MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 廃車の手続きは自分でできる!自分で廃車手続きする際の手順を紹介
車売却ノウハウ

更新

廃車の手続きは自分でできる!自分で廃車手続きする際の手順を紹介

車のフィギュアと車検証

廃車の具体的な意味について

ナンバープレートを外した黒い車

廃車とは、車を単に処分すると言う意味合いではなく、人で言う戸籍にあたる、車の車籍を抹消することを意味します。車の車籍を抹消することで、その車は公道で走れなくなります。

その代わりに、車を所有していれば必ず毎年払わなければならない自動車税の支払いが必要なくなるため、不要になった車を手放したい際は、廃車の手続きを必ず行いましょう。

例えば、車が古くなった、事故で走らなくなったからと言って正式な手続きを行わずして車を処分した場合は、そのまま税金を払い続ける必要があります。つまり、車を処分するだけでは廃車にすることはできません。

また廃車を検討する理由としては走行距離が増えすぎて、中古車としても価値がないと判断をされたときや、事故をして修理をするよりも買い替えたほうが良いレベルの時が挙げられるでしょう。

廃車の理由はさまざまですが、書類による申請は同じ流れとなるので、まずは廃車手続きの流れをしっかりと把握することが大切です。

廃車にも種類がある

資料を手渡す女性と資料を受け取る男性

廃車には大きく3つの種類があります。それは永久抹消登録と一時抹消登録、そして解体届出です。それぞれの意味合いや処理の方法が異なるためここで解説します。

廃車の種類①「永久抹消登録」

永久抹消登録とは、車を永久的に手放すための処理で、一般的な廃車のイメージがこの内容に近いでしょう。例えば車の走行距離が増えすぎた、事故で乗ることができないなど、車としての価値がなくなり、車を手放す際にはこの永久抹消登録をする必要があります。

ちなみに、永久抹消登録とは普通自動車の廃車を対象としての呼び名で、軽自動車の場合は「解体返納」と呼ばれ、微妙に手続きや手順が異なります。

廃車の種類②「一時抹消登録」

一時抹消登録とは、車を一時的に廃車にすることを指します。例えば海外出張などで長い期間にわたり車を使用しない場合や車が盗難にあった場合に処理する手続きです。手続きすることで、その期間に発生する保険料や自動車税が免除できることがメリットとなります。

一時抹消登録は、もし車を再度使用することになれば手続きを行うことで再び使用することができます。何らかの理由でしばらく車を利用しない状態に陥るならば、一時的にでも余計な自動車税を抑えるために必要な手続きでしょう。

ちなみに一時抹消登録とは普通自動車への名称で、軽自動車の場合は「一時使用中止」と呼ばれます。

廃車の種類③「解体届出」

解体届出とは、一時抹消登録している車に対して、二度と乗る必要がなくなった場合に行い、一時抹消登録の状態から永久抹消登録へ移すための手続きとなります。解体届出の手続き自体は簡単に管轄の運輸支局で行えます。

自分で廃車手続きする際の手順

携帯を見ながらメモ帳に記入する人

廃車の手続きは簡単に自分で手続きすることができます。

ディーラーや業者に依頼する場合、決して安くない費用が発生します。それらを少しでも抑える意味でも自分で手続きをする場合の方法を知っておくことは損ではありません。

それでは、自分で廃車手続きする際の手順をそれぞれ解説します。

廃車の手続き①「永久抹消登録」の場合

永久抹消登録の手続きとしては、現住所を管轄している運輸支局にて行います。地域によって多少は違うこともありますが、事前に管轄の運輸支局に確認することが必要でしょう。

①車の解体

解体業者をあらかじめ選択して、依頼しておいてください。その際、ナンバープレートを取り外すことが必要です。

②運輸支局へ行く
③ナンバープレートを引き渡す

前と後ろのナンバープレート2つを返却する。

③必要書類の提出
④税金還付の手続き

廃車の処理後、自動車税の還付が4月からの月割りで行われるので、処理が必要。

⑤廃車完了

廃車の手続き②「一時抹消登録」の場合

一時抹消登録についてもお住まいの管轄の運輸支局への手続きが必要です。永久抹消登録同様に地域によって多少処理が違う可能性があるので、事前に管轄の運輸支局へ確認しましょう。

①ナンバープレートを取り外す

自分でナンバープレートを取り外す必要があります。

②運輸支局へ向かう
③ナンバープレートを引き渡す

前と後ろのナンバープレートを渡す。

④書類一式の提出

ナンバープレート返納後、必要書類一式を窓口に提出、OKなら登録識別情報通知書が交付。

⑤登録識別情報通知書の交付

通知書が準備できたら呼び出しを受けるので、記載情報に間違いないか確認

⑥税金還付の手続き

運輸支局内の税印刻窓口にて自動車税・自動車取得税申告書を提出

⑦完了

廃車の手続き③「解体届出」の場合

解体届出についてもお住まいの管轄の運輸支局への手続きが必要です。解体届出は複雑な処理は必要なく、運輸支局に行き、必要書類を提出すれば完了となります。

廃車手続きに必要な書類と費用

資料を見ながら悩む男性

ここからは、自分で廃車手続きをする際の必要な書類と費用をそれぞれ解説します。自分で手続きをする場合の費用はほとんど発生しないため、非常にコスト面でメリットがある方法でしょう。

永久抹消登録の廃車手続きに必要な書類と費用

永久抹消登録に必要な書類は下記のものです。

・所有者の印鑑証明書(発効から3か月以内のもの)
・所有者の委任状(所有者の実印があるもの)
・車検証
・ナンバープレート(前後)
・移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書

永久抹消登録は個人で処理する場合は費用の発生はありません。

一時抹消登録の廃車手続きに必要な書類と費用

一時抹消登録に必要な書類は下記のものです。

・所有者の印鑑証明(発効から3か月以内のもの)
・所有者の委任状(所有者の実印があるもの)
・車検証
・ナンバープレート(前後)
・一時抹消登録申請書
・手数料納付書
・検査登録印紙
・自動車税・自動車取得税申告書

一時抹消登録にかかる費用は手数料として350円発生します。

解体届出の手続きに必要な書類と費用

解体届出に必要な書類は下記のものです。

・委任状
・登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
・移動報告番号または解体報告記録がされた日のメモ
・手数料納付書
・永久抹消登録証明書または解体届出書

解体届出は個人で処理をする場合は費用の発生はありません。

廃車手続きを進める前に一度査定を依頼してみましょう

スマホを見ながらノートパソコンを操作する人

廃車手続きを進める前に一度査定を依頼することをおすすめします。

理由は、所有車を高い金額で買い取ってもらえる可能性があるからです。

中古車買取専門業者に依頼した場合は、査定は基本的に無料で実施してくれます。仮に査定価格が思ったよりも悪かったとしても、査定にかかる費用は無料なので、とりあえず査定を試してみるものいいかもしれません。

ここからは、中古車買取業者に車の査定を依頼する場合のパターンをいくつかご紹介します。

所有車を廃車で検討する場合

車を廃車にする際、手続きの費用はあまり発生しないのですが、車自体の廃棄費用の相場は軽自動車で3,000~10,000円程度、また普通車であれば10,000~20,000円程度と言われています。さらに高級車以上になると20,000円以上にもなる可能性があります。

廃車に費用が発生することを考えると、所有車の査定を行ってみて、運が良ければ無料で引き取ってもらえる可能性にかけるのもいいでしょう。

買い替えを検討する場合

車の買い替えを検討しているならば、次の車の頭金を確保することが大切となります。今の所有車を廃車にすることで費用が発生すると、買い替えの費用にプラスアルファの負担が発生することとなります。

この場合も、所有車の査定を実施しもしある程度の価格が付くのであれば、買い取ってもらうことをおすすめします。人気の車種であれば多少の金額が付く可能性もあるかもしれません。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較


この記事の執筆者
MOBY車買取チーム