初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

乳児用ベビーシート人気おすすめランキングTOP10!選び方の注意点は?

生後0か月から1歳までの乳児期の赤ちゃんを車に乗せるなら、衝撃から赤ちゃんの体を守り、適切な姿勢で寝かせることができる「ベビーシート」に乗せなければなりません。ベビーシートはさまざまなメーカーから発売されており、その性能も多種多様です。本記事では、そんな乳児用ベビーシートの人気おすすめランキングTOP10を紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

乳児用ベビーシートの人気おすすめランキングを紹介!

寝てる赤ちゃん ベビーシート チャイルドシート

小さな子どもと一緒に車に乗るのであれば、必ず使用しなければならないチャイルドシート。
中でも、生後約10カ月までの首の座らない赤ちゃん(乳児)が使用するベビーシートは、万が一の際に赤ちゃんの命を守るためにも、性能に優れた信頼性の高い商品を選ぶ必要があります。

本記事では、そんな新生児用ベビーシートの人気おすすめランキングTOP10を紹介しています。

ベビーシートの選び方の注意点

ベビーシートとは、生後約10カ月(体重10kg未満)までの首の座らない乳児が使うシートです。
さまざまなメーカーから多種多様な製品が発売されてますが、選ぶ際には以下の点に注意して購入しましょう。

■ベッドタイプ
首の座らない赤ちゃんは、水平に寝かせた状態でないと気道が圧迫され、うまく腹式呼吸ができなくなってしまいます。
ベビーシートはベッドタイプのものを選ぶようにしましょう。

■適合車種
せっかくベビーシートを購入しても、取り付けられなければむだになってしまいます。
購入する前に愛車に適合するかどうか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

■安全基準
ベビーシートの安全基準は、国際基準で厳格に定められています。
基準に適したシートには認定マークが付いているので、購入する前に確認しましょう。

■設置方法
通常、ベビーシートは車のシートベルトを使用して固定するのですが、この方法が複雑で難しく、正しい設置を諦めてしまう人もいます。
ベビーシートは正しい方法で設置しないとその機能を完全に発揮することができないので、正しく設置する自信が無い人は設置のしやすいベビーシートを選ぶようにしましょう。

■安全評価
ベビーシートを選ぶ際には、チャイルドシートアセスメントも参考にしましょう。
チャイルドシートアセスメントとは、国土交通種とJNCAP(自動車事故対策機構)が行っている性能試験評価のことで、試験結果に基づいて製品ごとに「優」「良」「普」「推奨せず」という評価を付けています。
できるだけ「優」の評価が付いた製品を選ぶといいでしょう。

こちらの記事もチェック!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第10位】

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン

■Amazon価格:24,800円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W480×D725~885×H711~516(mm)
■製造国:中国
■対象:新生児~12歳ごろまで
■適応体重:35kgまで

グレコのチャイルドシートです。
4段階のリクライニング機能と10段階のヘッドレスト調節機能により、新生児から12歳まで使用することができます。

12年間買い替えなしで使用するため、カップホルダーやハーネス収納機能など、年齢に合わせて使うようになる機能が、一通り揃えられています。
シート生地も取り外して洗えるので、長い間清潔に使用することが可能です。
価格も3万円以内に抑えられており、使用できる期間を考慮すると、コストパフォーマンスが非常に優れています。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

作りもしっかりしていますし、デザインもなかなかおしゃれ。
チャイルドシートとしては値段お高めですが、およそ12歳前後まで使えるということですから、そう考えるとコスパはかなり高いと思います。

ただ取り付けはシートベルト使用です。
これでisofixに対応していたらもっとよかったんですが…。

出典:https://www.amazon.co.jp/

取り付けも簡単で、シートカバーやヘッドレスト、インナークッションが丸洗い出来たり、カップホルダーが左右どちらにも付けることができたりメンテナンス性もよいと思いました。赤ちゃんの時から長年使い回しができてコスパに優れてますしかなりオススメです

出典:https://www.amazon.co.jp/

12年間使うことがまずありえないのですが、チャイルドシートからジュニアシートへ移行する
際にはこういった設定の物はとてもありがたいです。

新生児用としては、もう少しリクライニングが出来るといいかなと。
角度が浅いので息苦しくないか心配になります。3か月前後でようやく
このくらいの角度でもと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第9位】

コンビ EX COMBI グッドキャリー

■Amazon価格:17,101円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W460×D690×H350(mm)
■本体重量:3.3kg
■対象:0ヶ月~12ヶ月

コンビのベビーシートです。
新生児から1歳まで使用することができます。

これ一台でベビーシート、ベビーキャリー、ロッキングチェアの3役をこなします。
角度計が付いているので、最適な角度を確認しながら取り付けることが可能です。
日差しを遮るサンシェードも付いており、眠ってしまった赤ちゃんを起こさずに、シートごと車から降ろすこともできます。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

新生児用として購入しました。
基本用途にも満足していますが、ぐずった時にあやすのにかなりの威力を発揮してくれています。
車への設置も簡単でいい買い物をさせていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

2002年に旧モデルをレンタルで使用し、子供本人が非常に落ち着いて乗ってくれたことから、二人目の今回は購入することにしました。そのまま持ち運べるため、だっこせずに車からベビーシートごと持ち出すことが出来る上、ゆりかご代わりにもなるのでちょっとした外出の際にも便利です。
7年前のモデルと大きな機能変更無しに製品が続いているということからも、完成度の高さがうかがえます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第8位】

リーマン 新生児対応チャイルドシート パミオウーノEX-2

■Amazon価格:24,800円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W480×D530×H670(mm)
■本体重量:6.7kg
■製造国:日本
■対象:0ヶ月~48ヶ月

リーマン製のチャイルドシートです。
取り付け方を変えれば、新生児から4歳まで使用することができます。
留める、引っ張る、引っ掛けるの3ステップで簡単に取り付けることができ、3点固定式なのでしっかりと固定することが可能です。

低座面・低重心の設計によって安定性も高く、衝突時における赤ちゃんの頭部へのダメージも軽減されます。
全体的にしっかりとした造りとなっているので、絶対の安全性を求める人におすすめです。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

何よりも安全性第一でいろんな商品を検討し、タカタの製品とリーマンのこちらと最後まで悩みましたが各社ホームページを見てコストと内容の兼ね合いからこちらを選びました。リーマンはチャイルドシート専門の会社だしこの商品は安全性もヨーロッパ基準にクリアしており安心で、デザインも気にいってます。娘が生後1カ月半の時、里帰りしてた実家から自宅まで約3時間弱走行しましたが泣かずにご機嫌で走り出すとスヤスヤ寝てました。4カ月になた今も乗せるといつもご機嫌さんで満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

チャイルドシートも色々と種類があり、どれがいいのかとても迷っていました。車が無いと生活できない程の田舎に住んでいるため、夫も私も車持ち。付け替えが楽なものがいいな、と思いこちらを購入させていただきました。付け替えはとても簡単。そして軽く、初めて赤ちゃんが乗った時もスヤスヤと眠ってくれました。乗せやすさはやはり回転するものに比べるとしにくいですが、気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

乗り心地がいいようでおとなしく乗ってくれます。MADE IN JAPANなのもいい。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第7位】

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト

■Amazon価格:9,800円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W435×D415~700×H485~620(mm)
■製造国:中国
■対象:0ヶ月~48ヶ月

ジョイーのチャイルドシートです。
取り付け方を変えることで、新生児から4歳まで使用可能です。
シンプル&コンパクトで取り回しがよく、価格も安いのでおすすめです。
ただし、リアシートの形状によっては新生児から使えないこともあるので、注意が必要です。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

ヴィッツの水色に乗っていますが、色め的にもとてもよく合うし
乗り心地も2歳の孫ちゃんも気に入ってくれました

出典:https://www.amazon.co.jp/

どんなチャイルドシートがいいか、わからなかったんですが、回転式のは値段が張るし、メーカーに寄っても、値段がまちまち。リサイクルも考えましたが、やっぱり新品がいい。けど、予算がない。ということで、お値打ちで、可愛く、口コミも良かったこちらを購入。
取り付けも簡単だったし、生後2ヶ月ですが、今のところ、十分 重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第6位】

コンビ Combi チャイルドシート マルゴット エッグショック BE

■Amazon価格:36,051円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W510×D620~890×H685~910(mm)
■製造国:中国
■対象:新生児~7歳ごろまで
■適応体重:25kgまで

コンビ製のチャイルドシートです。
赤ちゃんのやわらかい頭を守るコンビの技術、エッグショックを搭載しています。
13段階調節が可能なヘッドレストにより、新生児から7歳までのこどもが使用できます。

赤ちゃんを日差しから守るサンシェードや、通気性の高い立体メッシュシートの採用により、一年中快適に座っていることが可能です。
価格は高いですが、7年間買い替える必要が無いことを考えると、むしろお得かもしれません。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

見た目すごく普通のチャイルドシートだけど、汚れも拭き取りやすいし、長期間使えるのでお得かなーと思います

出典:https://www.amazon.co.jp/

取り付けは注意点が多いので、面倒に思いましたが、要点が分かれば簡単なものでした。生まれたばかりの孫を検診に連れて行くのが、最初の利用でしたが、嫁は気持ち良さそうと喜んでいたそうな。長く使ってみないと分からない点もあると思いますが、現時点では良いものです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

乗せるとよく寝ます!ネットで買うのは抵抗ありましたが、良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第5位】

ネビオ Nem Pit

■Amazon価格:7,980円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W460×D460×H650(mm)
■製造国:中国
■対象:0ヶ月~48ヶ月

ネビオのチャイルドシートです。
2段階のリクライニング機能により、新生児から4歳くらいまで使用することができます。

5点式ハーネスベルトを採用し、赤ちゃんをしっかり守ります。
シートカバーは外して手洗いも可能です。
価格も1万円以下と非常に安く、安全基準もクリアしているのでおすすめです。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

6980円で購入
0〜4歳までのは安くても1万〜なので
どっかで中古(4〜5千円)を買うか思い切って新品買うかと迷ってる時に発見
他のチャイルドシートを持ってないので比較のしようがないですが、値段のわりにしっかりしてます

設置はわりと簡単ですが(説明書読みながら6〜10分くらいで出来ました)
調節(肩ベルトや座席(?)のリクライニング等)は少し難しかったです
コツを掴めば楽勝でした
(この辺の調節楽だと逆に危ないですもんね)

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第4位】

コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX

■Amazon価格:39,800円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W460×D526~655×H525~655(mm)
■製造国:中国
■対象:0ヶ月~48ヶ月

コンビのチャイルドシートです。
回転機能とリクライニング機能により、新生児から4歳まで使用することができます。

次世代の固定方式「ISOFIX(アイソフィックス)」の採用により、確実にチャイルドシートを固定して赤ちゃんを守ることができます。
360度の回転と3段階のリクライニング機能は、指先一つのワンタッチで操作可能です。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

一目惚れしたチャイルドシート、アクアに設置。表示があるのでISOFIX対応とわかっていてもいざ、取り付けるとなると差し込むところがわからない('-`)
冷たい風の吹く中、汗だくになって押し込んで見るけれど入らずで結局、車に詳しい友人にお願いしました。ちゃんと入っているのかインジケーターは緑になってるけれどグラグラするのでもう一度押し込むと
パーフェクト!
全く動かず、1歳になる孫を乗せてもご機嫌でした。
回るのが楽しいみたい。お世話する方もとても楽チン、腰を傷めずに済みそうです。車高が低いのでいろんなメーカーで悩みましたが大正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

思ったよりも重かったですが、しっかりと取付き安心感があり満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第3位】

コンビ Combi チャイルドシート コッコロ S

■Amazon価格: 14,665円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W420×D615×H550(mm)
■本体重量:4.4kg
■対象:0ヶ月~48ヶ月

コンビ製チャイルドシートです。
取り付け方を変えることで、生まれたての新生児から4歳まで使用することができます。

重量がペットボトル(1.5L)3本分と非常に軽く、取り付けや持ち運びが簡単です。
低重心・低座面設計なので、赤ちゃんの乗せ降ろしも楽に行えます。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

上を見ても下を見ても迷うチャイルドシートですが、孫の為の購入なので使用頻度を考えこちらを購入しました。造りはしっかりしていて、クッションやベルトも良くできています。生後一か月の検診で使用しましたが、嫌がりもせずご機嫌でした。最初の取付けは少し時間が掛かりましたが、コツさえ掴めば2~3分で取付けできます。乗せるのも悩んだのは最初だけでした。2回目からは一分と掛かりません。それでいてホールド感はさすが「コンビ」製!安心感があります。実物を見ないで購入しましたが正解でした。余談ですが私の車はシートの色がベージュなのでこの「ビスケット」の色がばっちり!まるでディラーオプションのようにしっくりと収まっています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

思っていたより大きめで、作りもがっちりしており重量感もありました。安全性もしっかりして満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

7月に娘が産まれたのでこちらを購入しました。
届いてみると少し大きく感じましたが、取り付けは私ひとりでもできました。
車まで運ぶのは少し大変でしたが、、
娘も嫌がらず座ってくれて 毎回のようにすやすや眠ってしまいます。
車でのおでかけが好きになってくれるといいなぁと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第2位】

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス

■Amazon価格:29,700円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W470~805×D593~696×H566~679(mm)
■製造国:中国
■対象:0ヶ月~48ヶ月

アップリカのチャイルドシートです。
回転機能とリクライニング機能により、新生児から4歳まで使用することができます。
チャイルドシートアセスメントでは、後ろ向き乳児モードで最高評価の「優」を獲得しました。

片手で回転させることができるので、狭い車内での取り回しが抜群です。
ベッド状態では、赤ちゃんの足側がドアの方に向くので、 乗せおろしも簡単に行えます。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

新生児から使用。回転するので乗せやすい降ろしやすい。取り付け方法も難しくなく、ベッドのようにフラットになるので、寝てくれる。首がまだ座ってないがぐらつくこともなく、一人でも安心して乗せられる。少し大きいような気もするが、気になるほどてはない。(トヨタ ウィッシュ)

出典:https://www.amazon.co.jp/

新生児の時に寝かせて使えるようにと購入しました。今は座りバージョンですが大人しく座っています。ご機嫌です。眠ってしまった時は頭が下がるので大丈夫かなと思いますが長時間で使用する事は無いので問題ないと思います。一つ不便なのは二台の車でこのチャイルドシート一台を使用しているのですが取り付けが難しい事です。レクサスとタントです。主人はササッと出来ますが私には無理です。
このチャイルドシートは高さがあるので子供の目線がしっかり窓の外を眺める事が出来ます。
その為 乗車時に飽きる事なく座ってくれている気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートの人気おすすめランキング【第1位】

タカタ 04ビーンズ

■Amazon価格:10,800円(2017年4月現在)

■本体サイズ:W450×D530×H615(mm)
■本体重量:4.3kg
■製造国:日本国
■対象:0ヶ月~48ヶ月

安心と信頼のタカタ製チャイルドシートです。
取り付け方を変えることで、生まれたての新生児から4歳まで使用することができます。
チャイルドシートアセスメントでは、乳児モードで最高評価の「優」を獲得しました。

本体重量は4.3kgと非常に軽く、コンパクトな設計なので、狭い車内での取り付けも簡単です。
長く使えて価格も安いので、初めてのベビーシートとして選ぶならこれ一択でしょう。

こちらのベビーシートのAmazonレビュー

現在5ヶ月の子供が使っています。
実家でしか車に乗らないので、機能の充実よりは低価格で程々のものを探しており
レビュー評価のいいこちらを購入。
産後ずっとコンビの新生児用をレンタルしていたのですが設置が
難しく毎回難儀していました。
ところがこちらに変えてびっくり!めちゃくちゃカンタンでした。
座高も高いので景色も見えるようで子供もキョロキョロ、
隣に座るわたしも子供の顔が見やすくなり安心度が増しました。
間違いなく買って良かった商品です!お値段以上に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

9か月の息子の使用状況ですが、問題なく使用できております。
最近は起こして使用しておりますが、きつそうでもなく、そのまま寝ることもあります。
カーシェアやレンタカーにて使用していますが、不具合もなく満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

高コスパ。タカタなので安全性も高い。シートベルトを引っ張る必要が有るので取り付けは男性がすべき。回転などの機能が付くと重心も上がるので危険。自分達の都合と子供の安全性を天秤にかけて考えるべき。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのベビーシートをAmazonで!

ベビーシートは赤ちゃんに優しいものを選ぼう!

チャイルドシート

©いらすとや

乳児用ベビーシートの人気おすすめランキングTOP10はいかがでしたか?

ベビーシートは、車に乗った赤ちゃんを衝撃から守る最後の砦ともいえる重要な装備です。
購入する際には、単純に価格の安さだけで選ぶのではなく、安全性や乗り心地、扱いやすさなど、どれだけ赤ちゃんに優しい商品なのかということも、基準にするようにしてください。

一番良いのは、性能が高くて価格が安い、コスパに優れたベビーシートを選ぶことです。

チャイルドシートについての記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す