MOBY

Nシステムとは?光り方の意味からオービスとの違いまで

通過することで車を撮影する機能をもつNシステム。このシステムについて、意外と理解していなかったり、勘違いしたりしている方が多いようです。今回は、Nシステムとは何なのか、光り方の意味やオービスとの違いは何なのかについて解説していきます。

Nシステムとは?意味を説明!

Nシステムとは

Nシステムとは、警察が日本の道路に設置した、走行中の車のナンバープレートを自動で読み取り、手配中の車のナンバーと照合させるシステムのことです。

Nシステムという名前は俗称であり、正式名称は「自動車ナンバー自動読取装置」といいます。
Nシステムは犯罪捜査の重大な手掛かりとなることが多く、このシステムによって多くの犯罪の証拠となってきました。
また、Nシステムには盗難車両を捜索するという目的もあります。

Nシステムは都道府県で名前が異なる

Nシステムは都道府県によって名前が異なっており、車両捜査支援システムや、初動捜査活動支援システム、車両ナンバー捜査支援システム、悪質重要事件捜査支援システム、緊急配備等初動捜査支援システムなど、様々な呼び方があります。
どれも長い名前のため、短くして「Nシステム」と呼んでいます。

Nシステムが開発されたのは1980年代

出典:http://www.uraken.net/

Nシステムが開発されたのは1980年代後半で、科学警察研究所の鳥羽邦夫のアイデアがもととなり、NECと合同で開発を行いました。
1987年に国道14号に設置されたのが第一号で、2015年には合計で1690台が設置されています。

Nシステムの目的

Nシステムを設置した目的は、自動車を利用した犯罪が行われたときに、いわゆる検問による交通渋滞を起こすことがなく、かつ現場から逃走した犯人の車両を速やかに特定し、犯人を検挙することと、犯罪を抑制するというものです。重大な犯罪が発生した時などには不審車両の洗い出しに使われています。

Nシステムの仕組みとは?

Nシステム 仕組み

出典:http://wikimapia.org/

Nシステムの仕組みは、まずNシステムを通過した自動車全てを自動で記録し、警察の手配車リストと自動的に照会します。
Nシステムを通過する手配中の車のナンバープレートが検出された場合、車種や所有者、メーカーや車種名などが自動的に割り出され、パトカーや警察の捜査車両へ、その手配中の車の現在位置などを地図上に表示するシステムへ即座に送信されます。
また、警察無線に手配中の車はNシステムに引っかかったという情報が一斉に指令されています。
この指令は、手配中の車が走行する付近を巡回中のパトカーや捜査車両に通知され、通信指令室などからの命令に従い、該当する手配車を追跡し、検挙するという仕組みです。

Nシステムとオービスの違いは?

オービス(下の画像)

オービス

オービスとは?

オービスとは、道路を走る車の速度違反などを自動的に取り締まる装置のことです。
オービスという名前は商標であり、正式名称は自動速度違反取締装置といいます。

Nシステムとオービスは使用用途が違う

オービスとNシステムは、使用用途が違います。
オービスは速度違反を取り締まるための装置であり、Nシステムは犯罪捜査を行うための機能を持った装置なのです。
Nシステムは車を使った犯罪すべてを捜査するために使用されますが、オービスは速度違反をした車のみを取りしまるために使われているのです。

Nシステムとオービスは撮影条件が違う

撮影する条件も違います。
Nシステムは通過する車両すべてを撮影しますが、オービスは速度違反をしない限り、撮影されることはありません。

Nシステムは光らないがオービスは光る

Nシステムはストロボがないため、光ることはありません。
赤外線カメラを使用しているので、人間の目には見えませんが、ドライブレコーダーなどには写ります。
スマホのカメラをとしても見ることができるそうです。
対してオービスは、速度違反をした車両を撮影するときにフラッシュが焚かれるので、かなり眩しく光ります。
Nシステムが光った、という人がいるようですが、それはNシステムのカバーガラスに後続の車のライトなどが反射してそうみえるなどの錯覚です。

オービスとNシステムの見分け方は?

オービス

Nシステム

出典:http://xn--zck6a6a2l272op51e.jp/

Nシステムとオービスの見分け方は簡単です。Nシステムはカメラのような装置がついているだけなのに対し、オービスはストロボのような白い板が中央に設置されているものが多く存在します。
白い板のようなものがなくても、オービスは撮影装置自体が比較的大型です。オービスのタイプは少ないので、Nシステムとの違いを知るより、オービスのタイプを知った方が早いかも知れません。

オービスは事前に警告標識で伝えている!

オービスの手前には必ず「自動速度取締路線」などとで、オービスが速度を取り締まっていることを示す標識があります。
基本的には2箇所設置されます。
オービスとNシステムの違いを知りたい、という方はきっとスピード違反で取締を受けたくない、ということでしょうから、「自動速度取締路線」の標識を見たらスピードを落としましょう。(というより常に制限速度は守りましょう)

Nシステムは日本の安全を支える!

Nシステムについて理解することができましたでしょうか?

あってはならない犯罪ですが、このNシステムのおかげで犯罪検挙率が上がっているとのことです。
また、Nシステムの存在が多くの人に知れることで、罪を犯すことがないような抑止力の効果もあるとのことです。
日本の安全は、こんなNシステムも大きな役になっていたことにお気づきになっていただければ幸いです。

道路交通法に関するまとめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す