MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 廃車にかかる費用相場とは?手続き方法や費用をかけない方法について
車売却ノウハウ

更新

廃車にかかる費用相場とは?手続き方法や費用をかけない方法について

廃車

廃車にかかる費用相場

費用

廃車の費用を知るには、まず「廃車」とは何なのかを知らねばなりません。ここでは、廃車についての基礎知識と、かかる費用の相場についてご紹介します。

そもそも「廃車」とは

廃車とは車を解体することではなく、「抹消手続き」を行うことです。

抹消手続きとは、廃車手続きに必要な工程で、車の所持権を放棄すること。この作業が済み次第、車は「廃車」となります。

全体でかかる費用

全体費用の相場としては、10,000円~100,000円ほどが必要です。廃車手続きは自分で全て行えますが、ディーラー、中古車販売店などに代行してもらうことが可能です。

ただし、代行してもらう場合でも、廃車手続きには費用がかかります。自分で行うよりも手間は省けますが、費用が少しかさんでしまう場合があるので注意しましょう。

廃車にかかる費用の内訳

費用の内訳

廃車にする場合、それぞれの工程にかかる費用が違います。 それぞれ分けてみていきましょう。

引取り費用

引取り費用は最大で30,000円ほどかかります。引取り費用とは、文字通り、引き取ってもらうための金額です。車が動くかによっても金額に違いが出ます。

解体費用

解体費用は最大20,000円程度かかります。

解体費用は、解体してもらうための費用であり、解体業者に支払います。これは車種によって変わり、軽自動車なら安く、大型車なら高くなると覚えておけばよいでしょう。

ただ、同じ車種でも車のサイズによっては違いが出てきます。

自動車リサイクル料金

費用は7.000円~20,000円ほど。原則新車購入時に支払う金額です。

そのため、既に支払っている場合は廃車にする際に費用はかかりません。ただし、購入時にリサイクル料金を負担していない場合もありますので注意しましょう。

申請書類の関連費用

廃車にする手続きで使う書類などにかかる費用です。

費用相場は最大10,000円程度ですが、基本的にここまでの費用はかかりません。手続きの種類や業者によっても金額が変わります。

廃車代行費用

ディーラーや中古車専門店に廃車を代行してもらう際に支払う費用です。全て自分で行う場合は発生しない費用です。

運搬費用

廃車にしたい車が壊れている場合や、廃車手続きにより公道を走れない場合、レッカー車を使って業者まで運んでもらう必要があります。

基本料金の相場は業者によって違いますので、例として大手ロードサービス会社の場合をご紹介します。

  • 一般道の基本料8,000円程度
  • 高速道路の基本料16,000程度

ただし、運搬した距離、使った道路などによって合計金額はかなり大きく変動します。

廃車の手続き方法とは?

手続き方法

廃車にするには、単純に解体業者に持ち込めばよいというわけではありません。

しっかりとした手順を踏んで手続きをしなければ損をすることもありますし、そもそも廃車にできない場合もあります。

廃車手続きはどこでする?

廃車手続きは「運輸支局の自動車検査登録事務所」、通称「陸運局」で行います。

しかし、 どこの陸運局でもよいというわけではありません。自分の自動車が登録されている地域の陸運局に行く必要があります。ナンバープレートに記載されている地域が、管轄の陸運局なので、必ず確認しましょう。

廃車手続きをする方法

廃車手続きには大きく分けて3つあります。

  • 一時抹消(一時的に所有権を放棄する。ナンバープレートの返納などが必要。)
  • 永久抹消(車の解体後、完全に手放したという証明。)
  • 解体届出提出(「一時抹消後」に車体の解体をした場合に提出。)

主に一時抹消と永久抹消を自身の要望に合わせて手続きを行うことになります。

廃車で戻ってくる還付金について

還付金

車を廃車にする際、手元に返ってくるお金があります。それが「還付金(かんぷきん)」です。

還付金とは

還付金とは、税金の払いすぎなどの理由から、納税者に返還される税金のことです。廃車の場合は「自動車税」を対象に発生します。

返還される金額

自動車税は毎年4月に年度分を前払いしています。そのため、年度途中に廃車にした場合は、自然と「払いすぎ」になってしまいます。返還されるのは月割にしたうち、「廃車にした後の期間分」です。

例えば、9月に廃車にした場合、10月から次の年の3月までの合計6か月分の自動車税が返還されます。

返ってこない場合もある

払わなくてよかった分の税金が還付金として返ってきますが、実は還付金がもらえない場合もあります。以下のような条件に当てはまると、還付金はもらえないため注意しましょう。

地方税に滞納がある場合

この場合、還付金が滞納分を越えていれば、その分を受け取ることができます。

廃車ではなく、他者に譲渡した場合

ディーラーへの下取りや専門店への買い取りなども含んでいるため注意しましょう。

廃車の際に費用をかけない方法はある?

クエスチョン

「なるべく損はしたくない」「費用が多く、廃車にしたくてもできない」といった場合もあるでしょう。

しかし、廃車の際に「費用をかけなくて済む方法」があります。それは「廃車買取専門業者に買ってもらう」ことです。

業者は車自体より、パーツなどの観点から査定してくれるので、もし万が一動かなかったとしてもいくらか値段がつきます。また、廃車の際に面倒な作業をしなくて済むため、手間が少なくなるでしょう。

買取専門業者を利用することで、いくらかまとまったお金が得られるため、新車に買い換えたい場合の頭金にしたり、自分の好きなことに使ったりしてもよいでしょう。

廃車の際の買取相談は一括査定がおすすめ

買取相談をするうえで、できるだけ高く買い取ってほしいと思うのは当然でしょう。高く買い取ってもらうコツは買取相談の際に、多くの業者に査定してもらい、比べることです。

多くの業者に頼むことで、できるだけ高く買い取ってもらう業者を選別できるだけでなく、業者間で競争が生まれ、高く買い取ってもらいやすくなります。

しかし、複数の業者に連絡して確認するのは大変です。そこでおすすめするのが「一括査定」。

一括査定では、複数の業者に一気に買取相談を頼むことができるので、業者に連絡する手間が省けて時間短縮になるうえ、高く買い取ってくれる店が一目でわかります。

査定方法は簡単で、一括査定サイトで車の情報などを入力し査定に出すだけです。後はそれぞれの業者から見積もりが送られてくるのを待ちましょう。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY車買取チーム