フォルクスワーゲン(VOLKSWAGEN)の中古車情報を検索する

フォルクスワーゲンの関連情報

  • フォルクスワーゲン情報

    フォルクスワーゲン社は1937年にポルシェ博士が設計したタイプ1(ビートル)を生産するために設立された。1974年にはタイプ1の後継車のゴルフをが誕生。ジウジアーロのアイデアによるエンジン横置きのFFレイアウトに機能的なハッチバックボディを組み合わせた革新的な小型車は大成功し、世界中にフォロワーを生んだ。現在のゴルフ7はクルマとしての基本的な成り立ちこそ変わっていないが、安全性や低燃費、環境性能などを大幅に高めている。また、ゴルフを軸に車種を増やして行き、現在はフルラインナップメーカーとなった。

    フォルクスワーゲン代表車種

    80年以上の歴史を持つフォルクスワーゲン社は、前半の40年間をタイプ1、後半の40年間をゴルフの2車種だけでビジネスを展開してきた。たしかにタイプ1にはさまざまな派生モデルがあったし、70年代以降の同社にはゴルフ以外にもポロやパサートなどのラインナップが存在したが、あくまでも基幹となる車種はタイプ1でありゴルフであった。とくに後半の主力車種となったゴルフは、同時代のライバルに比べて経済性や安全性、走行性能などの面で常に一歩リードしており、世界の小型車のベンチマークであり続けた。