルを発表しています。

特にスポーツカーの分野では、噂に聞く911の新型や、911GT2、GT3、ケイマンGT4など、新世代のスーパーカーの開発にも熱心に取り組んでいます。
しかしそういった中でも、パナメーラのハイブリッドカーや、ミッションEなどのEVカーなど、環境に配慮したマシンをル・マンで培った経験を基に開発、販売しています。

高性能なスポーツカーと環境に配慮したハイブリッド、EVカーという、両方の分野で挑戦し続けるポルシェの動向に、今後も注目してみましょう。

ポルシェ新型車情報はこちら

その他のメーカーの新型車情報はこちらから

この記事の執筆者

タケロクこの執筆者の詳細プロフィール

ロックギタリストでありながら、車、バイク好きの関西人です。マニュアルのダイハツ テリオスキッドが現在の愛車で、バイクはNC750Sに乗っています。...