MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 【●●になると無料送迎】無料タクシー芸人 ジャンゴ嶋田の謎に迫る!
エンタメ総合

更新

【●●になると無料送迎】無料タクシー芸人 ジャンゴ嶋田の謎に迫る!

友達になれば無料で送迎!?無料タクシー芸人 ジャンゴ嶋田に迫る

最近巷で、都市伝説のごとくささやかれている「タクシー芸人」という存在をご存知でしょうか?なんでも、噂によると芸人が無料でタクシーをやっているらしいのです。

この謎だらけの噂を調べたところ、こんなツイートを発見しました!

【無料タクシー芸人始めます】
この度私は国民の足になります!
DMをいただければ車で迎えに行き、目的地まで無料で届けます!
その代わり条件が1つ、、、、、、、

【友達になってもらいます】

明日から毎日稼働できる時間をアップするので、利用したい人はDMください!— ジャンゴ 嶋田 (@kazuma0930) 2017年2月19日

このツイートを投稿していた”ジャンゴの嶋田”とは「ジャンゴ」というよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビで、芸歴2年の若手芸人のようです。

凍ったイカでのどをドゥーンがプチ流行中!
今日も下記の凍ったイカでのどをドゥーンツイートをしてくれた方に、お返しとして動画作りましたよ!どうぞー!

>>ラインのひとことで毎日感謝とか笑顔とか言ってるやつは凍ったイカで喉をドゥーン!@chocoprincess_7 pic.twitter.com/wTKcIt28pf— ジャンゴ 嶋田 (凍ったイカでのどをドゥーン) (@kazuma0930) 2018年1月10日

なぜ芸人が無料のタクシーで送迎をしているのでしょうか。

「無料で送迎してくれるって何のメリットがあるの?」
「新手の詐欺とかじゃないの?」

調べれば調べるほど、謎は深まるばかり!! 
そこで!今回、無料タクシー芸人の”ジャンゴ嶋田”さんにインタビューをさせてもらい、その謎だらけの実態に迫ってみたいと思います。

ジャンゴ嶋田さんに無料タクシーについて聞いてみた

© MOBY

ジャンゴ嶋田【プロフィール】

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
コンビ名:ジャンゴ
名前:嶋田 将駿(しまだ かずま)
担当:ボケ・ギター
※ネタによりツッコミもあり
生年月日:1990年9月30日
出身地:神奈川県
血液型:A型

本当に無料で送迎しているんですか?

はい、本当です。Twitterでフォローをしてくれる(友達になる)ことを条件に無料でお客さんを送迎をさせていただいております。
当日または前日くらいにTwitterで告知を出し、そこからできるだけ公平になるようご連絡をもらった順番と、送り迎えのスケジュールを考え、だいたい1日3組くらいを平均に送迎する方をお選びしています。

本格的に送り迎えをしているんですね。無料タクシーをしている時間帯はいつですか?

時間は23時くらいから朝5時くらいまでの、終電が終わった時間に無料タクシーをしています。
お笑い芸人をしている時間よりも、無料タクシーをしている時間のほうが全然長いときもありますね(笑)。

ジャンゴ嶋田が無料タクシーを始めたきっかけに迫る!

© MOBY

無料タクシーを始めたきっかけはなんですか?

きっかけは”キングコングの西野さん”の本との出会いです。芸人という枠をどんどん広げている西野さんに感銘を受けました。
その中でも、ホームレス小谷さんという西野さんの後輩の方の話を聞き、「自分もなにか始めてみよう」と思い、2017年の2月から無料タクシーを始めました。

ホームレス小谷さん?

ホームレス小谷さんは西野さんの助言で自分の1日を50円で売っていたそうなのですが、ホームレス小谷さんが結婚をすることになり結婚資金をクラウドファンディングで募ったところ、200万くらいの結婚資金が集まったそうです。

その支援した人たちの多くはホームレス小谷さんの1日を買ったことがあり、その集まった結婚資金は「感謝の気持ちだった」という話を知り、僕も枠に囚われずたくさんの人を楽しませたり感動させたいと思うようになりました。

他の芸人に真似出来ないこと=「タクシー」だった

© MOBY

タクシーに着目したのはなぜですか?

ホームレス小谷さんのようになにかを始めよう! とは思ったのですが、なにをやろうかすごく迷いました。迷いながらも1つだけ思っていたことはほかの芸人さんにはなかなか真似できないことをしたい。ということでした。

そんな時実家の車を運転していて「これだ!」とひらめきました。僕はたまたま実家に住んでいるので車があったんです。ほかの芸人さんでマイカーを持っている人は多くないので、車を使ったことはなかなか真似できないのでは!と思いました。
こうして車で何ができるだろうと考えた結果”タクシー”を思いつきました。

なぜ無料だったのでしょうか?有料でもいいかと思いますが!

なぜ無料かというと、お金をもらってしまうと”白タク”扱いになってしまうからです。それに、もともと”たくさんの人を楽しませたり感動させたい”という思いから、なにかを始めたいと考えていましたので、友達になることだけを条件に無料で送迎することにしました!

無料タクシーを始めて2週間でTwitterのフォロワーが1000人増えた

© MOBY

無料となると維持費もかかりそうですね

車は実家のものを借りて使っていて、実家なので駐車場代もかかりません。
ただ、ガソリン代や高速代はかかるので、それらの維持費についてはお金はアルバイトをしてやりくりしていますが、足りない分は借金をしています。

安易な理由で始めた無料タクシーだったのですが、始めてみたらいろいろと刺激を受けることも多く、芸人としてもかなり勉強になっています。
維持費の負担は小さいものではありませんが、無料でも得るものが有ると思っています。

無料タクシーを始めてファンも増えましたか?

無料タクシーを利用してくださったお客さんが後日、無限大ホールなどのライブを見に来てくれることもあります。お金よりも今は無料タクシーに乗ってくれたお客さんが移動中の時間を楽しんでくれて、それをきっかけに1人でも多くの方が劇場に足を運んでくれれば嬉しいです。

僕も芸人ですしせっかく乗ってくれたお客さんを楽しませたいので、絶対に一(ひと)笑いは取るように心がけています(笑)。

無料タクシーに対する周りの反応はどうですか?

今でこそ楽しんでやっていますが、始めたときはとても怖かったですね。
初めてTwitterで告知を出したときは「周りがどんな反応をするんだろう」「本当にお客さんが来てくれるのか」など考えてしまいめちゃくちゃ緊張しました。

発信をしたら周りの先輩などが面白がってくれ、拡散してくれたおかげもあり2週間でフォロワーが1,000人以上増えました。

無料タクシーならではの苦労も

無料タクシーをしていて苦労したこともありましたか?

ここまでなんの問題もなくやってこれたかというとそんなこともなく……。

以前東京ドームでおこなわれたWBCの試合で、延長が続き終電を逃してしまった方たちで大変なことになったことがありました。

その時アルバイト中の僕の携帯に芸人仲間から「今こそ”無料タクシーの出番だ!」との連絡があり、急いでTwitterで告知を出し出動しました。

Twitterでの告知はすぐに拡散され「なんだこいつは!」とすこし話題になったのですが、その時タクシー業界の方から何件か「お客さんを取られるのは迷惑だからやめてください」という”クレーム”のご連絡をもらい少し悩みましたね。

© MOBY

タクシーの運転手とは仲が悪いんですか?

それでも続けていくうちに、今ではタクシー業界の多くの方から応援の言葉をいただけています。

タクシー業界の方に嫌がられているのではないかと恐怖していた時期もあったのですが、最近ではタクシー運転手さんから「面白いことやってんじゃん!」と言っていただけることが多くて、送迎の時間にはお互い「今日は何人乗せましたか〜?」みたいな連絡も取り合ったりなどしてます。
タクシー業界の方とのコミュニティもできつつあります。意外にも「一緒に業界を盛り上げていこう!」というような声もたくさんもらうようになりました。

タクシーの運転手さんにご飯に連れて行ってもらうことも多くて、この間なんて「若いのに頑張っていて偉い」とご連絡をいただきしゃぶしゃぶをご馳走になりました。そんなときだけ、なぜか関係ない相方も一緒に来てましたけど(笑)。

当初思ってもいなかった繋がりもできてきてとても嬉しいです。

送迎時の細かな気遣いも忘れない

今まで一番遠かった送迎はどこですか?

地方の方からご連絡をもらうことはよくありますが、普段はなかなか難しくお断りさせていただいております。

ゴールデンウィークに1度だけ、大学生など「お金が無い方のお役に立てれば!」という思いから「無料帰省タクシー」という企画を考え実施しました。その時長野に帰省している方からご連絡をもらい”長野から東京”まで送迎させてもらいました。

それが1番遠い送迎ですね。

© MOBY

送迎するお客さんはどんな方が多いですか?

今は圧倒的に若い女性のお客さんが多いですね。どんな方でも僕を必要としてくれたらありがたいのですが、欲を言えば今後男性の方や年配の方などいろいろなお客さんが増えたら楽しいのかな。と思ってます。

若い女性のお客さんが多いので、狭い空間で気を使わせないようお一人の場合でも後ろの席に座ってもらうようにしています。
初めてのご利用で緊張もするかと思いお茶なども用意しています。

ジャンゴ嶋田が語る大きな夢

© MOBY

ゴールは特に決めていなくて……。
目標とかもなく、少しでも多くの人たちを乗せて、少しでも多くの人たちにジャンゴの嶋田を知ってもらいたいです!
でも、あえて言うなら馬鹿にされるかも知れないですが、
僕が送迎したお客さんで武道館をいっぱいにしてライブをしたいです。

でも、このペースでいったら本当にその夢が叶うころには、僕何歳になってますかね(笑)。

次回は1日密着!

© MOBY

他の芸人が真似出来ないことは何かを突き詰めた結果、無料タクシー芸人としての活動に行き着いたジャンゴ嶋田さん。ファンが増えたり、芸人として勉強になる学びがあったりと得るものは多かったとのことです。
次回はジャンゴ嶋田さんの無料タクシーに密着。どのようなお客さんを送迎しているのか、車内はどんな雰囲気なのか、気になる無料タクシーの実態にMOBY編集部が迫ります!

無料タクシー芸人に1日密着してみたら一世一代の感動シーンに立ち会えた話

無料タクシー芸人に1日密着してみたら一世一代の感動シーンに立ち会えた話

こちらの記事もおすすめです

本物のフェラーリオーナー◯人に全力土下座でフェラーリ下さいと頼んでみた結果・・・

千原ジュニア×日産セドリック330:Vol.1「死んだら棺桶にして欲しい」MOBYクルマバナシ

【灼熱】車内の熱だけで料理はできるのか?猛暑日に検証!もうキッチンは要らない

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード