初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

東京オリンピック特別仕様ナンバープレート交付開始!デザインや取得・交換方法と費用も

国土交通省は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて、特別仕様のナンバープレートを交付すると発表、2017年10月10日から交付が開始されます。そのデザインや取得方法は? 交付にかかる費用はどれ位なのでしょうか?

2020年東京オリンピック特別仕様のナンバープレートが登場!

2020年といえば、東京オリンピックです。
エンブレムや新国立競技場のデザインでは様々な問題もありましたが、なんだかんだで開催が近づくと楽しみになってきますよね?

国土交通省は、そんなオリンピック気分を更に盛り上げるため、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様のナンバープレートを交付すると発表しました。
通常とは違うナンバープレートが装着できるとあって、密かに注目している方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様のナンバープレート」に関する最新情報をご紹介していきます。

ラグビーワールドカップ・ご当地ナンバープレートも登場!

出典:国土交通省

東京オリンピック特別仕様の他にも、2019年ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートの交付も予定されています。
寄付金の仕様はオリ・パラと同じで、2017年4月~2019年の大会終了時まで交付する予定です。

また、地域振興・観光振興を目的としたご当地ナンバープレートの交付も予定されており、各自治体の独自の図柄がナンバープレートに入ります。
寄付金の仕様もオリ・パラ・ラグビーと変わらず、2018年の10月から交付が開始される予定です。

【10/10最新情報】オリンピックナンバー 交付開始

2017年9月6日より、以前からの発表されていた予定通りオリンピック・パラリンピック記念ナンバープレートの予約が開始されました。

そして10月10日、オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレートの交付が開始されました。
国土交通省では公用車への取り付け作業が公開されます。

東京五輪特別仕様ナンバープレートのデザインが決定!

国土交通省は8月8日、東京五輪・パラリンピックを記念する特別仕様ナンバープレートのデザインを決定したと発表しました。

東京五輪特別仕様ナンバープレート_01

出典:国土交通省

決定した五輪・パラリンピック特別仕様ナンバープレートのデザインです。

デザインは2種類あり、1000円以上の寄付をすると左の図柄入りを選ぶことが可能。
寄付金は五輪に向けてバスやタクシーのバリアフリー化などに使われます。

デザイン案は一般から公募。
web上で国民の意見を募った上で、委員会の最終選考にて決定しました。

決定イメージは「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした」そうです。

東京五輪特別仕様ナンバープレート_02

出典:国土交通省

特別仕様ナンバープレートは9月4日から事前申し込み受け付けを開始、10月10日から交付されています。

オリンピックとパラリンピックのエンブレム入りのプレートが2枚1組で交付されます。
東京地区の交付料金は7210円です(寄付金は別途)。
※交付料金は地域により異なります

東京オリンピック特別仕様ナンバープレートは最終候補5作品から選定

国土交通省が公募したデザイン案の中から、デザイナーなどで構成されるデザイン選考委員会の審査により最終候補5作品が選定されました。

さらにその5作品について、7月3日〜7月12日までの9日間、一般の意見募集が行われ、前項でご紹介したデザインが最終決定版となりました。

オリンピック特別仕様ナンバープレート交付開始はいつから?

10月10日より交付開始

オリンピック特別仕様ナンバープレートの交付開始日までのスケジュールをまとめると以下のようになります。

オリンピック特別仕様ナンバー 交付スケジュール
デザイン発表8月8日(火)
事前申し込み開始9月4日(月)
交付開始10月10日(火)

上記表の通り、交付開始日は2017年10月10日からです。
事前申込みは9月4日から開始しています。
いち早く手に入れたい方は、事前申し込みをしておきましょう。

東京オリンピック特別仕様ナンバープレートの取得方法・費用は?

東京オリンピック特別仕様ナンバープレートの正式な交付日や取得方法は、未だ不明です。
しかし、ナンバープレートである以上、取得方法に関しては通常の方法と変わらないはずなので、ここからは一般的なナンバープレートの取得方法を解説していきます。

ナンバープレートの変更方法

ナンバープレートを変更したい場合、陸運局に行って「変更登録」の手続きを行いましょう。
必要な書類は、以下の通りです。

①申請書
②手数料納付書
③自動車検査証(車検証)
④印鑑(認印)
⑤自動車税申告書
⑥古いナンバープレート
⑦希望番号予約済証

①②⑤は陸運局でもらえます。
自動車のローンが残っていたり、所有者と使用者が場合は、これらの書類に加えて、所有者の委任状や登記簿謄本(所有者が法人の場合)なども必要になるので、注意しましょう。

⑦の希望番号予約済証は、陸運局に隣接する希望番号予約センターで希望の番号を予約した場合、もらうことができます。
特にナンバーの希望が無ければ、この書類は必要ありません。

ナンバープレートの取り付けは陸運局で行おう!

新しいナンバープレートが交付されたら、取り付けは自分で行わなければなりません。
ナンバープレートの取り外し自体は、ドライバーを使えば簡単に行うことができます。

しかし、リアのナンバープレートを外す際には、上画像の「封印」を壊す必要があり、新しいナンバープレートを取り付けたら「再封印」をする必要もあります。

この「再封印」は、ナンバープレートの交付者、つまり陸運局がやる必要があります。
そのため、ナンバープレートの交付を受けに行くときは、新しいナンバープレートを取り付ける自動車に乗って、工具も持っていき、その場でナンバープレートを交換する必要があるということを忘れないようにしましょう。

ナンバープレート封印の外し方

ナンバープレートの変更費用は?

ナンバープレートの変更には、以下の費用がかかります。

登記手数料:350円
申請書代:約100円
交付手数料:約2,000円

ナンバープレートの交付手数料は、希望ナンバー予約を利用した場合、受注生産になるため、約4,000円程度まで値上がりします。
今回交付される特別仕様のナンバープレートは、これらにエンブレムや図柄のプリント代を上乗せした料金になるようです。

図柄入りナンバープレートが解禁!オリンピックも待ちきれない!

東京タワー 夕暮れ時

東京オリンピック特別仕様のナンバープレートのデザインが決定し、いよいよこれから街で、記念ナンバーが見られるようになってきます。

無料ではありませんが、記念ナンバーを装着すれば、いつもと違った気分で街を運転できるのではないでしょうか。

オリンピックを応援することにもつながり、まさに一石二鳥です。
気になった方は、オリンピック記念ナンバーを是非検討してみて下さい。

こちらの記事もおすすめ!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す