MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車下取りの査定相場を調べる方法&査定額をアップするテクニック
車売却ノウハウ

更新

車下取りの査定相場を調べる方法&査定額をアップするテクニック

車の「下取り」とは?

中古車 査定 ディーラー
©iStockphoto.com/kadmy

車買取との違い

車を新しく乗り換える際に多くのユーザーが利用するのが車の「下取り」です。

同じような方法として「買取」がありますが、皆さんはふたつの違いをご存知ですか?下取りとは、ディーラーなど新しい車を買うお店にそれまで乗っていた車を引き取ってもらう事です。
それに対して買取は車買取店に車を売却する事を指し、新しく車を購入する時だけではなく、車を手放す時にも利用できます。

下取りは車の購入を前提としているため新車を値引きしづらい場合、下取り価格に上乗せしてもらえるケースがある一方で、買取店より査定額は劣るという面があります。
買取店では人気のオプションなどがあると査定額アップが期待でき、どの買取店へ持ち込むかは自由なので、いくつかの業者を比較して一番高い査定額を出してくれた買取店に売る事ができます。

車下取りをする際の流れ

車の下取りをする際は、ディーラーや販売店で購入する車が決まったら古い車の査定を依頼し、査定額が出たら交渉に進みます。ここでは新しく購入する車やオプション装備の値引きについて話を進めます。

交渉がまとまったら契約へと進みますが、車の下取りに必要な手続きはほとんどディーラーや販売店が行ってくれます。
予め用意しなければいけない書類は印鑑登録証明書(普通車のみ)、車検証、自動車納税証明書、自賠責保険証明書、実印となり、預託済みの場合のみリサイクル券が必要となります。

下取り査定相場を調べる方法

価格 相場

愛車を下取りに出すとどの程度の査定相場になるのかを予め調べる方法もあります。
日産やトヨタのサイトでは、メーカーや年式などを入力して下取りの参考価格をシミュレーションする事ができます。
ただし、あくまでも参考価格となっているため、実際の査定額とは異なる場合があります。

車下取りの査定相場を調べられるサイト

トヨタ「下取り参考価格情報」

日産「下取り参考価格シミュレーション」

車買取の査定相場を調べる方法

同じように車買取でも査定相場をシミュレーションできるサイトがあります。例えばグー買取では、営業電話なしで買取相場をチェックする事ができて便利です。

下取り査定額をアップするテクニック

少しでも高く車を下取りしてもらうためにはどんな点に気を付ければ良いのでしょうか。ここからは、車下取りの査定額をアップするテクニックについて説明していきます。

洗車や掃除をする

車売却をする前には洗車や車内の清掃をしてキレイにしておきましょう。

下取りに持ち込む際にはワックスがけをした方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、汚れよりもキズやへこみの方が重視されるので時間をかけてまでキレイにして行く必要はありません。
しかし「普段から車の手入れをしている」というアピールをする効果はあります。

消臭をする

掃除と同様、それほど効果がないとされていますが、ペットやタバコの臭いがきつい場合はマイナス要因となるため消臭を行っておいた方がベターです。

パーツの純正品があれば純製品の方が良い

純正品は査定額アップが期待できますが、わざわざ新たに購入する必要はありません。
車に手を加える場合は元々備わっていた純正パーツを保管しておいて、下取りに出す前に元に戻せるようにしておきましょう。

下取りの前に一括査定に出す

ディーラーは人気車種であってもそれほど査定額がプラスとならないなど、あまり高値での下取りは期待できません。
少しでも高く売りたければ一括査定の利用も視野に入れましょう。

交渉をする

下取りに出す前に一括査定を行い、その査定相場を提示して交渉するのもひとつの手です。
しかし、下取りの査定額は過去のデータを分析して算出するため、大幅に上がる事はありません。

高く売れる時期はあるけどなるべく早めが基本はお得

中古車の需要は日々変動しますが、その中でも新生活が始まる前の3月や9月、ボーナスシーズンである6月と12月には中古車の需要が高まります。
しかし、モデルチェンジがあると車の価値は一気に下がってしまいますし、車は新しいほど高く売れるため、需要が高まる時期まで待っているとかえって損をする可能性があります。

車を高く売る目的なら「車一括査定」がおすすめ

車を高く売りたいのであれば車一括査定がおすすめです。
その理由は、複数の業者を比較できるためより高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい点や、出張査定に対応している業者であればいくつもの店舗を回る必要もなく時短にもなる点です。

リクルートが運営している「カーセンサー」は、テレビのCMでもお馴染みの車一括査定です。カーセンサーは中古車の買取や販売だけではなく、カー用品の販売や中古車情報誌の発行など、車にまつわる事業を幅広く手掛けています。

カーセンサーネットでは全国各地の中古車情報を検索して売却の相場をチェックしたり、数社の見積もりを比較する事ができます。買取の加盟店は業界最大規模の600社以上で、完全無料で最大30社への査定を同時に依頼する事ができるのが特徴です。
カーセンサーの人気の理由は、車一括査定時の連絡をメールのみに設定できる点で、煩わしい電話から解放されると好評です。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

車がもっと高く売れる・・・?

「車一括査定」を使うと車が高く売れる可能性が上がるんだ。

車を高く売りたいのであれば「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイト「教えて!はじめての車売却」のおすすめの組み合わせは

  • カーセンサー
  • 車査定・買取の窓口

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大で30社からの査定結果が得られるが、査定申込み時に業者を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

車査定・買取の窓口を使うメリット

・「車査定・買取の窓口」にしかない、愛車を最高額で買ってくれる業者1社を厳選して紹介してくれるシステム
・業者1社とやり取りをすればよいので、ストレスが少ない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

カーセンサー利用体験談はこちら

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口
提携買取業者数
非公開
同時査定依頼数
1社
業者選択
×
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
バリュークリエーション

最高値で買い取る1社のみを紹介してくれる。しつこい営業電話は一切無し。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ