MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > ディーラーと買取業者のどちらを選ぶ?下取りと売却の違いとは?
車売却ノウハウ

更新

ディーラーと買取業者のどちらを選ぶ?下取りと売却の違いとは?

複数のスマホを持って画面を見つめる女性

車を手放すときはディーラーか買取業者に依頼するのが一般的

車を手放す理由は人それぞれ違いますよね。

  • 長年乗ったから、そろそろ買い替えたい
  • 新しい車が欲しい
  • 事故でボロボロになってしまった

など、人によってさまざまな事情があって車を手放すと思います。

しかし、手放す理由は違うにせよ、手放すためにできることは限られてくるのです。

一般的には「ディーラーに下取りしてもらう」か「買取業者に売却する」かの2種類に分かれます。
どちらも「自分の車を業者に買い取ってもらう」という点では同じなのですが、実は内容が異なり、それぞれ自分にあった売却方法を選ぶ必要があるのです。

この2つの売却方法にはそれぞれ違ったメリットやデメリットがあり、一概にどちらが良いかというのはハッキリとはいえません。

ただ、せっかく車を買い取ってもらうわけなので、なるべく自分にとって得であるほうを選びたいと思うはずです。

今回は、ディーラーに下取りしてもらうのが良いか、買取業者に売却するのが良いかを、それぞれの内容に触れ、メリットやデメリットの観点から比較していきます。

ディーラーによる下取りとは

新車を買う際には、専門店を訪れる人がほとんどでしょう。

メーカーと特約店契約を結んだ正規販売店のことをディーラーといいます。
ひとつのメーカーの車のみを販売しているのが大きな特徴です。

ディーラーは新車を買う際に自分の車を買い取ってくれますが、この買い取りを「下取り」と呼びます。

下取りは次の車を購入することを前提として行われ、自車を売却して得たお金は、そのまま購入費用に充てられます。
買い取りで得たお金で、新車の代金の一部を払うという形です。

下取りはこれまで所有していた車を売却し、新車を購入する予定の方に適しています。
また、最初から最後までディーラーさんに頼れるため、ひとつの店舗で手続きを完結できる点もメリットといえるでしょう。
売るための作業に手間がほとんどかからないため、時間的利益が大きい売却方法といえるのではないでしょうか。

ただ、査定額の観点から見ると、下取りは金銭的にお得な方法とはいえません。
ディーラーは販売のプロであって、買い取りのプロではありませんから、買取業者の見積もりよりも査定額が低くなる傾向があります。

買取業者に売却するのと比べて損な結果になってしまうこともあるため、注意しましょう。

買取業者による売却とは

買取業者による売却も買い取りの一種ですから、業者に売って、買ってもらうといった形は下取りと変わりません。
しかし下取りと違う点は、車を売却して得たお金は新車の購入に必ず使われるわけでは無いということです。

この買い取りはいたってシンプルな売買であり、ただ売って、ただ買ってもらうだけなので、売却したお金は手元に入ってきます。
そのため、自身の目的に合わせて使うことができるのです。

貯金に回すも良し、好きなものを買うのも良し、ローンの支払いに回しても良し、何に使っても問題ありません。
手元に自由なお金が返ってくることがメリットといえるでしょう。

また、高額で買い取ってもらいやすいのも魅力の1つ。

買い取り専門のプロが査定してくれるので、ディーラーの下取りより相場に合った金額で見積もってもらえます。

さらに、中古車買い取り業者や買い取り専門店に査定を依頼し、見積もりを出してもらうわけですが、ディーラーでの下取りとは違い、複数の業者に査定をしてもらうことが可能です。

そのため買取金額が他社と比較しやすく、より高額で買い取ってもらえる業者を選ぶことができます。
もちろん複数の業者に査定を依頼する手間はありますが、その分買取金額は下取りよりも多くなることが一般的です。

下取りと比べて金銭的なメリットが大きい売却方法といえるでしょう。

どちらがお得?目的に合わせて選びましょう

ディーラーの下取りと買取業者への売却は、どちらがお得なのでしょうか。

車の買い替えに強い下取りと、売却した金額を自由に使える売却、ここではどちらがよりお得か考察していきます。

下取りを選ぶのは時間を優先したい人

ディーラーによる下取りのメリットは以下の2つです。

  • 信頼できる相手に行ってもらえる
  • 商談から手続きまでがスムーズで、手間がかからない

このように、時間に関してのメリットが大きい方法といえます。
車の売却に余計な手間は一切かかりませんから、時間を有意義に使えるでしょう。

ただ、下取りしてもらった際の利益は新しい車を購入するために全額使われるため、手元に残りません。
買取金額も安くなりがちなため、金銭的なメリットはほとんど無いと考えるべきでしょう。

そのため、金銭的な面を重視する場合、下取りを使うことは得策といえません。

買取業者で売却するメリットはお得なこと

買取業者で車を売却するメリットは以下の2点です。

  • 買取業者によっては、かなり高値で売れることもある
  • 売却した金額が手元に残り、好きなことに使用できる。

下取りと比べると、金銭的な利益が大きいといえるでしょう。

ただ、車を購入するお店と売却するお店は別々になることが多く、それぞれ別に手続きをしなければならないのがデメリットといえます。
車の売却に時間をかけたくない人や、すぐに新車に乗りたいと考えている人は、避けたほうがよい売却方法かもしれません。

買取業者で売却を考えるならまずは査定の依頼を

ディーラーに下取りしてもらうよりもお得に売れるのなら、買取業者に売却したいという人も多いでしょう。
もし買取業者での売却を考えているなら、まずは査定の依頼をしましょう。

査定の方法には、出張買取査定とweb査定があります。

出張買取査定は、店舗の査定員が直接車を査定しに来てくれるサービスです。
もし、直接見てもらって、きわめて正確な査定額が知りたい場合はこちらを利用すると良いでしょう。

一方web査定は、車の情報を打ち込むだけで簡単に査定に出すことができます。
手間がほとんどかからず楽なのですが、直接見てもらうよりは査定にブレがあるため、注意が必要です。

この2つを自身の望む形で使いましょう。

ただ、どちらの場合も複数の業者に依頼したほうが、より高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。
なぜなら、業者によって買取金額が違い、数千円から数万円の違いが出て来るからです。

そのため、高く買い取ってもらいたい場合は、複数の業者に査定を依頼する必要があります。
そうすれば、どこが高く買い取ってくれるのかがよくわかり、納得のいく結果につながるでしょう。

高額査定を目指すなら一度で30社に依頼できる「カーセンサー」がおすすめ

高額で買い取りをしてもらうには、複数の業者に査定の依頼をして、価格を比べることが不可欠です。
しかし、個人でいちいち複数の業者に査定依頼するのは面倒ですよね。

そんな時に役立つのが「一括査定」です。

web査定には一括査定というサービスがあり、複数の業者に一度に査定を依頼することができます。
面倒な作業を、スマホやパソコン一台で解決できてしまうのです。

一括査定をしてくれるサイトはたくさんありますが、中でも「カーセンサー」をおすすめします。

その理由は、提携買取業者が1000社以上で、同時に最大30社に同時に査定を依頼できるから。

一括査定の際に重要になるのは、提携業者の数です。
一括査定サイトと提携している業者数が多ければ多いほど、買取相場を幅広く比べることができるため、高額買取に繋がりやすくなります。

その点カーセンサーは国内最大級の査定サービスであり、他の一括査定サービスと比べても提携業者が圧倒的に多いため、もっとも高額買取に繋がるサービスといえるでしょう。

もし買取業者への売却を考えているなら、カーセンサーを使って高額買取を目指してみてください。

この記事の執筆者
MOBY車買取チーム