MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車を売却する際の流れや見積もりの際にチェックすべきポイントを紹介
車売却ノウハウ

更新

車を売却する際の流れや見積もりの際にチェックすべきポイントを紹介

車のフィギュアと電卓と硬貨

車を売却する前に知っておきたいこと(※相場や見積もり方法の種類など)

電卓を見せて説明をする男性と資料を見せる女性

車を売却する前には押さえておくべきことがあるでしょう。それは、今から売る車の相場や、その見積もり方法などが挙げられます。それらのポイントを押さえていることで少しでも高く売れるように交渉することができます。

ここでは、車を売却する前に知っておきたい、売却の方法や見積もり方法などについて解説します。

売却方法について

車を売却する方法は大きく3種類あります。要は車を売却する窓口が誰になるかです。

個人間での売却

個人間での売却は友人への売買はもちろん、オークションサイトやフリーマーケットサイトなどネットを使った売買も対象となります。

個人間でのやりとりとなるので、のちのちトラブルにならないように気を付けなければならない点がデメリットです。

ディーラーでの下取り

ディーラーで新車もしくは中古車を購入する際の下取りとして所有車を売却する方法もあります。この方法は、複雑な処理を全てお任せできるし、新しい車とその場で交換できるので非常に楽に進められる方法でしょう。

しかし、車の買取価格は相場と比較した場合、高価格は狙えません。

中古車買い取り専門業者への売却

中古車買い取り専門業者への依頼が一番高価格を狙えます。

査定や手続きなど比較的に楽に進められますが、売却を急かされたり、売却することで、しばらく代車で過ごさなければならなくなったりするなど、人によっては不自由な状況に陥ることもあるでしょう。

車の相場の確認

車の相場はネットで簡単に確認することができます。例えば中古車専門サイトの中古車を検索することで、売却予定の車に近い仕様、状態のものを探せば価格帯が把握できるでしょう。

またネット上には簡単査定というサービスもあり、車の情報を記載するだけで、その相場と概算の査定を取ることができます。

見積もり方法について

売却予定の車の見積もりに関しては、単純に見積もりを取りたい先へ連絡し、依頼をかければ問題ありません。ディーラーであれば直接店舗へ車を持っていき、確認してもらうパターンが多いでしょう。

中古車買い取り専門業者であれば出張査定のサービスが当たり前となっているので、手軽に依頼をかけられます。

車を売却する際の流れについて

ノートに記入する男性

車を売却する際の流れについて、ディーラーと中古車専門業者で売却する場合の流れを解説します。

買取手を選択する

まず買取手を選択する必要があります。ディーラーであれば比較的に問題なくスムーズに取引を進行できることが多いでしょう。しかし、注意すべき点は中古車買い取り専門業者を選択する際です。

中古車買い取り専門業者には多くの会社があり、もちろん問題がない会社が大半ですが、一部の会社でトラブルが発生することもあります。ネットで検索して、ユーザーの口コミや評判を踏まえ、売却先を選ぶことをおすすめします。

例えば口コミで「担当者が強引だった」といったネガティブな口コミが多いところは避けましょう。

また買取店がJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の適正買取店に認定されているかどうかもポイントになります。

認定されていれば、安心して車を売却できる先として検討できるので、確認のポイントとすることをおすすめします。

車を査定してもらう

車の査定はディーラーであれば持ち込んで車を確認してもらいます。また中古車買い取り専門業者であれば出張サービスがあるので、買い取り先によって方法が異なるでしょう。

必要書類を揃えて手続きをする

車の売却には書類を提出する必要があります。必要な書類は以下のようなものです。

・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・自動車リサイクル券
・振込口座情報
・自動車納税証明書
・印鑑登録証明書
・実印
・譲渡証明書
・委任状

車を引き渡す

必要書類の手続きが完了すれば、車両を引き渡します。その際には下記の点に注意ください。

・車内に忘れ物がないか
・カーナビに登録した個人情報は削除したか
・ドライブレコーダーやオーディオ内のメディアを忘れていないか など

入金確認をする

車両の引き渡しが完了したらあとは入金を待つだけです。売却先によって入金日は異なるので、取引の際には漏れなく確認しましょう。

入金を確認すれば車の売却が完了となります。

売却額の見積もり査定に影響する要因は何?

険しい表情で紙に記入を行うスーツ姿の女性

車を売却する際、少しでも高く売れるようにしたいものです。見積もり査定には査定士が金額を算出するための確認ポイントがいくつかあります。

それらの売却額に影響するポイントを解説します。

メーカー、車種、グレード、年式

車は購入して5年を過ぎると査定のマイナス幅が増えます。また車種やグレードなど需要に左右されるのも特徴でしょう。

走行距離

総走行距離と年式で年間走行距離を割り出し目安となる距離を下回ればプラス、反対に上回ればマイナスとなり評価されます。要は走れば走るほど評価が下がります。

外装

車体に付いた1センチ未満の傷やへこみは基本的に減点対象とならず、もし減点がなければ特別加点があります。

内装

傷やシミ、たばこ・ペット・芳香剤などの異臭が付着しているなどの場合マイナス採点となります。

エンジン・足回り

アイドリング時の不良や排気ガスの色が黒いかどうか、エンジンルーム内の汚れ、ブレーキのオイル漏れ、バッテリーの状態などをチェックされます。

その他にも一般的に決められた期間内に法定点検整備を受けている場合は加点されたり、ヘッドランプ、フォグランプなどの交換部品をチェックされたりもします。

また保証書・整備手帳、取り扱い証明書がセットで揃っていればプラス査定になるなど細かい部分の確認も行われるでしょう。

車をなるべく高く売却するためのコツとは

ずらりと並んだ1万円

ここからは、車をなるべく高く売却するためのコツを解説します。

車の相場を把握し、価格交渉する

売却予定の車の相場を把握することで適正な価格がわかります。売却する予定の車の状態にもよりますが、相場に対して価格が上回っているか、下回っているかをまず確認することが大切です。

もし下回っていれば、なぜそのような結果になったかの理由をしっかりと確認したうえで、納得できなければ、その旨を査定士に伝えるようにしましょう。

中古車買い取り専門業者複数社に見積もりを出してもらう

車の売却費用を少しでも上げるのであれば、中古車買い取り専門業者、複数社から見積もりを出してもらうことが大切です。

そして「A社から〇〇円で査定額が出ているが対応できるかどうか」といった確認をB社に行うなど、値引きを打診することが、古典的な方法ですが効果的です。

ただし、あまりこの方法を多数の業者にやりすぎると相手にされなくなる可能性はあるので、2、3社に留めて交渉するようにしましょう。

書類一式を揃える

保証書・整備手帳、取り扱い証明書がセットで揃っていればプラス査定になります。

特に整備手帳はメンテナンス記録の意味合いを含んでいるので、メンテナンスを規定通りしっかりと行っていれば証明書になります。そのおかげで査定額のアップが見込めるでしょう。

査定前に車の清掃を行う

車の査定のポイントで、内装のシミや汚れ、においなどが採点基準となっているゆえに査定前にキレイに清掃していることは印象も良くするため必要です。

もし取り外した純正品があるなら用意する

純正オプション品がある場合、査定額アップにつながる可能性があります。例えばETCやカーナビ、ドライブレコーダーなどが挙げられます。もし手元にあるならば積極的にアピールするべきポイントだと言えるでしょう。

車の売却額を知るためにも、まずは一度査定を依頼してみましょう 

スマホを見ながらノートパソコンを操作する人

今回は車の売却に関してご紹介しましたが、実際に売却をする前に査定に出すのもおすすめです。

売却は、売ることを前提として話を進めていくため、仮に見積もりが出た段階で「思ったより安かった…」「この金額では売りたくないな…」となった場合、取り下げをすることに対して気が引ける場合もあるでしょう。

しかし、査定であれば基本的に無料で行っている業者が多くあります。そのため、自分が売りたい車がどのくらいの金額で売れるのか、気軽に確認することが可能なのです。

それに、ネットで査定を行う場合であれば複数社での一括査定も容易です。1社のみの査定の場合気付きませんが、複数社の査定を見比べたら「最初に査定した金額より高値が付いた!」と気付くこともあるでしょう。

さらに、ネットでの査定であれば、実際に車を持ち込んで行う店舗での査定より手間もかかりません。

少しでも高い金額で車を売却したいとお考えの方は、売却の相談の前にまずネットでの査定を行ってみてはいかがでしょうか。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY車買取チーム