MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 突然ブレーキが効かなくなる…フェード現象とは?意味と対策を理解しよう
役立つ情報

更新

突然ブレーキが効かなくなる…フェード現象とは?意味と対策を理解しよう

フェード現象とは?

ディスクブレーキのローター部分
ディスクブレーキのローター部分
©Yuri Bizgaimer /stock.adobe.com

「フェード現象」とは、下り坂などで摩擦ブレーキを連続使用した際に、ブレーキの効きが悪くなる現象のことです。

下り坂で摩擦ブレーキを連続使用すると、摩擦材に使用されているゴムや樹脂が加熱されます。その結果、耐熱温度を超えた摩擦材が分解・ガス化し、ブレーキローターの間に入り込むことで、ガスの膜が潤滑剤となり、摩擦係数が低下するのです。

摩擦係数が下がり制動力が低下した車は、いくらブレーキペダルを踏んでも止まらなくなり、重大な事故にもつながります。それを防ぐためにも、この記事でフェード現象の対策について学んでみましょう。

摩擦ブレーキ

摩擦を利用して、運動エネルギーを熱に変えて停止させる装置です。

仕組みとしては、回転している物体に、ブレーキシューを押し当てる際の摩擦で、減速・停止させています。

フェード現象を起こしている動画

フェード現象を防ぐ方法

マツダ MAZDA3のシフトノブ
マツダ MAZDA3のシフトノブ

下り坂を走行するときは、フェード現象を防ぐため、エンジンブレーキを多用します。これは自動車教習所をはじめ、広く推奨されている運転方法です。

マニュアル車なら2~3速のギアに、オートマ車なら2レンジか3レンジを使って速度を調整します。フットブレーキに頼らない速度調整ができれば、摩擦ブレーキが熱くなり過ぎることもなく、フェード現象の発生を防ぐことができるのです。

なぜエンジンブレーキを使うのか

エンジンブレーキは、エンジンの回線数を利用してブレーキをかける方法です。アクセルを踏まないとエンジンの回転数が落ちてくる制動力を利用します。

フェード現象になると、ブレーキの利きが悪くなるので、エンジンブレーキを多用し防止します。

エンジンブレーキの仕組み

エンジンオイルも定期的に交換しよう

エンジンオイル
©New Africa/stock.adobe.com

また、ブレーキオイルが古いとフェード現象が起こりやすくなるので、ブレーキオイルは定期的に交換する必要があります。

オイル交換は2~3年に1回を目安に行いましょう。

フェード現象が起きてしまったらどうするの?

もしフェード現象が起きてしまったら、ギヤを落としてエンジンブレーキを使い、サイドブレーキを引いて、安全な場所に車を止めましょう。

しばらく車を休ませて摩擦ブレーキが冷えたら、今度はフェード現象を起こさないように注意して、安全運転で帰宅できれば完璧です。

【危険・要注意】サイドブレーキを引いたまま走行すると故障する?

下り坂はエンジンブレーキが重要!

運転する女性
©lzf/stock.adobe.com

下り坂は普段よりも速度が出ている分、より重大で命に関わる事故も起こりうる場所です。エンジンブレーキの上手な使い方を覚えれば、フェード現象も事故も起こさず、安全で楽しいドライブができます。

フェード現象を起こしてしまった人や、まだ起こしたことは無いけれど心配だという人は、この記事で覚えたことを是非実践してみてください!

車の寿命を左右するパーツとは?交換時期から費用まで

エンジンブレーキのテクニックはこちら!

こちらの記事もおすすめ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事