MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 「はい、アウト?」自転車専用通行帯やレーン、直進・左折時に踏んだら違反?
ニュース

更新

「はい、アウト?」自転車専用通行帯やレーン、直進・左折時に踏んだら違反?

四輪車と自転車の安全を確保するため、車道の左端に自転車専用通行帯や自転車レーンなどを設けている場所が増えています。

ところが、四輪車は左折時に道路の左端に寄せることになっています。左折時に自転車専用通行帯や自転車レーンに入って左折することは問題ないのでしょうか。

左折時に自転車専用通行帯に入るのは問題ないが……

自転車専用通行帯とは、車道の左端に敷かれている、標識や標示によって色分けされている自転車の車両通行帯のことです。場所によっては地面が青色で区別されており、周囲からも判別しやすいようになっています。自転車専用レーンなどとも呼ばれています。

四輪車が交差点を左折する場合、道路の左端に寄せるというルールがあります。四輪車が左折のために自転車専用通行帯に入ることは問題ないのでしょうか?警視庁交通相談センターの担当者に話を聞きました。

青色で色分けされた「自転車専用通行帯」
©TOMO/stock.adobe.com

「自転車専用通行帯には、標識と路面標示が一緒に設置されています。

四輪車が左折時に左へ寄せたり、道路沿いの施設に入るために自転車専用通行帯に入ることは問題ありません。ただし、自転車専用通行帯を四輪車や原付きバイクで走行することは違反になります。

ドライバーには、走ってくる自転車がないか十分に安全を確認してから寄せるように呼びかけています。」

直進しているときでも、車道と自転車専用通行帯を区切っているラインを踏みながら走行すると違反になる可能性があるので注意してください。

左折するときや施設に入るとき以外は、自転車専用通行帯に進入しないようにしましょう。

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード