車買取の基礎知識

車売却に実印と印鑑証明はいらない?実印登録から必要書類まで【全ステップ】

車売却に実印と印鑑証明はいらない?実印登録から必要書類まで【全ステップ】

車売却の際にはいろいろな書類に捺印するケースがあります。そこで捺印する時に使用する印鑑ですが、実印が必要なのか認印でいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。

やんちゃん
車の売却で調べたとき実印が必要って書いてあったり、不要って書いていたりどっちが本当か分からなくなったんだよね…
車売却で実印が必要か不要かは普通車と軽自動車で違うのです。ここでは車売却では実印が必要なのかを説明していきます。
しろくるま

車の所有者であればすでに実印をお持ちのはずですが、参考までにここでは、実印の作成から登録までの流れを解説します。

またその他に車売却に必要な書類についてもまとめているので参考にしてください。

車売却で実印が「必要or不要」は"普通車と軽自動車”で違う

ハンコ

車売却で実印が必要かどうかについては普通車と軽自動車で異なります。

簡単に言えば実印が必要となるのは普通自動車を売却する場合のみであり、軽自動車を売却する場合には実印は不要で認印だけで大丈夫です。その理由を解説します。

目次(クリックでスクロール)

【注意】普通車の車買取はなぜ「実印」が必要か

車売却では普通自動車は実印が必要になります。なぜ普通車の売却には実印が必要なのかというと、普通車は不動産以外のすべての財産となる動産となるからです。

そのため普通車は誰が所有者であるのかを国土交通省に登記する必要があり、車の購入の際には実印が必要になります。

そして車を売却する際には所有者の名義も変更しなければいけませんので、譲渡・売却に関わらず名義変更には実印が必要になるのです。

車の売却には譲渡証明書や委任状が必要になりますが、これらの書類を作成する時に実印を押すことになります。

ポイント

ちなみに当たり前ではありますが、実印は所有者本人のものでなければいけません。もし紛失していれば、新しく実印を作成し、登録する必要があります。

軽自動車の車売却は「認印」でOK

軽自動車

普通車の売買には実印が必要ですが、軽自動車であれば認印でOKです。

なぜどちらも車なのに軽自動車だけ認印でOKなのかというと、軽自動車は動産ではないので、国土交通省に登記しなくてもいいからです。

その代わり軽自動車は軽自動車検査協会に登録する事になるので、軽自動車の名義変更の手続きでは住民票などの提出だけとなります。

やんちゃん
軽自動車にはハンコは必要ないの?
軽自動車の売買手続きにもハンコを押すところはありますので、認印は準備しておくといいでしょう。
しろくるま

車を売る時の実印は購入時と同じ実印?登録し直したら問題なし

ハンコと契約書類

普通車を所有している人であれば、手に入れた際に名義変更が必要なのですでに実印はお持ちの事と思います。

ただ購入時に使用した実印を紛失してしまった、もしくは紛失したために廃印して別の印鑑を実印として登録し直したという方もいるかもしれません。

こういったケースでは購入時の実印と売却時の印鑑が違ってしまいますが、それでも問題なく売買できます。

やんちゃん
別の実印でも大丈夫なんだね!
ただし、実印はあくまで役所で印鑑登録したものですので、作成しただけでは実印にはならないので注意しましょう。
しろくるま

そもそも実印とは?車関係で使う場面はいつ?名義変更などで使う

書類

そもそも実印とは自分専用の印鑑で、自分の意思で捺印したことを証明するものです。そのため実印が必要な場面でそれ以外の印鑑で捺印されたものは契約が成立しません。

また実印はただ印鑑を購入すればいいというのではなく、市町村役場にて登録が必要です。

印鑑登録については市町村によって規定が若干異なることがありますが、主に以下の通りになります。

  • 印影の大きさが8mm以上25mm以下の正方形に収まるサイズ
  • 姓名の外側に輪郭がある
  • 姓名、姓のみ、名前のみの刻印
  • 1人1個のみ登録可能
  • 家族などの登録がされていない印鑑

車関係で使用する場面としては、車を売買した時の名義変更や廃車にする場合に使います。

主に譲渡証明書と委任状に実印を押しますが、それにより確かに自分の意思で譲渡した、また委任したという証明になります。

こちらもチェック
【やさしく解説】車売却&買取『委任状』の書き方とダウンロード方法

車売却(買取)の際に必要な書類の1つに委任状があります。 委任状はその名の通り任務をゆだねる書面という意味があり、車売却においては車の名義変更などの面倒な手続きを買取業者に依頼する際に必要になります。 ...

続きを見る

【簡単】役所で実印登録する流れと必要書類

実印を使うためには住民票のある市町村役場にて実印登録する必要があります。その流れは以下の通りです。

目次(クリックでスクロール)

【ステップ①】実印の作成・購入

書類

まずは実印にする印鑑を準備します。実印に使用する印鑑はサイズや形、文字には規定がありますが、基本的にどのようなものでもOKです。

そのため実際は100均で売られている三文判の印鑑でも構わないのですが、大量生産された印鑑だと偽造されるリスクがあるので避けるべきです。

やんちゃん
実印ってどんなもので良いんだ!
極端に言えば自分で作成した印鑑でも構いません。ただ実印は車売却の時だけでなく、今後も色々と使用する場面があるので、壊れにくいしっかりとしたものがおすすめです。
しろくるま

【ステップ②】印鑑や身分証明書など必要書類を3点準備

書類

役所で実印登録するためには、以下の3つの必要書類が必要となるので、事前に準備しておくとスムーズに申請が終わります。

  1. 実印用の印鑑
  2. 身分証明書
  3. 手数料

ただ身分証明書といっても顔写真付きのものでなければいけないので、健康保険証ではなく運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが必要です。

ただすでに車をお持ちの方ですので、運転免許証は常に持ち歩いているでしょうし、手数料も数百円程度なので現実的には実印用の印鑑だけとなります。
しろくるま
やんちゃん
実際に用意するものといえば手数料と印鑑ぐらいなんだね。

【ステップ③】住民票の市役所へ

車の運転

必要書類が準備できたら、市町村の役所で印鑑登録証の申請に向かいます。

ただ印鑑登録証の申請は基本的にご自分の住民票がある自治体の市役所で行う事になります。

注意ポイント

引っ越しや転勤などで住所移転をしていない時などは、住民票がある自治体まで行かなければいけないので注意が必要です。

市役所に着いたら窓口にて印鑑登録をしたい旨を伝えると、必要書類を渡されます。市役所の混雑次第ではありますが、申請自体は10分程度で完了します。

【ステップ④】印鑑登録申請書を提出

印鑑

市役所の窓口で印鑑登録をしたと伝えると、印鑑登録申請書が渡されますので、それに印鑑登録をする方の住所・氏名・生年月日を記入し申請者の欄の本人にチェックを入れます。

印鑑登録の申請は本人だけでなく代理人でも可能ですが、その場合には代理人にチェックを入れ、代理人の住所・氏名・連絡先を記入します。

代理人が申請する場合には以下の書類も必要になります。

  1. 代理人の本人確認書類
  2. 印鑑登録する方からの委任状
  3. 印鑑登録する印鑑

【ステップ⑤】実印を押印して身分証明書を提示

相談

印鑑登録申請書に必要事項を記入したら、最後に実印を押印して市役所の窓口に提出します。この場合、印影にかすれやにじみが出ないように正しく押すことが大切です。

また同時に顔写真が入った身分証明書も提示します。車を持っている方ならたいていは運転免許証をお持ちでしょうからそちらを提示すればいいです。

やんちゃん
運転免許証がない場合はどうしたらいいかな?
もし持ってない場合はパスポートやマイナンバーカードでもOKですが、健康保険証だと即日登録はできずに後日郵送となります。
しろくるま

【ステップ⑥】印鑑登録証を受け取り手数料を払う

電卓

印鑑登録申請書を提出したら、あとは市役所の処理を待つだけです。処理が終われば印鑑登録証が発行されるので受け取ります。

この時に発行手数料もかかりますので、それを支払って手続きは完了です。

ポイント

発行手数料の額については自治体によって若干の差はありますが、新規登録の場合は無料としている自治体も多く、高くても300円程度です。

また紛失もしくは登録する印鑑を変更する場合は有料となることが多いですが、それでも高くて1,000円程度になります。

【チェック】実印登録と一緒に車売却時に必要な書類を取得

実印登録するために役所に訪れたのであれば、一緒に車売却時の必要な書類も取るといいでしょう。必要な書類としては条件によって異なりますが、主に以下の3つがあるので自分にどれが必要か確認してください。

目次(クリックでスクロール)

実印登録と一緒に車売却時に必要な書類

印鑑証明書(軽自動車の売却の場合は不必要)

ハンコ

車売却時には軽自動車以外は印鑑証明書が必要になります。

印鑑登録と混同する方もいるかと思いますが、印鑑登録は印鑑を実印として登録する手続きであり、車売却時には捺印した実印が本物であることを証明するのが印鑑証明書です。

実印が必要な契約の際には必ず印鑑証明書も必要となりますので、印鑑登録とともに市役所で一緒に手続きをすると手間が省けます。

やんちゃん
手数料とかって必要?
印鑑証明書の発行には300円程度の手数料がかかるので、準備が必要です。
しろくるま

有効期限に注意!車売却で使える印鑑証明はいつ発行したもの?3ヶ月以内

カレンダー

印鑑証明書はいつ発行しても大丈夫というわけではありません。

実は有効期限があり車売却時に提出する書類としては発行から3ヶ月以内のものとされています。

やんちゃん
3ヶ月以前のものは再発行しないといけないの?
そうですね。3ヶ月以内ですので、それ以前に取得していたものならば、再発行が必要です。
しろくるま

車売却で印鑑証明は何通必要?1通か2通かどっち?2通必要

マニュアル

車売却では印鑑証明書が必要ですが、取得する際には2通取得します。

車売却では譲渡証明書と名義変更を業者に依頼するための委任状の2つの書類が必要になりますが、印鑑証明書は書類1つにつき1通の証明が必要とされているため、ご自分で名義変更される場合以外は2通必要です。

名義変更について詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてください。
しろくるま
こちらもチェック
親名義や他人名義の車
「親名義や他人名義の車売りたい」代理は?必要書類や手続きの注意点

車買取の手続きは、通常その車の所有者本人が行います。 やんちゃん 高齢の親に頼まれて売却する場合とかはどうすればいいの?? (新車を求めて三千里) 明日は新車納車&旧車引渡し作戦。 旧車の売却 ...

続きを見る

車売却時に印鑑証明書は悪用されることはないのか

ディーラー

印鑑証明書は実印を証明する大切な書類です。それを買取業者に渡したら悪用されることはないのか不安になる人もいるはずです。

印影から実印を偽造される可能性はゼロではありませんが、車買取ではほとんど問題はないです。

やんちゃん
印鑑証明書が悪用されることがないなら安心でよかった!

住民票

書類

住民票はその名の通り現在の住所を証明する書類です。ただ住民票に関しては車買取で必ず必要というわけではなく、車検証の住所と現在の住所が異なる場合に必要です。

軽自動車を売却する場合には住民票が必要になります。
しろくるま

戸籍謄本(名字が変わっている場合のみ)

書類

戸籍謄本は戸籍に記載されている全員の身分を証明する書類です。

結婚または離婚などで車検証に記載されている名字と現在の名字が異なるケースもあり、その場合には戸籍謄本が必要です。

ポイント

ちなみに結婚・離婚でも名字が変わらない場合は不要です。

まとめ

車売却に実印と印鑑証明はいらない?実印登録から必要書類まで【全ステップ】

このように普通車を売却する場合には実印と印鑑証明が必要になります。これがないといくら車買取額に納得したとしても契約を交わすことができません。

車をお持ちの方は購入する際に実印をお持ちでしょうから、特に問題はないはずです。

ただ実印またはその印鑑登録証が紛失したというケースもありますので、その場合には再発行もしくは登録変更する必要があります。

やんちゃん
印鑑登録をするときに気を付けることってある?
印鑑登録にはそれほど時間はかかりませんが市役所が休みだと手続きできないので、早めに準備しておくといいです。
しろくるま

車検切れ、故障した愛車を
必ず買取する「カーネクスト」

廃車買取カーネクスト

走行距離10万km以上、15年以上前の古い車や故障車などは中古車市場では価値が低いのが現実です。そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能。逆に処分費用を請求される場合もあります。

しかし『カーネクスト』ならそんな愛車でも買取が可能です。カーネストは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出すため、想像以上の価格が付く場合も…。

「ボロボロだし価値0でしょ…」と思って諦めている方は、少しでも高い値段で買い取れるカーネクストでぜひ査定してください。カンタン20秒で無料依頼ができますよ。

\ 廃車買取【カーネクスト】/

無料査定はこちら

※カンタン20秒で愛車の価格をチェック

人気記事

1

車を手放す時、どんな方法で売るかによって売却金の結果は大きく変わってきます。 これは人気の車種や比較的年式の新しい車だけでなく古い車、10万km以上走っている車まですべての車に当てはまります。 やんち ...

2

「あなたの愛車、売り方を間違えると大損しますよ!?」 売り方さえ間違えなければ、誰でも簡単に高く売却できるようになっているんです。 やんちゃん 誰でもカンタンにって…今は中古車が高騰してるから高く売れ ...

【トラブル例あり】車買取の再査定・二重査定で減額!トラブル回避の対処法 3

やんちゃん そもそも再査定とか二重査定ってどういう意味?? 再査定、二重査定とは売買契約した後に再度査定を行うことです。 しろくるま 車買取では少しでも高く買取してくれる業者に売りたいものです。 ただ ...

-車買取の基礎知識