車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

フロントガラスコーティング剤おすすめ人気ランキングTOP11!最強の撥水剤とは?【2019年最新版】

フロントガラス撥水コーティング剤のおすすめ人気ランキング!塗り込むタイプ、スプレータイプ、ウォッシャー液タイプなど種類別の選び方のポイントについても解説します。

フロントガラスコーティング剤とは

フロントガラスコーティング剤とは、車のフロントガラスに撥水皮膜(水をはじく皮膜)を形成するカー用品です。フロントガラスコーティング剤を使用すると、フロントガラスについた水が流れ落ちやすくなるため、雨の日の運転での視認性が高まります。

ワイパーの使用頻度が減ることも、フロントガラスコーティング剤の効果です。撥水皮膜により、走行中の風圧で水滴が流れるようになるため、雨の日のワイパーの出番が減少。結果的にワイパーが長持ちするようになります。

ガラスへの汚れの固着を防止することも、フロントガラスコーティング剤のもつ効果です。日常的に車を使っていると、大気中の油分や鳥の糞などによりフロントガラスが汚れてしまうもの。フロントガラスコーティング剤には汚れの固着を防ぐ効果があるため、塗布しておくことで窓ガラスの掃除がしやすくなります。

以上の効果をもつフロントガラスコーティング剤には、多様な商品タイプがあります。次節からは、フロントガラスコーティング剤の選び方と、フロントガラスコーティング剤の人気商品を見ていくことにしましょう。

フロントガラスコーティング剤の選び方

フロントガラスコーティング剤は、以下の3タイプに分類できます。

・フェルトやスポンジで塗るタイプ
・スプレータイプ
・ウォッシャー液に入れるタイプ

各タイプの特徴を押さえることにより、自身にとって使いやすいフロントガラスコーティング剤を見つけやすくなります。

フェルトやスポンジで塗るタイプ

フェルトやスポンジで塗るタイプは、もっとも一般的なフロントガラスコーティング剤。特に、容器に付属したフェルトを使って塗布するタイプは、市販品としてメジャーです。このタイプのフロントガラスコーティング剤は、撥水力や効果の持続性が高い反面、塗布に手間がかかります。

スプレータイプ

スプレータイプは、ポンプもしくはガスによって液剤を吹きつける方式のガラスコーティング剤。誰でも簡単に塗布できることが、このタイプの魅力です。

多様な製品があることも、スプレータイプの魅力。ガラスクリーナーを兼ねるものや、雨天でも塗布できるものなど、スプレータイプには個性的な製品がラインナップされています。

ウォッシャー液に入れるタイプ

ウォッシャー液に入れるタイプは、ウインドウォッシャー液に混ぜて使うフロントガラスコーティング剤。ウォッシャー液を噴射するだけでコーティング効果を得られるため、塗布に手間がかかりません。ただし、このタイプでコーティングできるのは、ワイパーの届く範囲に限られます。

フロントガラスコーティング剤おすすめ人気ランキングTOP11

このおすすめ人気ランキングは、2019年5月時点のAmazonの売れ筋ランキングを元に作成しています。

【第1位】イチネンケミカルズ クリンビュー 20885

イチネンケミカルズの、塗り込みヘッドが大きく使いやすいガラスコーティング剤。コーティング後に水拭きすれば、強力な撥水と高耐久を発揮します。シリコンが添加されているので、ワイパーブレードの滑りもよくなります。

【第2位】SOFT99 超ガラコ 4146

1年間の長寿命が特徴の高耐久ガラスコーティング剤。フッ素の皮膜がワイパーブレードの摩擦や砂塵からガラスを保護します。ワイパーのゴムが硬化する前に適度に交換するのが長持ちの秘訣です。

【第3位】SOFT99 ダブルジェットガラコ耐久強化 4169

ジェットスプレータイプのガラス撥水コーティング剤。飛距離や噴射力は十分で風の影響も受けにくく、大きなフロントガラスにも短時間でコーティング作業を施すことができます。安価で手軽かつ、十分な撥水効果を発揮してくれます。

【第4位】CarZoot RainCut-Fu- CZ10012

プロ仕様でおなじみCarZoot製のガラスコーティング剤。市販に多いシリコンタイプよりも撥水効果を発揮するフッ素タイプの製品です。コーティング剤以外にも、専用スポンジや専門クロス、初心者にもわかりやすい施工マニュアルを含めたセットなので、価格に見合った品質が特徴。

【第5位】SOFT99 ぬりぬりガラコデカ丸 4107

120mlの大容量、そして特大サイズの塗り込みヘッドが特徴のガラスコーティング剤。手にフィットしやすいサイズ感で作業がしやすく、SUVミニバンなどの大きいフロントガラスにも隅々まで塗り込むことができます。

【第6位】SOFT99 ミストガラコ E1

作業が簡単なスプレータイプのガラスコーティング剤。平均的な大きさのフロントガラスには、4~5回スプレーして拭くだけで効果を発揮します。ガラスが乾燥していなくても使えるので、気軽にメンテナンスできます。

【第7位】シーシーアイ スマートビュー G-97

マイクロファイバークロス付属のスプレー式ガラスコーティング剤。中性タイプなので、洗車後のコーティングの際、車のボディに液剤が付いても安心して作業ができます。約20cm四方にワンプッシュで吹きつけたあとは、ひと拭きでコーティングが完了するのでお手軽です。

【第8位】カーメイト エクスクリア C89

曇り止めに効果があるガラスコーティング剤。撥水用と異なり、しっかりと乾燥させてから施工する必要があります。特殊界面活性剤で塗りムラが出にくく、水分でコーティング剤が流れ出るのを防ぐ高密着ポリマーも配合されています。

【第9位】シーシーアイ スマートビュー G-99

マイクロファイバークロス付属のスプレー式ガラスコーティング剤で、第7位商品の最大12か月耐久タイプ。濡れたガラスにも使用は可能ですが、より効果を発揮させたい場合はガラスを乾燥させてからの使用がおすすめです。

【第10位】Rain X ザ・クイック 008489

塗り込みタイプで約6ヶ月の撥水耐久性を発揮するガラスコーティング剤。塗り込みヘッドの幅が広いため、素早くコーティング作業ができます。一方で、ヘッドが平面なので、フロントガラスの曲面や隅々まで塗り込むには少し慣れが必要です。

【第11位】シュアラスター ゼロウィンドウ S-97

専用のクロス付属のガラスコーティング剤。内容量100mlでフロントガラス約30枚分の施工が可能です。撥水効果の耐久力は特別高くはありませんが、スプレーして拭くだけの簡単施工なので、大雨の前のスポット利用には最適です。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す