ホンダ(HONDA)の中古車情報を検索する

ホンダの関連情報

  • ホンダ情報

    終戦後、自転車の補助動力から始めてオートバイで世界を制し、60年代に四輪車製造へ進出する…。創業者の本田宗一郎氏と藤沢武夫氏の立志伝とともに創業当時のホンダの物語は半ば伝説として語り継がれている。かつてはVTECエンジンに代表される高出力・高回転型エンジンを搭載したスポーツモデルで人気を博したが、現在の国内販売は軽自動車とミニバン、コンパクトSUVなどの実用車が中心。走りを求める昔からのホンダファンに向けてはシビックタイプRやS660、NSXなどをラインナップする。

    ホンダ代表車種

    本田宗一郎氏が残した財産のひとつに「ホンダM・M思想」がある。M・Mとは「マンマキシム・メカミニマム」の略であり、人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小にという設計思想である。N360や初代シビック、初代アコードなどの初期ホンダ車は、この人間優先の思想に基づいて開発された。肥大化した現行型シビックやアコードにこの思想が生かされているかは定かではないが、軽自動車のNシリーズやコンパクトカーのフィット、ミニバンのステップワゴンには「M・M思想」が息づいている。