広告 車買取の基礎知識

【車買い替え完全ガイド】もったいない?乗り換え時期や費用&全流れ

今持っている車を売って新しい車に替える場合、売却との購入の両方の手続きをしなければなりません。

スムーズに手続きをするためには、事前にいくつかの準備をしておく必要があります。その流れを知り、準備を進めましょう。

同時に、車の買い替えにどのくらいの費用がかかるのかを事前にチェックし予算を立てておくことも大事です。

車の売買代金以外にもかかる諸費用を確認すると共に、できるだけお得に乗り続けるポイントをチェックしてみましょう。
しろくるま

【下取りから納車まで完全ガイド】車買い替え&乗り換えの流れ

車買い替えを下取りという形で行う場合、どのような流れで手続きを進めていくのかを確認していきます。

それぞれのステップですべきこと、事前に準備しておくものをチェックしスムーズに行えるようにしていきましょう。

目次(クリックでスクロール)

【買い替えSTEP①】今の車の買取相場を調べておく(売却方法の検討)

車とお金

全体の予算を知るためにも、まずは今の車がどのくらいで売れるのかを調べることから始めます。

もし高く売れるなら、新しく購入する車のグレードを上げられるかもしれません。逆に、思ったほど高く売れないこともあります。

車を売るには買取専門店で売却する方法と、新しい車を購入するお店で下取りをしてもらう方法があります。

やんちゃん
買取専門店の買取と下取りどっちがいいかな?
売り方やお店によっても査定額が大きく変わってくることもありますので、最もお得に売れる方法も検討しましょう。
しろくるま

【買い替えSTEP②】車種を選ぶ

車

次に乗りたい車の候補を挙げていきます。家族構成や用途などによって、車のサイズやタイプを考えます。

人によっては、このメーカーがいいとメーカーを限定することもありますが、そうでなければ複数のメーカーのモデルをチェックします。

大まかなモデルを絞り込むことができたら、グレードも絞り込んでいきます。

ポイント

同じモデルでもガソリン車かハイブリッドか、また装備によってもかなり価格が変わってきます。

予算との兼ね合いでどのグレードが妥当かを決めましょう。

【買い替えSTEP③】販売店選び・購入金額の交渉

相談

どこで下取りを出し、次の車を買うかを決めます。その際には、最初から一つのお店に限定するのではなく、複数のお店の情報を集めて比較することが大事です。

場合によっては、それぞれに買取査定をしてもらい価格を比較することもできます。

販売店を決めたら、新しい車の購入価格の見積もりを正式に出してもらいます。いきなり最初から最終価格ということは少ないので、値引きを狙って交渉をしましょう。

やんちゃん
値引きの交渉以外にもないかな?
割引だけでなく、オプションの無料装備なども打診できます。
しろくるま

【買い替えSTEP④】乗り換え前の車を査定

査定

下取りの場合、次の車の購入価格の交渉と同時進行することが多いですが、今の車の査定をしてもらいます。

車をお店に持ち込むことが多いですが、事情によっては自宅まで来てもらっての査定も可能としているお店もあります。

査定額は走行距離や年式、現在の人気、車の現状などによって変わってきます。

オプション装備などがあるとプラス査定となることも多いので、積極的に車の良いところをアピールしてプラスとなるように交渉しましょう。
しろくるま

【買い替えSTEP⑤】車の売却に必要な書類を準備

チェックリスト

車の売却に必要な書類は、普通車か軽自動車かによって変わってきます。どちらの車でも必要になる書類としては、次のようなものがあります。

普通&軽自動車
売却時の必要書類一覧
書類 普通 軽自 備考
実印
認印
印鑑証明書 発行後1ヶ月以内のもの×2通
自動車検査証
(車検証)
現住所、氏名の確認が必要
自賠責保険証明書
自動車納税証明書 有効期限の確認
軽自動車納税証明書 有効期限の確認
振込口座情報
リサイクル券
住民票 ※住所変更が一度の場合
戸籍の附票
または住民票の除票
※住所変更が複数回あった場合
戸籍謄本 ※結婚などで姓が変わっている場合
各買取店で作成する書類
(※準備必要なし)
書類 普通 軽自 備考
譲渡証明書
委任状
自動車検査証記入申請書

その他に、委任状や譲渡証明書などの書類を販売店で準備しますので、サインや捺印をして作成します。

【買い替えSTEP⑥】購入契約と必要書類

契約書

今度は新しい車の購入契約を結びます。契約書にはその金額や車の情報、保証期間、引き渡しの方法と期日などが記載されています。

後からトラブルが生じることがないよう、しっかりと確認してサインしましょう。

車の購入に当たって必要な書類は多くありません。次のようなものです。

  • 印鑑(普通車は実印)
  • 印鑑証明書(普通車のみ)
  • 委任状
  • 車庫証明書(軽自動車は不要なこともある)

【買い替えSTEP⑦】車購入の支払い

車と電卓

下取りの場合は、今の車を売った代金から、新しく購入する車の価格と手続きや税金などの諸費用の合計を引いた金額を支払うことになります。

下取り価格よりも購入費用が上回る場合は、その差額を支払います。

現金での支払いや銀行口座への振り込み、一部ではクレジットカードでの支払いが可能です。

注意ポイント

カーローンを組む場合には、別途審査が必要となりますので、書類を揃えて金融機関からの返事を待ち支払いとなります。

【買い替えSTEP⑧】自動車保険

相談

自賠責保険は強制加入ですので、購入時にまとめて加入手続きと支払いをします。

一方の任意保険は自由ですので、入らなくても買い替え自体はできます。しかし、万が一に備えて加入することをおすすめします。

今の車と新しい車の名義人が一緒であれば、同じ保険内容で車の入れ替えをすることができます。

保険会社に新しい車の情報と、いつ入れ替わるか日付を伝えて手続きをしてもらいましょう。

保険料は変更になるので差額分を確認します。
しろくるま

【買い替えSTEP⑨】納車(買取業者へ代車の返却)

車の契約

新しい車の点検整備や名義変更、登録手続き、オプションの装着などが終わったら納車となります。

お店に行って受け取ることが多いですが、指定場所まで持ってきてくれるケースもあります。

その際に、新しい車が来るまでの間代車を依頼していたのであれば、納車と引き換えに返却することになります。

やんちゃん
納車時に気を付けることってある?
納車時には車内外の様子を一通りチェックして、傷や破損、オプションの装備が確実になされているかなどを確かめると安心です。
しろくるま

車買い替えの費用~税金・自動車保険・代行費用など~

計算

車を購入する時には、車両本体の代金の他にも、いわゆる諸費用とされる税金や手続きの手数料、行政上の手数料がかかってきます。

税金としては自動車税が必ずかかり、車種によって税額が変わってきます。

自賠責保険も車種によって支払うことになり、中古車の場合は購入するタイミングによって保険料が変わってきます。

他に、リサイクル券の費用がかかってきますが、新車でも中古車でも変わらず支払いが求められます。

後は、お店に手続きを代行してもらう時にかかる費用です。

ポイント

たとえば、車両登録費用や車庫証明登録代行費用などがあります。他にも、クリーニング費用や保証費がかかることも多いです。お店との交渉で削れるものもありますので話し合ってみましょう。

買い替えもったいない?乗り潰す?乗り換え時期はいつがベストか

車一括査定

同じ車を乗り潰した方が良いと考える人もいます。新しい車を購入する費用がかからないですし、上手に乗ればかなり長く乗り続けられるからです。

とはいえ、古くなると修理費やメンテナンスといった費用がかさんできます。

さらに、古い車は燃費が良くない傾向にあるので、ガソリン代が余計にかかってしまうこともあります。

性能やデザインなどが古い車に乗り続けるのに抵抗がないのであれば構いませんが、新しい車の方が良いという人にはデメリットです。

やんちゃん
買い替えのタイミングって難しいんだよね。
買い替えを考えているのであれば、年式が古くなる前、具体的には8年以下、そして走行距離10万km未満のタイミングで売ると買取額が付きやすいです。また、車検を通すと余計な出費がかかるので、車検前の方が良いでしょう。
しろくるま
こちらもチェック
車買い替えもったいない
【失敗?】車買い替えがもったいない3つのケース!損する前に見て

やんちゃん 車買い替えたいけど、まだ乗れそうだしもったいない気がするんだよね…。 高額な買い物ですし、もったいないと感じる方も多いと思われます。また、手続きなどを考えても気軽に買い替えはできません。 ...

続きを見る

車買い替え&乗り換えに関するQ&A

車の買い替えには、古い車の売却や処分、そして新しい車の購入に伴う様々な手続きが生じます。

こうした手続きはいろいろなルールに従う必要があり疑問点も出てきます。よくある質問をチェックして答えを探してみましょう。

目次(クリックでスクロール)

【Q1】車を買い替える際に廃車手続きはどうやるの

新しい車を買う販売店で廃車をしてくれるのであれば、まとめて依頼すると便利です。

納車まで乗り続けて、新しい車と交換する形で古い車を引き渡して廃車できます。そうでなければ、別に廃車業者を探して手続きをします。

廃車手続きには、車検証や自賠責保険証明書、リサイクル券などの売却時と同じ書類が必要となります。

これに加えて、業者から渡される委任状などの書類にサインして提出しますが、引き渡しの日にその場で作成する形でも問題ありません。

廃車にすると、自賠責保険や一部の税金について、満期までの残りの期間に応じて還付金が生じます。

やんちゃん
還付金をもらえるのは嬉しいね!
必ずいくら還付されるか確認し、その受け取りがどのようになされるのかをお店側に尋ねておきましょう。
しろくるま
こちらもチェック
「廃車費用の相場はいくら?」無料廃車を行う裏技&還付金を貰う方法
「廃車費用の相場はいくら?」無料廃車を行う裏技&還付金を貰う方法

今の車がかなり古くなって買い替えたい、修理するのが大変なほど車の調子が悪いなどの理由で廃車にすることがあります。 そんな時は、スクラップする業者のところに車を持ち込み、廃車手続きをする必要があります。 ...

続きを見る

【Q2】車乗り換え時にETC車載器やETCカードはどうする?

運転

ETC車載器は査定に大きな影響がないため、取り外して売ることもできます。

ただし、取り外しを依頼する場合はその分の費用がかかりますので、そのまま付けた状態で売った方がトータルではお得になります。

また、ETC車載器は車ごとにセットアップするものですので、取り外したものをそのまま新しい車に取り付けることはできません。

指定された店舗で新しい車の情報に合わせたセットアップをする必要があります。

注意ポイント

ETCカードは必ず売却の時に抜いて、自分で保管しましょう。個人情報はETC車載器には登録されていませんので、ETCカードさえ抜いておけば、特に情報漏えいなどの問題はないので安心できます。

【Q3】ナンバーをそのまま引き継ぐことはできるの?

ナンバープレート

今の車を売ったり廃車したりする時には、ナンバープレートをそのまま渡す必要があります。そのため、新しい車への付け替えはできません。

ただし、新たにナンバープレートを発行する際、番号を指定することは可能です。

【Q4】任意保険の切り替え・変更のタイミングはいつするの?

今までの車の保険は不要となり、今度は新しい車で任意保険に加入する必要があります。

ほとんどの場合、同じ保険で切り替えができます。スムーズに手続きをするためには、納車前に手続きを済ませておくと良いです。

保険会社のルールでは、納車の翌日から30日以内に手続きを終了することが求められています。

やんちゃん
切り替えの手続きを忘れるとどうなるの?
保険の切り替えの手続きをしないと、いったん解約して新しく保険に入り直す形となってしまうこともあるので注意しましょう。
しろくるま
こちらもチェック
車買い替え&売却時の保険手続き!自賠責や任意保険で損しない全知識
車買い替え&売却時の保険手続き!自賠責や任意保険で損しない全知識

車売却の金額には、車本体やオプション装備の価格以外にも、いくつかの費用が含まれます。その中には保険金もあります。 車の買い替えに伴う諸々の手続きをしてるわけだけど… 毎度のことだけど…めんどくせぇ…! ...

続きを見る

【Q5】ローンが残っている車は買い替えできない?できる?

ローン

ローンが残っていても買い替えはできます。基本的には、ローンの残額を一括返済して売却することになります。

売却金額よりもローン残債の方が多い場合は、その差額を支払って売却する必要があります。

通常は、新しい車の購入費用とまとめて支払います。

ローン一括返済や名義変更、ローン会社への連絡などは、基本的に販売店ですべて行ってくれますので、お店側が用意する書類を準備すればスムーズに買い替えができます。
しろくるま
こちらもチェック
「ローンが払えなくても買い替え可」ローン残債の車を売却する方法
「ローンが払えなくても買い替え可」ローン残債の車を売却する方法

車を売却したいと考えているものの、まだローン残債があると、果たしてこのまま売れるのだろうか?と疑問に思うかもしれません。 実はローンありでも問題なく車は売れます。 乗り換え計画にあたってディーラーに車 ...

続きを見る

まとめ

【車買い替え完全ガイド】もったいない?乗り換え時期や費用&全流れ

車の買い替えには、古い車の売却と新しい車の購入のそれぞれで手続きがあり、求められる書類も違います。

できるだけ早く、スムーズに買い替えを完了するためにも、事前に流れを押さえ書類を準備しておきましょう。

また、中古車の査定や下取りの価格はお店によっても変わってきます。

複数のお店で見積もりを出してもらい、よりお得に次の車に乗り換えられるように比較することが大事です。

少し手間はかかりますが、こうした比較を必ず行いましょう。
しろくるま

車検切れ、故障した愛車を
必ず買取する「カーネクスト」

廃車買取カーネクスト

走行距離10万km以上、15年以上前の古い車や故障車などは中古車市場では価値が低いのが現実です。そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能。逆に処分費用を請求される場合もあります。

しかし『カーネクスト』ならそんな愛車でも買取が可能です。カーネストは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出すため、想像以上の価格が付く場合も…。

「ボロボロだし価値0でしょ…」と思って諦めている方は、少しでも高い値段で買い取れるカーネクストでぜひ査定してください。カンタン20秒で無料依頼ができますよ。

\ 廃車買取【カーネクスト】/

無料査定はこちら

※カンタン20秒で愛車の価格をチェック

人気記事

車一括査定ランキング 1

車を手放す時、どんな方法で売るかによって売却金の結果は大きく変わってきます。 これは人気の車種や比較的年式の新しい車だけでなく古い車、10万km以上走っている車まですべての車に当てはまります。 やんち ...

2

「あなたの愛車、売り方を間違えると大損しますよ!?」 売り方さえ間違えなければ、誰でも簡単に高く売却できるようになっているんです。 やんちゃん 誰でもカンタンにって…今は中古車が高騰してるから高く売れ ...

【トラブル例あり】車買取の再査定・二重査定で減額!トラブル回避の対処法 3

やんちゃん そもそも再査定とか二重査定ってどういう意味?? 再査定、二重査定とは売買契約した後に再度査定を行うことです。 しろくるま 車買取では少しでも高く買取してくれる業者に売りたいものです。 ただ ...

-車買取の基礎知識