MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車を売却する際に必要な書類とは?売却の際に高く売るためのポイントを紹介
車売却ノウハウ

更新

車を売却する際に必要な書類とは?売却の際に高く売るためのポイントを紹介

税金書類

普通自動車を売却する際に必要な書類

自動車検査証

普通自動車を売却するには必ず必要となる書類があります。必要な書類が1点でも漏れていると取引ができない最悪の事態に陥ることもあるので注意が必要です。それでは普通自動車を売却する際に必要となってくる書類について詳しく解説します。

自動車検査証

自動車検査証とは通称、車検証と呼ばれている書類で、車が保安基準に適合していると証明することができます。また常に車内で携帯していることを義務付けされている大切な書類です。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書とは毎年5月末までに納めなければいけない自動車税を支払っている証明書の控えとなります。この書類は車検を受ける際に必要となる書類のため、書類がなければ車検を受けられないので重要な書類といえるでしょう。

自賠責保険証明書

車検の都度、加入する必要がある自賠責保険証の書類も車の売却には必要です。この保険に加入することは義務付けられているため、保険証がない、期限が切れている場合は車を売却できないので注意しましょう。

リサイクル券

車の所有者は必ずリサイクル料を支払う義務があります。つまり、車の売却時にはリサイクル券も車と一緒に渡す必要があります。

実印または印鑑証明書

委任状などの書類作成時に必要となるのが実印です。またその実印が本物かどうかを証明する印鑑登録証明書も必要となります。因みにこの印鑑登録証明書は有効期限が3カ月と決まっているので、有効期限には十分注意しましょう。

委任状

車を売却する際、名義変更手続きが必要になります。買取業者にその作業を委任する場合に必要となる書類です。売却側と買取側の署名および捺印はあれば委任状として認められます。

譲渡証明書

車を売却するには譲渡する必要があります。その処理をするために譲渡証明書が必要になります。譲渡証明書には売却側と買取側が同意していることを証明する書類になりますので、譲渡後のトラブルを防ぐためにも必要な書類といえるでしょう。

住民票

車検証印鑑登録証明書に記載されている住所に誤りがないか確認するための書類となります。必要ではない場合もあるので、都度、必要かどうかを確認することをおすすめします。

軽自動車を売却する際に必要な書類

軽自動車納税証明書

軽自動車を売却する際には、普通自動車の売却と同様に必要な書類があります。しかし、普通自動車と微妙な違いがあります。軽自動車の売却は基本的に書類が少なくて済む他に軽自動車納税証明書の用意が必要なことと実印ではなく認印で許可される点です。

以下では、軽自動車を売却する際に必要な書類を紹介します。自身がどの車を売却するかによって必要な書類が変わってきますので、事前に把握しておくことが大切です。

自動車検査証

自動車検査証とは通称、車検証と呼ばれている書類で、車が保安基準に適合していると証明することができます。また常に車内で携帯していることを義務付けされている大切な書類です。

自賠責保険証明書

車検の都度、加入する必要がある自賠責保険証の書類も車の売却には必要です。この保険に加入することは義務付けられているため、保険証がない、期限が切れている場合は車を売却できないので注意しましょう。

リサイクル券

車の所有者は必ずリサイクル料を支払う義務があります。つまり、車の売却時にはリサイクル券も車と一緒に渡す必要があります。

軽自動車納税証明書

軽自動車には自動車納税証明書がないので、代わりに軽自動車納税証明書を用意する必要があります。十分に注意しましょう。

認印

軽自動車の売却の場合は、実印でなく認印で問題ありません。因みにシャチハタだと認められないので注意が必要です。

車を売却する際に必要な書類を紛失してしまったら

紛失イメージ

車の売却に必ず必要な書類ですが、紛失してしまうこともあるでしょう。書類を紛失したままだと車を売却できない事態になりかねません。その場合どのようにすればよいのか解決策を解説します。

自動車検査証を紛失した場合

自動車検査証は、車を登録した陸運局にて再発行の手続きが必要です。手数料、申請書の印紙代は必要となりますが、簡単に再手配ができます。

自動車保険証明書を紛失した場合

自動車保険証明書の紛失時は自分が契約している保険会社に問い合わせをしましょう。また保険を契約した販売店でも構いません。尚、問い合わせの時には車検証を持って情報を開示しながら話を進めれば比較的簡単に対応が進むでしょう。

納税証明書を紛失した場合

納税証明書は、管轄の都税事務所、県税事務所に問い合わせをし、再発行する必要があります。

印鑑証明書を紛失した場合

印鑑証明書は、印鑑登録証が手元にあれば各市区町村の役所で300円にて再発行できます。

リサイクル券を紛失した場合

リサイクル券は残念ながら再発行はできません。しかし、代わりに自動車リサイクル料金の預託状況を用意する必要があります。その入手は自動車リサイクルシステムのホームページにログインし、車両情報など記載したうえ、確認することができます。

車の査定額を少しでも高くするポイント

車査定イメージ

車を売却する際には少しでも高く売りたいと多くの方が考えるでしょう。例えば人気の車種であれば高く売れるし、走行距離やキズも少なければ比較的高く売ることができます。しかし、売却の際に買取価格を上げる書類があることをご存知でしょうか。今回は用意しているだけで車の査定額をアップさせる書類について解説します。

車の取り扱い説明書

新車で購入した際に必ず付いている車の取り扱い説明書があれば、査定評価がアップします。車の取り扱い説明書は、車の使い方について事細かく記載されており、非常に便利なものです。基本的には取り扱い説明書がなくても今の世の中では使用方法を簡単に調べることができますが、説明書は手軽に調べられる点で重宝します。

車の整備記録簿

車の整備記録簿、メンテナンスシートがあれば車の査定額のプラス要素となります。査定の段階においても、整備記録があれば安心感が違います。車の整備記録簿があれば、車の整備に対する信用につながり、買取業者としても安心だといえるでしょう。

車を売却するなら査定を依頼しましょう

車を売却する場合は、車のディーラーか買取専門会社へアプローチをかけます。売却する際に何を重視するかによって進め方が変わります。ここでは少しでも車を高く売りたい方に向けて解説します。

車の一括査定サイトに登録

車の一括査定サイトに登録すれば、すぐに買取専門業者からのアプローチがきます。そのアプローチはたくさんの業者からしつこいぐらい連絡がきます。しかしながら、車の相場の確認ができるし、また会社同士競わすことで、より高いベースの買値が付くことが期待できるでしょう。車を少しでも高く売るためには必要不可欠な方法です。

ディーラーにも査定の依頼

車の売却時には、買取専門業者にお願いするだけでも問題ありませんが、より詳しく価格を押さえると言う意味合いで、ディーラーでの価格設定を押さえておく必要があります。

ディーラーが出す査定金額はたいていの場合、買取業者よりも安いです。それゆえに買取業者が提示してきている価格に妥当性があるのかの判断の指標となります。

押さえておくべき情報としてディーラーにも査定を出すことをおすすめします。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY車買取チーム