MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 当て逃げも車両保険で直せるの?複雑で分かりずらい車両保険を徹底解説
ニュース

更新

当て逃げも車両保険で直せるの?複雑で分かりずらい車両保険を徹底解説

保険料が高くなってしまう車両保険、付けるべき?

@umaruchan4678/stock.adobe.com

任意保険は自賠責保険と違い、契約者自身が補償内容や補償範囲を決めることができます。

特に、車両保険の付帯について悩む人が少なくありません。車両保険は、事故等で車が壊れてしまい、修理や乗り換えが必要な時に保険金が支払われるものですが、任意保険の保険料は大きく上がります。

今回は、整備工場を営み自動車保険マスターとして保険業に携わる筆者が、車両保険の特徴や実際に起きた事故事例について解説していきます。

車両保険への加入率は約半分。安くするコツは?

自動車保険は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両の4つに分けられます。損害保険料率算出機構「自動車保険の概況」によると、車両保険への加入率は2021年3月末時点で46.2%となっています。

車両保険を付帯しない理由として、ほとんどの人が「保険料の高さ」を挙げます。例えば、あるネット系自動車保険でアクアの自動車保険に加入すると、保険料は車両保険なしでは31,690円であるのに対し、車両保険の一般条件を付帯すると51,900円となってしまいます。

©︎umaruchan4678/stock.adobe.com

しかし、一般条件をスリムにしたエコノミー(車対車+A)であれば40,580円と保険料を抑えることが可能です。必要に応じた使い分けが、良い自動車保険契約を結ぶためのカギになります。

エコノミータイプの車両保険でカバーできる範囲は、どのようなものでしょうか?

執筆者プロフィール
河野みゆき
河野みゆき
1975年生まれ。経理事務の仕事を経て、23歳で家業の自動車整備販売業を継ぐ。主な業務は自動車販売、車検業務、自動車保険の取り扱いなど。自動車に関する知識を女性目線で発信したいと思い、ライターとしても活...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード