MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 車買うなら今のうち?“異次元の少子化対策”の財源確保に消費税率引き上げ検討か
自動車業界速報

更新

車買うなら今のうち?“異次元の少子化対策”の財源確保に消費税率引き上げ検討か

“異次元の少子化対策”進める財源として消費税率引き上げも検討の対象に

©KATSU/stock.adobe.com

2023年1月4日に岸田文雄首相は年頭記者会見にて、「異次元の少子化対策に挑戦」することを語り、児童手当などの経済支援強化や子育て家庭への支援などを中心とした議論を開始する考えを明かしています。

これを受け、自民党の前幹事長・甘利明氏は2023年1月5日に出演したBSテレ東の生放送番組「日経ニュースプラス9」で、少子化対策を進めるための財源確保を目的とした消費税率引き上げが検討の対象に含まれるという認識を示しました。

モリゾウも激怒!世界一高い日本の税金、なんとかならないの?

日本の自動車保有者の税負担は「世界一高いレベル」

@photoschmidt/stock.adobe.com

ところで、内燃機関を搭載しない電気自動車の普及にともない、燃料にかかる税金を撤廃する代わりに走行距離に応じて課税するいわゆる「走行距離課税」の導入について、政府は検討を開始しているとされています。

この走行距離課税について、トヨタ自動車社長の豊田章男氏が会長を務める日本自動車工業会(自工会)は「大変問題がある」との考えを示し、電動車の普及・促進において新たな課税がその妨げとなることを危惧。

さらに、地方住民や物流事業者への負担増となることを懸念し、国民の理解を得られないという考えを示しています。自工会はかねてから、日本は自動車保有者の税負担が「世界一高いレベル」だとし、政府に改革を求めてきました。

自賠責保険に関する法改正が成立。月々の保険料が値上げに

車の環境性能は上がっているのに”13年ルール”は見直されないまま…

13年経過の車は「環境に悪い」から税金が高い

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード