MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【特報】ジムニーは5ドア登場で終わらない…早くも次のリーク情報を入手!
ニュース

更新

【特報】ジムニーは5ドア登場で終わらない…早くも次のリーク情報を入手!

ホントに出た!スズキ ジムニー5ドア

スズキ 新型ジムニー5ドア

インド・デリー近郊で行われた「AUTO EXPO2023」において、スズキ ジムニー5ドアがついにデビューしました。一部ユーザーの間では「出る出る詐欺」や「都市伝説」などと揶揄されましたが、やはり事前の情報通りに市販化されたことはファンには喜ばしいかぎりです。

全長の435mm延長、加飾フロントグリルの採用、そして22.86cmタッチディスプレイ&リアカメラの採用(上位グレード)、ラダーフレームの強化以外は、ジムニーシエラとの大きな差違は見当たりません。しかし、あえて新しさを最大限抑えたことで、まだショートモデルの納車を待っているユーザーに配慮したのかもしれません。

まだシエラの納期が十分に短縮されていない日本は、当面の間は導入の予定が立っていない状況ですが、2024年以降には発売されるのではないでしょうか。それ以前に並行輸入車を入れる業者が出そうですが…。

いずれにせよ、日本で発売される場合はインド仕様と大きな違いがない状態でリリースされると思いますので、じっくり購入計画を考えるのも楽しいかもしれません。

「次に出るのは…」早くも別バージョンのリークが

スズキ 新型ジムニー5ドア

さて、ますます魅力的になったジムニーですが、この5ドアでその世界が完結したわけではありません。

筆者がジムニー5ドアの計画を小耳に挟んだのは、現行型ジムニーがデビューした直後のこと。最近まで、その姿がリークされることはありませんでしたが、インド陸軍への納入の話、湖西工場内での試作車目撃談などもあって、ジムニー業界では5ドアモデルの発売は確実視されていました。

一般ユーザーから疑問の声が多く挙がり、ネット上は炎上気味でしたが、こうした情報は必ず業界にリークされるものです。

自動車メーカーは大企業であり、開発陣が懸命に伏せても、他の部署から漏れ伝わってくるもの。特に5ドアモデルの市販化はインドのマルチスズキ主導で進められてきたという背景もあって、思わぬところからその存在を知ることになったという経緯がありました。

そんなネットワークから、次のバージョンについての情報が早くも漏れ伝わっています。

執筆者プロフィール
山崎 友貴
山崎 友貴
1966年生まれ。四輪駆動車専門誌やRV雑誌編集部を経て、編集ブロダクションを設立。現在はSUV生活研究家として、SUVやキャンピングカーを使った新たなアウトドアライフや車中泊ライフなどを探求中。現在の愛車は...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード