初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

オービスは時速◯キロで光る!一発免停は◯キロ?高速道路での罰金まで

オービスとスピード違反についてまとめました!高速道路で一発免停となる速度は何キロ?罰金はいくら?などをご紹介します。スピード違反で捕まらないための情報としてお役立てください!まずは全種類のオービスのご紹介からご覧ください!

オービスとは?種類と特性を知って違反防止に!

オービス

オービスとは「自動速度取締装置」のことで無人で通行する車の速度を測定し、スピード違反となった場合に違反車両をナンバープレート、運転者の顔が判明できるように撮影するものです。
オービスでの撮影時には日中、夜間を問わずフラッシュが焚かれます。

オービスは6種類あります。

1. レーダー式オービス

オービスの中では最も旧式となります。写真上部のボールのようなものが、各車線の真ん中あたり見えますが、これが電波(ドップラー・レーダー)を発射して車の速度を測っています。この写真では道路脇にカメラがありますが、レーダー発射装置の隣りにあるものもあります。

レーダー式オービスは、フィルム交換式のものから準じデジタルカメラ式に更新されているのですが、費用が高いことからなかなか更新が進んでいないようです。

フィルム枚数が違反車を撮影できる台数の足かせとなってしまうことと、フィルムを交換しにオービス設置場所まで行かないといけないメンテナンス性の悪さが警察にとっては弱点です。

このため、オービスが光ってもフィルムが切れているケースが多く発生しているようです。

2. ループコイル式オービス

地面にループコイルを6.9mの間隔で3つ埋め込み、通過する速度を2回測定します。
2回測定し誤差が大きい場合はスピード違反の判定はされません。
ループコイルが埋め込まれている場所はメンテナンス時にわかりやすいよう白線が小さく引いてあったり、小さな金属板が道路に嵌めこまれており、運転中の車からも確認できることがほとんどです。
ループコイル式のオービスもフィルム交換式となっています。

3. Hシステムオービス

現在、最も設置台数の多いオービスが、このHシステムです。
Hシステムの速度測定方法はレーダー式の仕組みと同じですが、カメラはデジタル方式となり、警察署と通信回線で常時接続されています。

Hシステムは俗称で、設置が開始された頃は阪神高速道路に多く「Hanshin Expressway」の頭文字を取ったとされています。正式名称は「電子画像撮影・伝送方式」となっているようです。

Hシステムはフィルム交換式と異なり、違反車両を数限りなく取り締まることができるシステムです。
外見上の特徴は、白っぽく四角い大きめなパネルのようなレーダー部となっています。

4. LHシステムオービス

1994年から登場した「ループコイル式Hシステム」です。
前項のループコイル式とHシステムを組み合わせたタイプのオービスです。
外見上の特徴は、Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置)と似て、Hシステムのような白いパネルはなく、道路にはループコイル式と同じような目印があります。
正式名称は「ループコイル式高速走行防止システム」で、ループコイルから「L」を、そして高速走行を意味する「ハイスピード」からHをとり、LHシステムと呼ばれています。
その名の通りループコイル式で速度測定を行っています。
比較的新しいシステムではありますが、過多な自動車の通行量や過積載車両の重量などによって誤作動を起こす可能性があります。

5. 移動式(車載型)オービス

1BOXのバンにオービスを積んでスピード違反を取り締まるものです。
オービスは「自動無人速度違反取締装置」と定義していますが、移動式オービスは無人ではなく有人となります。
ほとんどがレーダー式となっています。
レーダー式移動オービスは、電波法で無線標定移動局に該当するため操作および監督をする無線従事者が必要となります。
また、一部ではループコイル式もあります。
最近では、車にオービスを積んで走りながら対向車線の車の速度違反を取り締まるタイプのものも出てきています。
実質的には、オービスというより「ネズミ捕り」に近い方法ですね。

6. 新型小型オービス

2016年春頃から運用が開始された新型です。
非常に小型で設置、撤去が簡単で今後は神出鬼没のオービスとなると予測されています。

新型小型オービスに関連するおすすめ記事はこちら

レーダー探知機とは?

レーダー探知機とは、GPSや無線受信などが行える高性能な機器です。
様々なセンサーが搭載されており、主に渋滞情報や交通事故多発地帯を教えてくれる車載機器です。
これら以外の利用方法として、レーダーを利用して測定するオービス対策として利用されることもあります。
内部にあるレーダー探知機能を利用して、オービスから発信されているレーダーを検知し、速度測定される前にドライバーに知らせてくれます。
もちろんレーダーを利用しないオービスなどには対応していませんが、あらかじめて登録されているオービスのGPS情報が搭載されているため、近くづくと自動で知らせてくれる機能もあります。

レーダー探知機に関連するおすすめ記事はこちら

オービスを光らすスピード違反は何キロから?

わからない 考える人

©shutterstock / liza54500

いわゆる「一発免停」となる違反速度からオービスが光って取り締まるとされています。
一発免停となるスピード違反は、

・一般道:30キロ以上
・高速道路:40キロ以上

となります。
この速度となった理由は警察などから公表されていませんが、推測として、警察のみの処分「行政処分」では反則金のみと減点の比較的軽微な違反ではなく、刑事処分も加わる比較的重い交通違反のみを対象とした取り締まりをしているのではないか、とされている他、一発免停にならない速度でも取り締まると、警察の事務処理が膨大になることなどが理由ではないかとされています。

オービスが光った時の対処法についてはこちら

オービスが光ったときの点数、罰金はいくらになる?

速度超過の点数、反則金一覧表

スピード違反点数罰金一覧表

© MOBY

高速道路で一発免停は、40キロ以上のスピード違反!

一般道では30キロですが、高速道路は40キロ以上の速度超過から一発免停となっています。

上の表では、一発免停となるスピード違反は点数はわかりますが、罰金がいくらか不明になっています。
一発免停とならないスピード違反は「行政処分」のみとなり、点数取られて反則金を払うだけですべての処分手続きが終わりますが、オービスを光らすようなスピード違反では、行政処分の他に「刑事処分」が科せられます。

その刑事処分は、

10万円以下の罰金、または6ヶ月以下の懲役

となっています。
懲役となるケースは、80キロ以上のスピード違反の場合が多く、おおむね罰金刑だけの処分となっています。

一発免停スピード違反、罰金の相場

超過速度推定罰金額
30〜35キロ5万〜6万円
36〜39キロ6万〜7万円
40〜44キロ6万〜8万円
45〜49キロ7万〜8万円
50〜60キロ8万〜9万円
61〜70キロ9万〜10万円
70〜79キロ10万円
80キロ以上懲役・禁錮

「罰金」と「反則金」の違いなどについてはこちら

高速道路ではオービス以外に覆面パトカーにも注意!

高速道路では、ついスピードを出し過ぎてしまい、違反で取り締まれやすい傾向があります。
オービスだけでなく、覆面パトカーでの取り締まりも非常に多くなっています。
スピード違反に注意することは、安全運転にも繋がります。
違反して罰金を払う痛い目に遭うことを避けることと、事故を起こさないにすることにくれぐれも注意してくださいね。

オービスや速度取り締まりについてはこちら

免停についての詳しい解説についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す