MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車を楽しむ > アウトドア > 車中泊 > 【地元出身者が穴場紹介】福岡、車中泊旅!おすすめスポット3選【情報満載】
車中泊

更新

【地元出身者が穴場紹介】福岡、車中泊旅!おすすめスポット3選【情報満載】

キャンピングカー情報をはじめとして、キャンプや車中泊、バンライフなど、アウトドア&車旅の情報を配信しているWEBマガジン・DRIMOから、実際に車中泊やキャンピングカーを楽しんでいるライターによる記事をMOBYがご紹介します。※以降の記事内容はDRIMOからの引用・参照です


新幹線や飛行機で来ても楽しい福岡周辺ですが、車旅に向いていて、おすすめの場所もたくさんあります。

今回は福岡出身の筆者が、“車中泊旅でおすすめの穴場スポット”として、ステキな場所をピックアップしてみました。

いずれも福岡市内(中心地)から1時間もあれば着くので、車があれば気軽に行くことができます。

観光地、おいしいごはん屋さん、車中泊スポットなど、とっておきの情報満載なので、ぜひ見てみてください。

江戸の街並みとうなぎを楽しむ水郷・柳川

水天宮祭

ゆつら〜っと柳川

水郷として知られる福岡県柳川市。

福岡の都心部(天神・博多)から高速で1時間程で到着します。

柳川市内には掘割が巡っており、江戸時代には美しい城下町だったそうです。

柳川は古くから今も残るその美しい街並みを楽しむ事ができるステキな場所

ごはんもおいしく、RVパークあり温泉あり!

車中泊旅でぜひ訪れたい福岡の穴場スポットです。

柳川へのアクセス方法と駐車場

高速道路を使う場合

九州自動車に乗って、『みやま柳川I.C』で下車。

西鉄柳川駅辺りを目指して行けば観光エリアにたどり着きます。

川下りを体験する場合

運営会社による無料の駐車場があるので川下りの予約をする際に、無料の駐車場にキャンピングカーは停められるか聞いてみるとよいと思います。

以下、大型車にも良さそうな大きめの駐車場を探してみました。

◇市営筑紫町観光駐車場

福岡県柳川市筑紫町647

こちらは市営観光駐車場の3つある中で1番広い駐車場。

最初の1時間は無料で1日最大料金300円

国道に面しているので利用しやすいです。

◇柳川パーキングセンター

福岡県柳川市本城町58-7

こちらも国道沿いの駐車場で、観光バスなどもここへ駐車している150台収容の大きな駐車場。

観光バスが何台も停められるような駐車場なので、キャンピングカーや大型車も駐車できるスペースがあります。

料金は1日最大500円

どちらも市街地からは少し離れていますが、とはいっても歩いて行ける距離。

柳川の街並みを楽しみながら散策するのもまた良きです。

どんこ船で川下り

柳川と言えば川下り。

柳川の美しい街並みや四季の花・木々を楽しめる川下りは、船頭さんの竿でのんびりと進むどんこ船と呼ばれている船に乗って掘割(水路)を巡れます。

船頭さんの歌やお話しを聴きながら移りゆく景色を楽しみ、どんこ船の上で過ごすのんびりとした時間はとても贅沢なひととき。

柳川に訪れたら、川下りは欠かせません。

「桜・美しい緑・紅葉・こたつ」と、それぞれの季節で違ったどんこ船の旅が楽しめます。

柳川と言えば!うなぎのせいろ蒸し<老舗3店を紹介>

柳川と言えばうなぎ!というほどの名物で、柳川に来たらぜひ食べたいのがうなぎのせいろ蒸しです。

お掘りが張り巡らす柳川は天然うなぎの名産地として昔から有名で、うなぎのせいろ蒸し発祥の地。

そんな柳川にはうなぎが食べられるお店がたくさんあって、どこに行こうか迷ってしまいます。

何百年も続く老舗店を以下いくつかご紹介したいと思います。

◇1681年創業・元祖 本吉屋

元祖 本吉屋

“本吉屋は、天和元年“うなぎのせいろむし”を世に出して以来今日まで約三百年間、 初代秘伝のタレと料理技術を忠実に継承してまいりました。

現在では、柳川の名物料理として 広く全国の方々のご愛顧を頂いております“うなぎのせいろむし”。

どうぞ、水郷の柳川情緒と共に、弊店独得の〈元祖の味〉をご賞味ください。”引用 本吉屋のホームページ

なんと三百年以上も続くお店で、今年で創業341年。

地元の方もおすすめする老舗店です。

柳川には2店舗、福岡市天神の岩田屋にも店舗があるようです。

本店
〒832-0022 福岡県柳川市旭町69番地
電話番号 0944-72-6155
営業時間
10:30~21:00 (LO:20:30)
定休日 月曜日

◇1860年創業・若松屋

若松屋

160年以上続くこちらも老舗。

“創業から愛され、磨き上げた味
安政年間創業の若松屋は、水郷の町・柳川の情緒あふれる沖ノ端沿いにて皆様に愛され続けた伝統のタレの味わいともてなしの心を今に伝えます。”引用 若松屋ホームページ

〒832-0065 福岡県柳川市沖端町26
電話番号 0944-72-3163
営業時間
11:00~20:00(LO.19:15)
定休日
毎週水曜日・第3火曜日 ※祝日は営業

◇250年以上続く皿屋福柳

皿屋福柳

“皿屋福柳は、江戸時代中期から約250年もの歳月、この地沖端で歴史を刻んで参りました。

歴史の息づく閑静な自然庭園を見渡せ、鳥の囀りが聞こえる座敷にてお食事をお楽しみいただくのもよし、高い吹き抜けとどっしりとした太い梁が特徴のモダンな「南風のまほら館」で日々の喧騒を忘れ、ゆったりと食事を楽しむのもよし。

堀沿いの柳並木を散策がてら、温故知新の鰻をご堪能ください。”引用 皿屋福柳ホームページ

他にも柳川は魅力がたくさん!

さげもん(ゆつら〜っと柳川)

風情ある街並みの柳川には他にも魅力がたくさんあります。

春の柳川は桜や藤が咲き乱れ、柳川ひな祭り“さげもんめぐり”も有名です。

桜が咲き、ひな壇とさげもん(柳川ひな祭りで飾る装飾)で彩られたこの期間の柳川の街並みは、とても華やかで圧巻!

夜は桜のライトアップもあります。

思わず写真を撮りたくなってしまう、どこを切り取ってもステキな空間が広がっています。

流鏑馬(やぶさめ)・藤まつりなど見どころたくさん!

季節によってイベントや見どころも変化するので、柳川のホームページで要チェックです。

柳川のホームページはこちら

夜は九州RVリゾートイン柳川で車中泊

柳川の中心地から10分ほど運転したところにある九州RVリゾートイン柳川。

こちらは日本初の全天候型RVリゾート?!

雨が降っても屋根が付いている車中泊エリアで、快適に車中泊が楽しめるようです。

しかも車中泊をしながらバーベキューや焚火もできるようで、とっても魅力的なRVパーク。

利用可能車両サイズは
“フルコン、セミフルコン、バスコン、キャブコン、バンコン、トレーラー、軽キャン、その他”とのことで、ほぼどんなタイプのキャンピングカーでも利用できます。引用 九州RVリゾートイン柳川ホームページ

チェックインは15時から19時まで。

朝から柳川観光をした場合、ちょうどよい頃合にチェックイン時間。

柳川観光に最適な車中泊スポットだと思います。

料金は1区画(1台)1泊3300円

電源代・給水・トイレ・ゴミ捨て・ダンプステーションも込みの金額で、ペットもOK。

観光エリアのすぐそばで、上記サービス内容。

そしてこのお値段はかなり良心的ですね。

歩いて行ける距離にスーパーマーケットもあるので、こちらもうれしいポイントです。

もし柳川に連泊して滞在する場合、車はこちらに停めて公共交通機関を使って観光に行くと、移動する度にいちいち片付けなどの撤収作業をしなくて済むのでおすすめです。

市街地にはレンタル自転車もあるようなので、のんびり自転車で移動もよいですね。

風情ある街並みの水郷・柳川

福岡へ車中泊旅でお越しの際は、ぜひ訪れたい穴場スポットでした。

自然豊かな清流那珂川市

福岡市内から国道385号線を南へ走ると那珂川市へと入ります。

清流の流れる那珂川は自然豊かで空気もきれいな所。

時期になると蛍の名所としても知られています。

そしてもちろん!おいしいごはんに天然温泉。

最近モンベルのキャンプサイトもオープンして、車中泊旅でより行きやすくなりました。

そんな那珂川を訪れた際にぜひ行きたい所をピックアップしてみました。

天神・博多から那珂川へのアクセス方法

博多駅から新幹線で一駅、8分ほどで到着してしまう博多南駅。

300円で乗れる新幹線がある駅としても知られている那珂川です。

車だと都市高速を使う場合は30分弱ほど。

野多目出入口(IC)で降ります。

下道の国道385号線を通って行く場合、通勤・帰宅時間は混みやすいのでできれば避けたいです。(野多目ICを降りると385号線に合流します。)

那珂川のお店やレストランはどこも駐車場完備の所が多いので、停まりたいところで気軽に停まれる!

車中泊旅にも嬉しいポイントです。

那珂川の中心地を越えてそのまましばらく進んでいると、一気に自然に囲まれた景色へと変わって行きます。

JR博多南駅周辺にはおいしいごはん屋さんがたくさん!<人気店を4つ紹介>

先ほど触れた博多南駅周辺は栄えていて、周辺にはおいしいごはん屋さんもたくさんあります。

駅周辺は駐車場もたくさんあり、駅を離れてもレストランに大きめの駐車場がある場合が多いのでキャンピングカーでも問題なく駐車できると思います。

地元那珂川の方がおすすめするごはん屋さんを、まずはいくつかご紹介したいと思います。

◇博多南ナチュラルビアガーデン

博多南ナチュラルビアガーデン

JR博多南駅ビルの屋上庭園にある博多南ナチュラルビアガーデン。

こちらのビアガーデンのコンセプトは『生産者の顔が見えるお店』

地産地消で地元の旬の食材・糸島で採れた新鮮な魚介類などが味わえます。

夏はビアガーデン・冬は福岡の名物でもある牡蠣小屋も。

地元の方もおすすめするビアガーデンです。

博多南ナチュラルビアガーデン ホームページはこちら

◇HANA はな 那珂川

HANA はな 那珂川

漁港直送の新鮮なお刺身が食べれるこちらもおいしくておすすめのお店。

JR博多南から五分の所にある居酒屋で、テークアウトもできます。

お店には駐車場あり。

オープンは16時からなので、夜ごはんをこちらでテークアウトして車中泊のお供としてもよさそうですね。

HANA はな 那珂川 ホームページはこちら

◇福岡のB級グルメ!スタミナ焼肉鉄板王

那珂川方面に来たらぜひ寄りたい鉄板王!

駐車場も完備です。

熱熱の鉄板で運ばれてくるボリュームたっぷりのお肉とキャベツ

秘伝の味噌ダレを鉄板で溶かしながらいただきます。

ランチタイム(11:30-15:00)はご飯、お味噌汁無料!

テークアウトもありますが、こちらは店舗で熱熱をいただく方がおすすめ。

那珂川に来たらランチにぜひ寄りたいお店です。

住所
福岡県春日市下白水北7-92

◇Nana cafe bagle

こちらはこぢんまりとしたかわいいベーグル専門店

国道368号線から細い道に入ってすぐにあります。

駐車場完備ですが、狭い道なのでテークアウトがいいかもしれません。

立ち寄って翌日の朝食にこちらのベーグルを買って行くのもおすすめです。

住所
福岡県那珂川市山田1167-4

蛍の名所・中之島公園

中之島公園

中之島公園は那珂川を流れる清流を自然のまま活かして作られた公園で、桜・蛍・川遊び・紅葉と、自然が楽しめる公園です。

施設内にはファーマーズマーケットもあり、那珂川産の新鮮な野菜や那珂川の物産が購入できます。

車中泊での自炊用にこちらで新鮮な野菜や地元の物産をゲットするのもいいと思います。

駐車場完備ですがシーズン中は駐車場が混雑する可能性が高いので、土日祝日を避けて平日に出かけるのがおすすめ。

ホームページで駐車場の空き状況が確認できるようなので、行く前に確認して行きましょう。

中之島公園 ホームページはこちら

日帰り温泉 源泉野天風呂 那珂川清竜

日帰り温泉 源泉野天風呂 那珂川清竜

こちらも那珂川に来たらぜひ寄りたい場所のひとつ!

那珂川の上流から湧き出る天然温泉です。

高級感漂う施設は趣があり、大自然の中入る天然温泉は格別です。

家族風呂・岩盤浴・お食事処・休憩所にエステまで!

ごはんも美味しく1日中楽しめます。

入浴に岩盤浴・食事などがセットになったお得なプランもあるので要チェックです。

日帰り温泉 源泉野天風呂 那珂川清竜 ホームページはこちら

広い駐車場完備ですが、温泉までの道は狭い所もあるので他の車とすれ違う際など注意しながらの運転が必要です。

那珂川での車中泊はモンベル 五ヶ山ベースキャンプで!

モンベル 五ケ山ベースキャンプ

福岡県と佐賀県の県境、那珂川市の最南端に位置する五ケ山(ごかやま)ダムエリアのアウトドア拠点五ケ山クロスに、アウトドア総合メーカーのモンベルが手がけるキャンプ場「モンベル 五ケ山ベースキャンプ」はあります。

福岡市内から車で約50分。

美しい湖畔や自然豊かな脊振(せふり)山系の山々の眺望を楽しめ、周辺ではさまざまなアウトドア・アクティビティが満喫できます。”引用 モンベル 五ケ山ベースキャンプホームページはこちら

行った方は『綺麗で広くてステキなキャンプ場!』と大絶賛でした。

モンベルプロデュースでアクティビティもあり、自然の中本格的なアウトドアが楽しめそうです。

オートサイトには電源もあり、愛犬と一緒に車中泊できるエリアもあります。

那珂川の拠点にしたいモンベルのベースキャンプ。

連泊して那珂川をのんびり堪能するもよいですね。

福岡の車中泊旅で行きたい所はまだまだいっぱい

吉野ヶ里遺跡

まだまだ福岡には車中泊旅で訪れたいおすすめのスポットがたくさんあります!

上記モンベルのキャンプサイトからすぐ隣は佐賀県。

弥生時代・日本最大の遺跡である吉野ヶ里遺跡も近いので、那珂川まで来たらぜひ行きたい場所のひとつ。

吉野ヶ里遺跡は邪馬台国・日本古代の歴史的貴重な遺跡で、訪れる価値ありです。

吉野ヶ里遺跡ホームページはこちら

まとめ

今回は福岡に車中泊旅で訪れたい穴場スポットとして、柳川・那珂川のご紹介でした。

福岡はごはんも美味しく、都会と自然が良いバランスで融合した所。

観光に自然に、車中泊旅を思いっきり楽しめる場所だと思います!

福岡での車中泊旅がステキな旅でありますように。

ライター:Betty

オリジナルサイトで読む

キャンプや車中泊、バンライフなど、アウトドア&車旅の情報を配信!

執筆者プロフィール
車旅情報Webマガジン「DRIMO」
車旅情報Webマガジン「DRIMO」
キャンピングカー情報をはじめとして、キャンプや車中泊、バンライフなど、アウトドア&車旅の情報を配信しているWEBマガジンです(https://news.drimo.jp/)。実際に車中泊やキャンピングカーを楽しんでいるラ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード