MOBY

ルーフボックスおすすめ人気ランキングTOP10|価格と取り付け方法を比較!

ルーフボックスはたくさんの荷物を載せるため、車内を広々と使うために便利なグッズです。ルーフボックスの選び方からブランド別の取り付け方法、おすすめルーフボックスの価格、人気ランキングTOP10を紹介します。

ルーフボックスはアウトドアに使うだけではない!

ルーフボックス

出典 :©Shutterstock.com/ Sergey Lavrentev

ルーフボックスはキャンプ用品やスキー板などアウトドア用品を入れるときの強力な味方です。
日常生活でも、例えばベビーカーや雨の日に使うブーツや傘といった、かさばるものやたまにしか使わないものを入れることもできます。

たくさんの荷物を積みたいときはもちろん、車内を広々使うために荷物はルーフボックスへ、という使い方もできる、便利なグッズです。

キャンプに便利な車中泊グッズに関連する記事はこちら

ルーフボックスの選び方

ルーフボックスを取り付けるために、まずベースキャリアの取り付けが必要になることがほとんどです。

ベースキャリアを選ぶ

レインガーター

出典 :©Shutterstock.com/ pondpony

ベースキャリアは、ルーフボックスを取り付けるための土台となります。
ベースキャリアの取り付けをする前に、車のルーフの種類を確認しましょう。
ルーフがつるっとしていて取付ポイントがないもの、ルーフレール(下記の写真のようなもの)があるもの、レインガーターがあるものなどがあります。
ベースキャリアを選ぶときは、自分の車に適合したものを購入しましょう。

また、ベースキャリアとルーフボックスは同じメーカーで発売されていれば、同じメーカーのものを使うようにしましょう。
メーカーが異なると保証外になってしまう、取り付けがうまくできないことがあります。

ルーフボックスを選ぶ

ルーフボックス

出典 :©Shutterstock.com/ Kostsov

ルーフボックスを選ぶ前に、載せたい荷物の種類や量を確認しましょう。

▶スキー板など長い物を載せる → 2m以上の長さのルーフボックス
▶ルーフボックスを載せた後の高さが気になる → 350mm以下の高さのルーフボックス
▶段ボール箱など少し高さのあるものを載せる → 350mm以上の高さのルーフボックス
▶キャンプ用品を載せたい → 2~3人分なら容量300~380L、4~5人分なら380L以上のルーフボックスが目安

自分にピッタリのルーフボックスを探すには、まずは載せる荷物の確認からです!

ルーフボックスの詳しい選び方についての記事はこちら

ルーフボックスを取り付けた後の注意点

ルーフボックス

出典 :©Shutterstock.com/ Alex Linch

荷物がたくさん載せられて便利なルーフボックスですが、注意する点もあります。

車の高さが高くなり、立体駐車場などに入れないことがある

ルーフの上に載せるため、車の高さがその分増えます。
そのため、普段通りに走っていると、思わぬ場所で高さ制限に引っかかってしまう場合があります。
自宅やマンションの駐車場でさえも入れない、ということが無いように、事前に行動範囲の「高さ」を確認しておきましょう。

風切り音がすることがある

ルーフボックスを取り付けることで、風への抵抗はもちろん変わります。
ただ、商品によっての違いや、風切り音の感じ方には個人差があるので、一概には言えません。
もしも風切り音が気になり、必要が無い場合は、ルーフボックスを外すといいでしょう。

燃費が悪くなることがある

ルーフボックスとベースキャリア、載せているものの重さで燃費は変わります。
例えば「イノー シャドウ124」は本体の重さが19kgあります。
ルーフボックス内に荷物を載せると、合わせて大人1人分の重さになることもあるでしょう。
また、空気抵抗も増大するため多少なりとも燃費に悪影響を及ぼすことが考えられます。
燃費が気になるか、載せっぱなしが楽か、考えてみるのもいいですね。

ルーフボックスの取り付け方法

ルーフボックスのブランド

ルーフボックスのブランドは、イノー、テルッツォ、スーリーの人気が高いです。
イノーはカーメイト、テルッツォはPIAA株式会社のルーフキャリアブランドで、スーリーはスウェーデンのメーカーです。

ベースキャリアの取り付け

車種によってベースキャリアの取り付け方法や金具が変わりますので、よく確認しましょう。
取扱説明書を読みながら、ルーフにバランスよく取り付けしましょう。

ルーフボックスの取り付け

ベースキャリアの取り付けが終わると、お待ちかねのルーフボックスの取り付けです。
こちらもメーカーや種類によって取り付け方は変わるので、取扱説明書をよく読んで、バランスよく取り付けしましょう。

●イノー ルーフボックスShadow シリーズ
ルーフボックスをバーに固定するときは、ルーフボックスの中から外側に向けて出したクイッククランプをバーにかけ、内側に戻して、付属のノブで固定します。

●テルッツォ ローライダーシリーズ車両への装着方法
ルーフボックスをバーに固定するときは、ボックスの外側からクランプでバーに取り付けます。

●スーリー ツーリング FastClickクイックマウント・システム
ルーフボックスをバーに固定するときは、独自のFastClickクイックマウント・システムを使います。
内側からはさみのような固定金具を差し込み、バーをはさんでネジで固定します。
他のメーカーよりも比較的簡単です。

ベースキャリア、ルーフボックスの取り付けを確認したところで、「ルーフボックスおすすめ人気ランキングTOP10」を発表します!

【ルーフボックス人気ランキング】第10位

イノー BRW240BK

イノー BRW240BK

出典:http://amzn.to/

【名称】リッジトランク240
【アマゾン価格】34,153円(2017年2月現在)
【カラー】ブラック、ホワイト
【サイズ】全長1,400×全幅700×全高340mm
【容量】220L

軽自動車やコンパクトカーに取り付けるときや、ちょっとした荷物を載せたいときなどにおすすめです。
コンパクトなベビーカーなども載せられるので、お子さんのいる人にも便利に使えます。

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第9位

テルッツォ EA163CBX

テルッツォ EA163CBX

出典:http://amzn.to/

【名称】エアロクロスライダー185 ブラック
【アマゾン価格】29,549円(2017年2月現在)
【カラー】ブラック、ホワイト
【サイズ】全長1,850×全幅700×全高300mm
【容量】270L

このルーフボックスはスキーセットは4~5セット入るサイズで、高さは300mmと低めです。
駐車場に入るときの高さなどが気になる人におすすめです。

このおすすめルーフボックスの口コミはこちら

過去にルーフボックスは色々試してきたが、風切り抵抗音がこんなにも無くなるとは感動です。
車の形にもよるが前後のふくらみ部分の形がよいです、荷物もその分たくさん入ります。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第8位

イノー BRQ33WH

イノー BRQ33WH

出典:http://amzn.to/

【名称】ルーフボックス33 ホワイト ショート
【アマゾン価格】36,384円(2017年2月現在)
【カラー】ホワイト、ブラック
【サイズ】全長1,825×全幅820×全高340mm
【容量】300L

スキー板6~8セット載せられる、左開きタイプのルーフボックスです。
ロングサイズのラインナップもあり、長さ2000mmで更に長いものの積載にも対応しています。

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第7位

スーリー TH6011

スーリー TH6011

出典:http://amzn.to/

【名称】レンジャー Ranger 90
【アマゾン価格】38,552円(2017年2月現在)
【サイズ】全長1,100×全幅800×全高400mm
【容量】340L

ソフトタイプのルーフボックスです。
ハードタイプのボックスだと収納場所に困る、使いたいときだけ取り付けたいというときにおすすめです。
長いものは入りませんが、サイクルキャリアやスキーキャリアと一緒に載せてサブで使うのもいいですね。

本当は格好のいいハードタイプのルーフボックスが欲しかったのですが、マンションではしまうところもなく困っていたところこの製品を発見し早速購入しました。作りはしっかりしていますし、搭載量もかなりのものです。

出典:http://amzn.to/

【ルーフボックス人気ランキング】第6位

イノー BRQ55BK

イノー BRQ55BK

出典:http://amzn.to/

【名称】ルーフボックス55 ブラック ロング
【アマゾン価格】33,423円(2017年2月現在)
【カラー】ブラック、ホワイト
【サイズ】全長2,000×全幅830×全高315mm
【容量】300L

高さ315mmのスリムな左開きタイプのルーフボックスです。
スキー板など、薄く長いものを載せるのに適しています。
長さ1825mmのショートサイズもあります。

このおすすめルーフボックスの口コミはこちら

家族5人でスキーをやるため購入しました。
スキー5本、ブーツ2足入れることが出来ました。 

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第5位

テルッツォ EA436FW

テルッツォ EA436CS

出典:http://amzn.to/

【名称】ローライダーフレックス コンパクト ホワイト
【アマゾン価格】54,537円(2017年2月現在)
【カラー】ホワイト、シルバー、ブラック
【サイズ】全長1,950×全幅750×全高275(225)mm
【容量】300L(250L)
※カッコ内は通常時の高さ

ボックスが2段階に調整できる左開きのモデルです。
通常時から高さを5cmアップできるので、載せる荷物によって高さを柔軟に変えられます。
高さが300cm以下と非常にスリムで、車との一体感を感じます。

このおすすめルーフボックスのの口コミはこちら

他メーカーのルーフボックスに比べ薄く設計されていますので出来る限り低く抑えたい方にはいいんじゃないでしょうか。
又、ボックスの高さを2段階で調整して収納量を必要に応じて変更出来るのは非常に便利です。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第4位

イノー BRS624WH

イノー BRS624WH

出典:http://amzn.to/

【名称】ウェッジ624 ホワイト
【アマゾン価格】62,606円(2017年2月現在)
【カラー】ホワイト、ブラック
【サイズ】全長1,850×全幅840×全高345mm
【容量】350L

左右両開きのモデルです。
長さも高さもちょうどいいサイズで、いろいろな荷物を載せる場面で重宝しますね。

このおすすめルーフボックスの口コミはこちら

スタイリッシュでかっこいいです。容量も有り、両開きが満足です。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第3位

スーリー TH6347-1

スーリー TH6347-1

出典:http://amzn.to/

【名称】ツーリング Alpine ブラックグロッシー
【アマゾン価格】84,837円(2017年2月現在)
【カラー】ブラックグロッシー、チタンエアロスキン
【サイズ】全長2,320×全幅700×全高420mm
【容量】430L
※容量330L~430Lの5サイズ有

両開きが可能、FastClickクイックマウント・システムで取り付けもスムーズにできます。
紹介したのは容量430Lですが、330L~430Lの5サイズの展開があるので、用途に合わせて選べるのも嬉しいですね。

このおすすめルーフボックスのの口コミはこちら

正直、付けるまで大きさに不安(大きすぎないか)がありましたが全く問題ないです。
風切り音も気にならないレベルです。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第2位

テルッツォ EA436CS

テルッツォ EA436CS

出典:http://amzn.to/

【名称】ローライダー コンパクト シルバー
【アマゾン価格】48,587円(2017年2月現在)
【カラー】シルバー、ホワイト、ブラック
【サイズ】全長1,950×全幅750×全高225mm
【容量】250L

先ほど紹介した「テルッツォ EA436CS ローライダーフレックス コンパクト」の高さが変わらないモデルです。
スリムなボディで、シンプルなデザインがいいという方におすすめです。
他社にはあまりない、シルバーが選べるのも魅力です。

このおすすめルーフボックスの口コミはこちら

サイズが自分の車(エクストレイル)にピッタリでした。デザインも気に入っています。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

【ルーフボックス人気ランキング】第1位

イノー BRU124MBKE

イノー BRU124MBKE

出典:http://amzn.to/

【名称】シャドウ124 マットブラック
【アマゾン価格】30,323円(2017年2月現在)
【カラー】マットブラック、パールホワイト
【サイズ】全長2,000×全幅810×全高340mm
【容量】360L

「両開きができるモデルがいいけれど、値段が気になる…」という人におすすめなのがこちらです。
サイズや機能は必要なものが揃っている上に、人気の両開きができるため、初めてルーフボックスを載せる人も気兼ねなくチャレンジできます。

このおすすめルーフボックスの口コミはこちら

大きさ含めとても良い。品質も昔のものと比べるとよくなりました。そして、両開き便利です。

出典:http://amzn.to/

このおすすめルーフボックスの現在の価格はこちら

ルーフボックスを取り付けてアウトドアでも日常でも使おう!

ルーフボックス

出典 :©Shutterstock.com/ HoleInTheBox

ルーフボックスは、アウトドアにはもちろん、日常でも使える便利なグッズです。
ルーフボックスを使うと、車内を広々使えることで大人数でも車1台で出かけることができる、1台でたくさんの荷物を載せることができます。
これまで荷物の運搬や車内空間の活用に不満があった人も、ルーフボックスを使うことで解決するかもしれませんよ!

ルーフボックスに関連する記事はこちら

アウトドアに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す