MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > MOBY中古車 > ホンダの中古車 > ビートの中古車 > ビートの中古車記事 > 愛され続ける名車!ホンダ「ビート」の歴史と現在の中古車価格
ビートの中古車記事

更新

愛され続ける名車!ホンダ「ビート」の歴史と現在の中古車価格

最新「ビート」中古車情報
本日の在庫数 141台
平均価格 75万円
本体価格 27~279万円
ビートの中古車一覧へ

ホンダ「ビート」とは?

ホンダ「ビート」

ホンダ ビート 初代 1991年型

ホンダ「ビート」は、ホンダが1991年~1996年の間に生産・販売した2シータータイプのオープン軽自動車です。

型式「E-PP1」から「PP1型」と呼ばれることもあり、軽乗用車初のミッドシップ(座席後部エンジン)、後輪駆動(リアドライブ)方式を採用し、2シーター、フルオープンモノコックボディの斬新かつキュートなデザインで、今なお人気です。

■販売期間
1991年-1996年
■乗車定員
2名
■ボディタイプ
2ドア オープン
■エンジン
E07A型:直3 SOHC 656cc
■最高出力
64PS/8,100rpm
最大トルク
6.1kgf・m/7,000rpm
■変速機
5速MT
■駆動方式
MR
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:デュアルリンク式ストラット
■全長
3,295mm
■全幅
1,395mm
■全高
1,175mm
ホイールベース
2,280mm
■車両重量
760kg
■後継
S660

その他スペック情報としては「四輪独立懸架のストラットサスペンション」「四輪ディスクブレーキ」「SRSエアバッグ」「サイドインパクトビーム」「前後異型タイヤ(前13インチ、後14インチ)」が装備されています。

ハンドル操作に関しては、遊びが少なく、パーワーステアリングは装備されていません。1.175mmと低く設定された全高のため、車内は狭くなりましたが、運転席側を多少広くなるよう調節されています。

ビートに搭載された「MTREC」エンジンとは?

ホンダ ビート 初代 1991年型 MTREC エンジン

ドライバーと車が一体になったような車を目指し、開発されたエンジンです。小気味よいレスポンスを得るため自然吸気にこだわり、優れたエンジン性能を得るため軽量コンパクトを求めました。燃焼室にすばやく多量の空気を送り込むため、多連スロットルが採用されました。

車両中央に横置きされる「E07A」エンジンは、自然吸気(NA)です。しかし独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた「MTREC(エムトレック)」(Multi Throttle Responsive Engine Controlの略) という吸気システムにより、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生します。

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ