広告 車買取の基礎知識

走行距離【5万&10万km】車査定に与える影響!減額相場と過走行基準

走行距離【5万&10万km】車査定に与える影響!減額相場と過走行基準

自分の車がいくらで売れるのか、売却を考えているのならとても気になるところです。

車買取価格を決める要素はいくつもありますが、重要度が高いものの1つに走行距離があります。

やんちゃん
車の買取で走行距離が大切ってよく聞くけど実際どれくらい影響あるのか分からないな…
具体的にどれくらい影響あるのか分からない方は多いでしょう。そこでどのくらいの走行距離で価格が下がっていくのか、基準となる距離を解説していきます。
しろくるま

また、査定額に影響を及ぼす他の要素もチェックして、大まかな査定額相場を導き出せるようにします。

走行距離は重要!5万キロで「多走行車」10万キロで「過走行車」

走行距離

車の寿命は、年式と共に、走行距離によっても変わってきます。当然、たくさん走っている車はそれだけ部品の摩耗なども多くなっていますので、価値が下がってきます。

走行距離が伸びるほど評価は下がるのですが、急激に価値が下がるポイントがあります。

その目安となるのは2つのラインで、「多走行車」となる5万キロと、「過走行車」となる10万キロです。

そのため、売却を考えているのであれば、どちらかの走行距離に至る前に売った方が良いです。

やんちゃん
どうして走行距離を知っておいた方がいいの?
相場を見極めるのに役立ちますので、走行距離と査定額の関係をきちんと理解しておきましょう。
しろくるま

買取査定の評価基準となる「JAAI」で見る走行距離の減点内容

4.走行キロの評価
走行キロの評価は適用表に基づき加減点を行う。(基本価格×加減率)
細則
1.走行キロ加減点は原則として積算計の走行キロ数によって行う。
2.自動車検査証記載の車検時の走行キロ、定期点検記録簿、オイル交換及び各エレメント類交換ラベル等から推定走行キロ数が特定できる場合は、推定走行キロ数によって加減点を行う。

引用元:JAAI「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕

買取査定の評価するために、JAAIという機関では走行距離によって、どのくらいの減点がなされるかの表を作っています。

それによると、1年ごとにどのくらいの点数が減点されていくかが示されています。

車種ごとにその適用表が作られていますので、実際の走行距離と比較することで減額がどのくらいになるのかが明らかです。

ポイント

基本は1年ごとに段階的に下がっていくのですが、やはり5万キロを超えた段階でぐっと下げる傾向にあります。

【シュミレーション】人気車種の走行距離5・10・15・20万キロの査定額

車種/走行距離 1万km 3万km 5万km 7万km 10万km 15万km 20万km
プリウス 163万円 143万円 134万円 128万円 121万円 114万円 108万円

ポイント

上記の表は2018年式グレード「A」のプリウスの平均買取相場を参考にしています。

《重要》査定目安になる中古車の走行距離は『1年1万キロ』

走行距離

査定の際には、単に走行距離だけを見ているのではありません。年式と走行距離のバランスもチェックされます。

短い期間で長く走っている車は、それだけ負担が大きくて、性能が落ちる傾向にあるからです。その目安は、1年で1万キロという割合です。

ですから、3年落ちの車であれば3万キロというのが平均的な走行距離だとされます。平均であれば、減点が増えることはありません。

年数は経っているのにそれほど走行距離は多くない車だと、逆に加点されることもあります。

やんちゃん
年数は経っているのに走行距離が多くない車はどうして加点されるの?
年式の割に利用頻度が少ないので、パーツの性能が保たれると判断されるからです。
しろくるま

『1年1万5000キロ超』の過走行車&多走行車は減額対象

電卓

走行距離が5万キロ、10万キロを超えた多走行車や過走行車の中でも、さらに減額対象となってしまうものもあります。それは、年式の割にたくさん走っている車です。

具体的には、1年で1万5000キロを超えて走っている車については、大きく減点される傾向があります。

やんちゃん
どうして走っている車は大きく減点されてしまうの?
やはり、その分無理な使い方をしているということで、性能が落ちていると見られてしまうからです。
しろくるま

『1年5000キロを超えない』過小走行車&低年式走行車も減額対象

車と電卓

では、走行距離が少なければ少ないほど良いのかというと、そういうわけでもないのです。

逆に、あまりにも走っていない車も減額されてしまうことがあります。

やんちゃん
走っていないと減額になるんだ!具体的にどれくらい走っていないと減額なの?
正確には、1年で5000キロ未満の車です。
しろくるま

車は定期的に動かしていないと、オイルが循環しないなどの理由で、劣化が早く進む傾向にあります。

機械モノなので、使うことでパフォーマンスを維持できるのです。そのため、使っていない車は低評価となってしまうわけです。

「多走行車や過走行車が売れない」は誤解

車

高い査定額を望むのであれば、走行距離が短いものが有利です。といっても、多走行車や過走行車が売れないわけではありません。

以前は10万キロオーバーだと売れないと言われていましたが、今ではそんなことはありません。

車の性能が伸びてきていますので、今の車であれば10万キロを超える過走行車であっても問題ありません。もちろん、査定額は下がりますが、0円となるわけではないのです。

かなり走っているものでも、車種によっては国外への中古車輸出販売によって、取引ができるものもあります。

やんちゃん
1店舗で諦めるのはもったいないんだね!
そうですね。1つの車買取店で値が付かないと言われても、複数の業者で査定をしてみると良いでしょう。
しろくるま

走行距離以外に車査定額に影響している評価項目

このように、走行距離は直接的に査定評価を左右します。それ以外にも査定額を上下させる要素がありますので、そこも押さえておきましょう。

目次(クリックでスクロール)

【項目①】車の年式

黄色の車

車自体が新しいか古いかは、評価を左右します。自動車の場合は納車日ではなく、年式が評価対象であり、1月1日ごとに評価されます。

極端に言えば、12月31日納車でも、1月1日になれば1年落ちと見なされるということです。

やんちゃん
1年落ちになるとどれくらい査定額下がるの?
年数にもよりますが、相場としては1年経過することに30パーセント程度、査定額ダウンとなる傾向があります。
しろくるま

それだけに年式が査定額に及ぼす影響は大きく、走行距離に次ぐ影響度となります。

【項目②】事故歴・修復歴

車検

駐車時に軽くぶつけたという程度ではなく、フレームが曲がったとか、足回りを損傷したといった事故歴、修復歴がある車は、大きなマイナス査定となります。

いくら新しくても、走行距離が短くても、低評価です。事故歴・修復歴は、影響度で言うと一番大きな要素に該当します。

注意ポイント

事故歴と修復歴については、必ず売り手が告げるべき重要項目に入っていますので、絶対に嘘をついたり隠したりしてはいけません。

【項目③】各買取店や中古車市場のニーズ

白い車

中古車の相場は、市場のニーズによって変わってきます。

アウトドア系の車に人気があれば高くなりますし、ガソリンが高騰してくれば、燃費の悪い車は売りづらくなります。

その時々で評価が変わる理由はここにあります。また、買取店で特定の車種やメーカーについて、買取強化をしていることがあります。

ポイント

中にはスポーツカー専門店など、車のジャンルによって買取額が変わってくることもありますので、お店選びは大事です。

【項目④】車両の状態(内装・外装)

査定

ボディーに傷や凹みがいくつもある場合、車の性能そのものは良くても評価は下がります。販売前に板金などの手をかけることになり、その分経費として飛んでいってしまうからです。

こちらもチェック
【事故車必見】傷やへこみの「減額基準と査定相場」車買取はコレで対策
【事故車必見】傷やへこみの「減額基準と査定相場」車買取はコレで対策

車買取ではキズやへこみが減額の対象になってしまう可能性があります。特にちょっとしたキズやへこみではなく事故車扱いとなってしまった場合は、買取額が大きく減額されてしまいます。 ただそれくらい減額になるか ...

続きを見る

同じように、シートの汚れやインテリアパーツの破損、ナビの故障も減点対象となります。

逆に、きれいな状態で、機能がすべて整っていればプラス査定となって、高額を付けてくれることもあります。

下取りは厳しい!走行距離を気にせずに高く売るなら『車一括査定』

車一括査定のメリット

中古車を売る方法を大きく分けると、車買取店に売却するか、ディーラーなどに下取りに出すかです。

しかし、下取りは全体として査定額が低くなる傾向にありますので、おすすめできません。特に走行距離が伸びている場合、大幅にダウンするリスクがあります。

その点、車買取店への売却であれば、相場をきちんと踏まえて、納得できる価格で査定してくれます。

車一括査定のサービスを利用すれば、1回の手続きで何社もの買取店に査定依頼を出すことができて、とてもスピーディーです。

しかも、ライバルとの競争が生まれますので、より高い査定額が出るという良さもあります。

複数の買取店に査定依頼するなら間違いなく車一括査定がおすすめです。編集部で何度も利用してきましたが、想像以上の査定額が付いています。なぜ車一括査定が良いかはこれから詳しく説明しますね。
しろくるま

知らないと損するかも!?
車を高く売るなら『車一括査定』

車一括査定サービスなら、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できます。

本来なら買取店を自らまわって相見積もりを取って価格交渉するところを、自然に買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれます。

例えば3社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。

業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 愛車を高く売りたい方
  • リアルな査定額を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方
  • 時間と手間を費やしくない方

このような方には必ず利用してほしいサービスです。

【2024年5月最新版】
車一括査定おすすめ人気ランキング《3選》

車一括査定ロゴ

  カーセンサー MOTA車買取 カーせる
運営企業 リクルート MOTA カーせる
掲載業者数 1000社以上 500社以上 13000社以上
大手買取業者 △(一部参加)
同時査定依頼数 30社 20社 1社
業者選択 × ×
入力時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
連絡 メール希望可 最大3社のみ 営業電話なし

【1位】カーセンサー おすすめ

編集部イチオシ

おすすめ理由

  • 同時査定依頼数30社は業界No.1
  • 大手の競合会社が多く高額査定率も高い
  • メール&電話時間も指定可

当サイト編集部が車一括査定サービスで最もおすすめしているのがリクルート社運営の『カーセンサー

買取業者数が1000社を超え、ビッグモーターやアップル、カーセブンなどの大手中古車買取店もほぼ網羅しています。

同時査定依頼も30社と業界最多のため、最も査定額が高い業者を選ぶ幅も広がります。

カーセンサーを利用して編集部所有のアルファードを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも70万円以上高い査定額がつきました。
しろくるま

高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスにはまだ出会っていません。編集部が太鼓判を押す車一括査定サービスです。

1000社以上が参加!!
『カーセンサー』

\ 本日終了まで --時間---

無料査定はこちら

※メール連絡OKで営業電話回避

【2位】MOTA車買取

mota車買取

おすすめ理由

  • 最大3社のみと交渉
  • 査定額が出るまでネットで完結
  • 最大20社が査定するため高額査定に期待

MOTA車買取』は最大20社がネット上で査定し、その中から高額査定の3社(最大)のみと売主が交渉する車一括査定です。

上位3社のみが交渉権をもつため、買取業者から電話は最大で3社のみ。

「査定額は知りたいけど営業電話は極力減らしたい…でも高く売りたい」という方におすすめの車一括査定です。

高額査定3社のみ交渉!!
『MOTA車買取』

\ 本日終了まで --時間---

無料査定はこちら

※営業電話は高額査定3社のみ

【3位】カーせる

おすすめ理由

  • オークション形式と一括査定を提案
  • オークション提携業者13000社は業界No.1
  • 上場企業が100%出資する

老舗オークションの株式会社オークネットが100%出資する子会社が運営する『カーせる

車両検査の専門機関(AIS)が出張査定し、あなたの愛車情報が全国13000社に一斉送信。

査定はAISが行うので査定は1回のみ、複数業者からの営業電話もなくカーせる1本のみです。

当然ながら、入札する業者が多いため査定額が高くなる可能性がグンと上がります。

オークション形式なら!!
『カーせる』

\ 本日終了まで --時間---

無料査定はこちら

※オークション形式で営業電話なし

まとめ

走行距離【5万&10万km】車査定に与える影響!減額相場と過走行基準

車査定において、査定額を決めるポイントのなかでも、走行距離はかなり大きな要素です。1年で1万キロくらいを目安として、走り過ぎかどうかが見られます。

妥当な金額かどうかを確認するために、走行距離によってどのくらい減額されるかを理解しておきましょう。

同時に、一括査定のサービスを利用するなどして、複数業者に査定をしてもらい、相場を知るようにしましょう。

一度に依頼できる車一括査定を紹介しましたが、当編集部が実体験した内容を掲載しています。ぜひ参考にしてください。
しろくるま

車検切れ、故障した愛車を
必ず買取する「カーネクスト」

廃車買取カーネクスト

走行距離10万km以上、15年以上前の古い車や故障車などは中古車市場では価値が低いのが現実です。そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能。逆に処分費用を請求される場合もあります。

しかし『カーネクスト』ならそんな愛車でも買取が可能です。カーネストは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出すため、想像以上の価格が付く場合も…。

「ボロボロだし価値0でしょ…」と思って諦めている方は、少しでも高い値段で買い取れるカーネクストでぜひ査定してください。カンタン20秒で無料依頼ができますよ。

\ 廃車買取【カーネクスト】/

無料査定はこちら

※カンタン20秒で愛車の価格をチェック

人気記事

1

「あなたの愛車、売り方を間違えると大損しますよ!?」 売り方さえ間違えなければ、誰でも簡単に高く売却できるようになっているんです。 やんちゃん 誰でもカンタンにって…今は中古車が高騰してるから高く売れ ...

【トラブル例あり】車買取の再査定・二重査定で減額!トラブル回避の対処法 2

やんちゃん そもそも再査定とか二重査定ってどういう意味?? 再査定、二重査定とは売買契約した後に再度査定を行うことです。 しろくるま 車買取では少しでも高く買取してくれる業者に売りたいものです。 ただ ...

-車買取の基礎知識