MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車の買い替えの時期はいつ?買い替えの流れや注意点についても解説
車売却ノウハウ

更新

車の買い替えの時期はいつ?買い替えの流れや注意点についても解説

車を買い替えの一般的なタイミング

買い替えのタイミング

車を買い替えるタイミングは一般的に7~10年目と言われています。車の登録などを管理する一般社団法人自動車検査登録情報協会によると、平均的なタイミングは8.5年となっています。

最近の車は高性能なタイプが多く、より長く乗ることはできますが、10年を超えてしまうと買い替えを検討しても良いでしょう。

ここからは車の買い替えの一般的なタイミングを紹介していきます。

ライフスタイルが変わる時

ライフスタイルが変わったことで車の買い替えを検討する方も多いです。たとえば引っ越しで通勤距離が長くなったことにより、毎月の維持費を抑えるためにハイブリッドカーのような燃費の良い車種に乗り換える方もいます。また家族が増えることでこれまでよりも広い車に買い替える方もいます。

このようにライフスタイルが変わるタイミングは車の買い替え時期と言えるでしょう。

走行距離が10万kmを超えた時

現在乗っている車の走行距離が10万kmを超えた場合も買い替えを検討するタイミングと言えます。

平均的な走行距離としては1年で1万kmと言われており、単純計算だと10年で10万kmとなります。また走行距離10万kmを超えると、査定してもらった時に金額がかなり低くなると言われています。

エンジンなど様々なパーツは10年も経つといろいろ劣化してくるため、そのタイミングで車の買い替えを考える方が多いです。

3・5・7年目の車検を受ける時

新車を購入した場合、最初の車検が3年目、その後は2年ごとに車検を受けなければいけません。車検のタイミングには、車検費用やメンテナンス費用などが必要になります。

長い間乗り続けているとメンテナンス費用が積み重なり、予想よりも費用負担が増えてしまうケースもあります。今後の負担額と買い替えのメリットを比較して、車検が切れるタイミングで新車に乗り換える方も多いです。

メーカー保証が無くなった時

新車に乗り続けている方は、新車保証が無くなったタイミングで車を買い替える方も多いです。平均的なメーカー保証は購入から3年、もしくは走行距離6万kmまでが保証対象になります。

エンジンオイルやエアコンなど様々な部品や消耗品が保証対象になるので、メーカー保証期間は安心して乗ることができます。しかし、メーカー保証が無くなってから故障してしまうと、修理費用が高くなるので買い替えのタイミングとなる方が多いです。

自動車税が上がる前

自動車税が上がるタイミングで車の買い替えを検討する方も多いです。排気ガスや燃費などを考慮して環境に悪影響を与える車は自動車税が高くなります。

具体的な自動車税の目安は以下になります。

  • ディーゼル車:11年超え(約15%の重課)
  • ガゾリン車:13年超え(約15%の重課)
  • 軽自動車:13年超え(おおむね20%の重課)

車のメンテナンスや整備によっても買い替え時期は変動する

買い替え時期

一般的な車の買い替えタイミングを紹介しましたが、普段のメンテナンス状況によって、買い替え時期も変わってきます。車は使用頻度も高く、様々なパーツが搭載されているので、どこか1ヶ所が壊れてしまうこともあります。

パーツの修理費用によっては、新しい車に買い替えるほうがお得になる場合もあります。

具体的な修理代金は以下の表にまとめています。

修理内容・故障内容修理代
エンジン交換50~100万円
エアコン全交換20万円
マフラー一部溶接1万円
バンパー一部修理2~3万円
ボディ傷、凹み修理1~3万円
フレーム修理100万円以上

修理費用はパーツによって金額が大きく変わってきます。また、大きな故障の場合は修理を行ってもらっても確実に直るとも言い切れません。部品を交換しても、今度は違うところが故障してしまうことも考えられます。

修理費用が高くなる場合は、新しい車に買い替えることも検討しましょう。修理代金分を頭金にするなど買い替えたほうが費用は抑えられる場合もあります。

買い替えの目安として、修理代が30万円を超える場合は買い替えを検討しても良いと言えます。

車の買い替えを考えたほうが良い時期はいつ?

買い替えを検討する時期

ここまでは車を買い替えるタイミングを紹介しましたが、実際どの時期が良いか知りたい方も多いでしょう。買い替えを検討するならなるべくお得なタイミングで替えたいものです。

ここからは買い替えを考えたほうが良い時期を紹介します。

買い替えを考える時期1:車検前

車を買い替えるタイミングとして車検前がおすすめです。先程も説明しましたが、新車で購入する場合3年後に車検を受けなければいけません。

その後は2年ごとに車検を受ける必要があります。

特に2回目の車検の時は買取金額も高いので、 よりお得に買い替えることができます。

3回目の車検の時には様々なパーツが劣化しており、メンテナンスのほかにも修理が必要となってきます。

このような車検費用を浮かせて買い替えることで、よりお得に新車に乗ることができます。

買い替えを考える時期2:新モデルが発売される前

現在乗っている車の、新モデルが発売される前に買い替えることでお得に買い替えることができます。 

モデルチェンジをきっかけに旧型のモデルの値段が下がる傾向があります。現在乗っている車も、新モデルが販売されると買取金額が一気に下がってしまいます。 

ほかにも新車購入を検討しているお客様に対してお得な買い替えプランを提案するディーラーも多く存在します。このようなことを活用することでお得に乗り換えができます。

車の買い替えの流れ

流れ

ここまでは車の買い替えタイミングについて紹介しましたが、買い替えの流れがわからない方も多いのではないでしょうか。車の買い替えの頻度は高くないので、はじめて買い替える方の中には買い替えの流れがわからない方もいることでしょう。

車の買い替えの簡単な流れは以下の4ステップになります。

  • Step1:現在乗っている車の売却手続きを行う
  • Step2:審査の購入手続きを行う
  • Step3:現在乗っている車の引き取りを行ってもらう
  • Step4: 購入した車が納車される

現在乗っている車を売却する時や新車購入の時には様々な書類や手続きが必要になります。

なるべく余裕をもって検討することで、新車に買い替えた後に失敗する可能性を減らすことができます。

車を買い替える際の注意点

チェックポイント

車を買い替える時はいくつか注意する点があります。

具体的な注意点は以下になります。

  • 納期までの期間が長くなる
  • 査定金額に影響する
  • 税金の未納がないか
  • ローン支払いが残っていないか

車を買い替える場合、手続きなどの関係で納期が契約から1~3ヶ月ほどかかります。

たとえば車検が切れるギリギリのタイミングでディーラーとの商談を始めても、納車までの期間が長くなってしまい、代車を契約しないといけなくなります。

ほかにも納期までに車を乗り続ける場合は、その期間に傷がついてしまい査定金額が減ってしまうということも考えられます。車を買い替える時は、3ヶ月から半年ほど余裕をもって手続きを進めましょう。 

また、現在乗っている車のローン支払いが残っていないかもしっかり確認しておきましょう。

車のローン支払いが残っている場合は所有者が利用しているローン会社になっているので、自分に変更してから売却しましょう。変更手続きが難しくてわからないという方は、中古車買取店のサービスを利用することをおすすめします。

H2:車の買い替えを考えているなら査定がおすすめ

車の買い替えを検討している場合は、現在乗っている車を査定に出すことをおすすめします。

査定に出すメリットは以下になります。

  • 査定金額を買い替えの頭金に使うことができる
  • 下取りに出すよりも金額が高い

現在乗っている車を買い取ってもらい、その金額を頭金に活用することで買い替え金額を抑えることができます。ほかにも、予算から浮いた金額で様々なオプションを付けることも可能です。

査定は、メールや電話、ネットかや申し込むことができます。複数の査定業者に見積もりを出すこともできるので、より高く買い取ってもらえる業者を見つけることもできます。

車の買い替えを考えている方は、よりお得に乗り換えるためにも査定を活用することをおすすめします。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY車買取チーム