MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > クーラント(LLC)とは?単なる冷却水?色や交換時期は?エア抜きと漏れに注意!
役立つ情報

更新

クーラント(LLC)とは?単なる冷却水?色や交換時期は?エア抜きと漏れに注意!

クーラント(LLC)とは?

プラスチック製のキャニスターから、洗車器の液体リザーバーに液体を注ぐ男性の手
©New Africa/stock.adobe.com

現在、多くの市販車が採用するエンジンは水冷式のエンジンです。バイクや旧車では空冷式のエンジンもありますが、水冷式エンジンは空冷式エンジンと比較して、温度を安定させやすいというメリットがあります。

クーラント(LLC:Long Life Coolant)は、水冷式エンジンを冷やすための液体。冷媒としての役割を担っています。

クーラントの水との違いは、凍りにくい性質をもつ成分や、水路の錆びが発生し詰まりをおこさないための防腐剤が含まれているという点です。

水は凍りやすく、錆が発生しやすい

熱伝導率という観点からも、クーラントと水には大きな違いがあります。

ラジエーターやエンジン内をクーラントが循環して水温を安定させる際に、水は80℃付近ではおよそ0.67、クーラントの成分に含まれるエチレングリコールは80℃付近でおよそ0.26という値で評価されます。

つまり、数値的には水の方が効率よく水温を安定させることができるわけですが、車は屋外に保管する可能性が高く、0℃以下の気温では水を使用していると凍ってしまう点がネックです。凍って膨張すると部品が破損してしまうおそれもあります。

また、錆びが発生しやすい水に比べて、メンテナンスを簡単に実施できる、メンテナンス周期を長くできるといったメリットもあります。

つまり逆をいえば、レースで使う車のように、走行する度に油脂類の入れ替えをする、部品の分解清掃を頻繁にする、水が凍るような気温では走らないなど、限られた条件によっては、クーラントより水の方が都合がよいケースもあるといえます。

リザーブタンクのクーラント(LLC)が増えたり減ったりする理由

白い膨張タンク
©Виталий Сова/stock.adobe.com

クーラントは熱が入ると膨張し、冷えると元の体積に戻ろうとするため、リザーブタンク内のクーラント量は増減します。

補充の際にガラスウォッシャー液のようにたっぷり入れてしまうと、熱が入った際にクーラントが膨張してリザーブタンクが破裂したり、あふれた状態になってしまいます。

クーラントを補充・交換する際は、リザーブタンク側面の目盛り「LOW」と「MAX」の間で調整するようにしましょう。

また、温度が高く圧力がかかっている時にラジエーターキャップを外すと吹き出す恐れがあり、やけどする可能性があります。非常に危険なため、必ず冷えた状態で補充しましょう。

クーラントが想定の範囲内で増減するのであれば異常はありませんが、どんどん減っていく場合はクーラントが漏れている可能性があります。この場合、補充するだけでは根本的な解決になりませんので、漏れの箇所の修理が必要です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部 カー用品チーム
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事