MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ドライブレコーダー > オートバックスで買えるドライブレコーダー人気ランキング|2020-2021年最新情報
ドライブレコーダー

更新

オートバックスで買えるドライブレコーダー人気ランキング|2020-2021年最新情報

オートバックスのネットショップとは?

大手カー用品店「オートバックス」はネットショップも利用可能です。オートバックスでは、ケンウッド、コムテック、セルスター、ユピテルといった国産ドライブレコーダーを取り扱っています。国産ドラレコの購入から取り付け予約までを一気に行いたいという人には、ネットショップ利用は便利といえます。

ネットショップの利用の際には、「オートバックス会員」への登録が必要となります。オートバックス会員カードを持っている、または旧ネットショッピングサイト「オートバックスドットコム」でWEB利用登録をしている場合は、その情報でログインが可能です。

オートバックス|ネットショップ ログイン画面

取付けしてもらうなら「工賃コミコミセット」がお得

オートバックスのネットショップでは、自分でドライブレコーダーを取り付けできない人向け商品「工賃コミコミセット」を販売しています。

商品単体を購入しオートバックス店舗に取り付け予約をすることもできますが、「工賃コミコミセット」はドライブレコーダー本体+ソケット(ケーブル)+取付工賃がセットとなっているため、店舗作業時には原則料金が発生しません。商品購入時に工賃込みの価格がわかるので予算も立てやすく、工賃込みの価格で他商品と比較できるのもメリットです。

反対に、自分で取り付けできるという人で、国産/外国産に関わらず安さ重視の商品を探している場合は、オートバックスのネットショップを利用するメリットは薄いかもしれません。

工賃コミコミセット選択時は適合車種に注意

オートバックスでのドライブレコーダー取り付け作業は、国産普通乗用車と軽自動車のみに対応しています。輸入車・バス・トラック・スバルアイサイト搭載車・レクサスなどの一部特殊車両は取り付け対象外となります。

また、安全機能などの兼ね合いからドライブレコーダーをフロントガラスに設置できない車種や保安基準適合外の車も取り付け対象外となります。

「工賃コミコミセット」を注文する前に、必ず適合車種や車の状態を確認してください。

なお、ドライブレコーダーの付け替えなど取り外しや加工(=取り付け以外の作業)が必要になる場合は、別途工賃が必要となります。あくまで「ドライブレコーダーが付いていない状態の車に商品を取り付ける際の工賃」ですので注意しましょう。

前後カメラor360度カメラ+駐車監視機能付きドライブレコーダーがおすすめ

©show999/stock.adobe.com

編集部がおすすめするドライブレコーダーは、前方以外も録画できる前後カメラまたは360度カメラタイプ。かつ駐車監視機能付きの製品です。

オートバックスでは「工賃コミコミセット」のほか「駐車監視付工賃コミコミセット」という商品も販売されています。(駐車監視対応製品のみ)

オートバックスで購入できる製品のうち、駐車監視機能付きの前後カメラドライブレコーダーおよび360度カメラドライブレコーダーを「駐車監視付工賃コミコミセット」の安さでランキングにしてみました。(参考までに商品単体での順位も掲載しています)

※おすすめドライブレコーダーの条件についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

ドライブレコーダー人気おすすめ10選と選び方|前後カメラ&駐車監視で安心

おすすめ前後カメラドライブレコーダーTOP5

第5位:ケンウッド DRV-MR450

価格とスペック

商品単体25,080円(4位)
駐車監視付
工賃コミコミ
47,080円(5位)
画質フルHD
画像補正フロントのみ
水平視野角フロント:122°
リア:100°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

安くはないが上を見ればキリがないので、これぐらいが機能の安心とコストのバランスがいい。

従来モデルにあった、定期的なメモリのフォーマットがなくなり使いやすくなった。

駐車録画目的で購入しましたがハズレでした。なかなか録画されない。

駐車監視機能を重要視する・メインにするなら、他の高価なドラレコの方が良いかも。

編集部コメント

2020年6月に発売されたケンウッドの前後カメラドライブレコーダーです。従来モデルにあった、SDカードの書き込みエラーを起こりにくくするためのSDカードフォーマット(初期化)動作が不要になっており、使いやすさが格段にアップしています。

ただし、駐車監視機能に関しては「重視するのであれば他製品のほうがよい」というレビューが多く見受けられました。あくまでサブ機能として備えておく人向けの製品といえます。

オートバックスの購入ページはこちら

第4位:コムテック ZDR-016

価格とスペック

商品単体27,280円(5位)
駐車監視付
工賃コミコミ
47,080円(4位)
画質フルHD
画像補正フロントのみ
水平視野角フロント:117°
リア:116°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

リアカメラは前モデルの半分くらい。リアビューに邪魔にならず、固定強度も余裕が増した。

画面が小さすぎる!前後同時表示したらリア画面が見えない。同価格、同画質ライバルとしては、ケンウッドの方が画面・本体は大きめ。

PC上で動画を確認する前提の画面サイズ。画質はいいと思う。

駐車中にトランクを開けると、始動時に「停車中にショックがありました」と毎回言われるのが気になる。

編集部コメント

2020年6月に発売されたコムテックの前後カメラドライブレコーダー。他社製品に比べてリアカメラが小型、かつ録画できる視野角は広い点が特徴で、車のリアデザインを損ないたくないという人向けです。

停車中のトランク開閉を検知して毎回知らせてくるのが気になるという声があったものの、駐車監視機能についての口コミはほとんどありませんでした。

気になったのがモニターの小ささについての口コミ。フロントユニット自体も小型化されているため、小さすぎて車内モニターでは映像がほとんど確認できないとのこと。あくまでPC画面で動画を再生するものと考えましょう。

オートバックスの購入ページはこちら

第3位:ユピテル Y-200R

価格とスペック

商品単体21,780円(2位)
駐車監視付
工賃コミコミ
45,980円(3位)
画質フルHD
画像補正フロントのみ
水平視野角フロント:135°
リア:130°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

リアカメラはいつも暗い微妙な映像だったのですが、このモデルは綺麗に撮れました。

他製品と比べてコスパも◎。どうせなら高機能モデルをつけておいた方が安心と思いましたが、正解でした。

編集部コメント

2020年10月に発売されたユピテルの前後カメラドライブレコーダーです。比較的新しい製品なのでAmazon購入者の口コミが少なかったのですが、スペックや機能を見る限りではじゅうぶんといったところ。

安全運転支援機能が不要という人や車にオススメのドライブレコーダーです。

第2位:ケンウッド DRV-MR740

価格とスペック

商品単体23,980円(3位)
駐車監視付
工賃コミコミ
45,980円(2位)
画質フルHD
画像補正フロントのみ
水平視野角フロント:100°
リア:100°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

本体の大きさは他のKENWOOD製ドラレコより少し大きめ。夜間はモニターが光って見えるので、後続車へのドラレコ録画中アピールに効果的。

付属のSDカード16GBを入れているが、毎回フォーマットを勧められる。取説によれば、2週間に1回メモリカードのフォーマットが必要らしい…

駐車監視機能用の純正電源ケーブルに不具合。逆に言えば駐車録画機能を使う予定の無い人(シガーソケットが給電する人)には、問題の無い製品だと思います。

少し青っぽい明るさはあるが、画質も特に問題なし。映像記録としては特に不満がない。

編集部コメント

2018年10月に発売されたケンウッドの前後カメラドライブレコーダーです。5位のDRV-MR450よりも前のモデルのため、安さ重視の人向けと言えます。

小型化前のモデルである点を逆手に取って、後続車への録画中アピールとして使用しているユーザーもいるようです。

駐車監視機能については、取り付け用のケーブルへの不具合が報告されていました。駐車監視機能を重視するのであれば他製品のほうが安心感があるかもしれません。

第1位:ユピテル DRY-TW7550d

※2020年12月15日現在、AmazonにDRY-TW7550dの出品がなかったためAmazonでは前モデルを掲載しています。以下はオートバックスの情報に基づくDRY-TW7550dの詳細情報です。

価格とスペック

商品単体19,580円(1位)
駐車監視付
工賃コミコミ
43,780円(1位)
画質フルHD
画像補正フロントのみ
水平視野角フロント:138°
リア:138°

編集部コメント

ユピテルの前後カメラドライブレコーダー・DRY-TW7550dの後継モデルです。リアカメラの画素数が100万画素から200万画素にアップしています。

Amazonでの取り扱いがないため口コミは不明ですが、商品単体価格、駐車監視付工賃コミコミ価格いずれもオートバックス取り扱い製品の中で最安となっています。

オートバックスの購入ページはこちら

おすすめ360度カメラドライブレコーダーTOP3

第3位:ケンウッド DRV-C750

価格とスペック

商品単体40,480円(3位)
駐車監視付
工賃コミコミ
51,480円(3位)
画質フルHD相当
画像補正あり
水平視野角360°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

駐車監視に切り替わらなかったが、ファームウェアアップデート後は解消されたので満足。

画質は、信号待ちでナンバーが分かるかどうか?という感じ。かなりきついです。車が動いていたら厳しい。

4つのモードはどれもナンバーを判定するには解像度が足りない感じです。4分割モードが一番使えるかな。

編集部コメント

2020年7月に発売されたケンウッドの360度カメラドライブレコーダーです。表示モードは前後の2分割が標準で、設定を変更することで360度の映像を表示できます。

駐車監視機能は不具合報告もありましたが、アップデートにより解消されたとのこと。

画質に関する口コミがやや不満の声が多かったことが気になりました。広範囲の事故映像を記録できるメリットはあるものの、車のナンバーまでは車内での確認が難しいようです。

オートバックスの購入ページはこちら

第2位:ユピテル Q-20

価格とスペック

商品単体30,580円(1位)
駐車監視付
工賃コミコミ
43,780円(2位)
画質フルHD
画像補正あり
水平視野角360°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

小さくて取付位置を選ばない。製品は同じなので、microSDが32GBの店頭版「Q-20」のほうがお得!

側面・前面は充分な感じ。ただ前車のナンバーまでは10m以内ぐらいまで近づかないと確認できない。ワゴンボディでは後方もほぼ見えない。

魚眼レンズなのでそこそこの画質。相手車両ナンバーの確認は無理だが、車の両サイド画像が確認できるのは良い。

プレビュー動画を見ても良さそうだと購入してみましたが、サイドも後部座席も映らず。暗視性能も厳しい。

編集部コメント

2020年6月に発売されたユピテルの360度カメラドライブレコーダーです。コンパクトかつ1つのユニットなので、取り付け位置やスペースに困りません。

駐車監視機能についての口コミがありませんでしたが、画質については「ナンバーの確認は難しい」との声が。360度カメラタイプは車内ごしに後方を映すため、後ろはどうしても見えにくいハンデがあるのですが、相手車のナンバーを特定するのも厳しいようです。

前面サイドや側面での相手車の動きを確認するのにはおすすめです。

オートバックスの購入ページはこちら

第1位:コムテック HDR360G

価格とスペック

商品単体32,780円(1位)
駐車監視付
工賃コミコミ
41,580円(1位)
画質フルHD相当
画像補正あり
水平視野角360°

Amazonで購入したユーザーの口コミ

座席や車内の人などの障害物がなければ、あらゆる方向の撮影ができる。そのため、周囲の自動車等の動きがわかりやすい

画質が悪く、お互いの自動車が動いている際には正面の自動車でさえ、ナンバープレートがまったく読めない。

本体での映像確認はほぼ不可能なので、専用ビュアーソフトを利用しなければならないが、Chrome非対応・CORE-i5 2.5GHz以上などPCシステム要件が大衆向けでない。

編集部コメント

2018年7月に発売されたコムテックの360度カメラドライブレコーダーです。やや古いモデルのため低価格で提供されています。

こちらも駐車監視機能についての口コミがありませんでしたが、画質については「ナンバーの確認は難しい」との声が。360度カメラドラレコで画質の良い製品を希望する際は、なるべく新しいモデルを選ぶと安心です。

オートバックスの購入ページはこちら

最安商品は最新モデルではないので注意

©zilvergolf/stock.adobe.com

前方に加えて後方映像を記録したい場合は前後カメラドライブレコーダー、側面映像を記録したい場合は360度ドライブレコーダーがおすすめです。また、高画質を求めるのであれば前後カメラタイプがよいでしょう。

さらに、前後カメラドライブレコーダー、360度ドライブレコーダーともに、オートバックスが販売する最安商品は最新モデルではない点に注意が必要です。スペックや性能とのバランスを取るのであれば、価格もミドルクラスの製品を選ぶのもよい手段といえます。

オートバックス|ドライブレコーダーの最新おすすめ商品

ドライブレコーダー前後カメラタイプのおすすめ商品はこちらの記事でも紹介しています。

ドライブレコーダー前後カメラタイプおすすめ15選

ドライブレコーダー選びに役立つおすすめ記事

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

関連キーワード