MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車買取や車下取りで実際にあったトラブル事例と回避のための対策
車売却ノウハウ

更新

車買取や車下取りで実際にあったトラブル事例と回避のための対策

車買取・車下取りで実際にあったトラブル

トラブル 注意

車を買い替える際や手放す際に利用する車買取業者ですが、不慣れな契約で理解しきれないまま進めてしまい、思わぬトラブルになるという事例が後を絶ちません。

査定後の減額トラブル

査定

車買取・車売却のトラブルでよくあるのが「査定後の減額トラブル」です。

これは、車の査定・買取後に傷などが見つかったため先に提示されていたよりも査定金額が減ってしまい、差額の返金を迫られるというものです。引き渡した後に車のエンジンをかけて走行させてみると異音など車の不具合が明るみに出た、もしくはへこみや傷などを見落としていたというのがこのトラブルの主な理由です。

査定後の減額トラブルの対処法

「査定後の減額トラブル」については、このようなトラブルを防ぐために大切なのは買取の際に交わす契約書をきちんと読む事と、事故歴や不具合といった車のマイナス査定になる点も正直に申告しておくという事です。

契約書の中に「買取後に傷や欠陥が見つかっても返金請求は行わない」と書かれている場合や、業者が査定時に口頭で同様の説明をしていた等の場合であれば返金を拒否する事も可能です。

契約書にサイン・拇印をした後の違約金トラブル

契約 印鑑 押印

契約書にサイン・拇印をした後の違約金トラブルもしばしばあります。

これは買取店へ車を売る事になり、契約書にサインと拇印をしたものの、やむを得ない事情ができて売却する事ができなくなったと後日申し出ると、業者から違約金を払えと言われたというものです。この事例では契約時に印鑑を持参していなかったため、契約書に印鑑での捺印ではなく拇印と署名を行い、そのため売り手側は「これは本契約ではなかったのではないか」と疑問を感じたようです。

契約書にサイン・拇印をした後の違約金トラブルの対処法

「契約書にサイン・拇印をした後の違約金トラブル」についてですが、トラブルに巻き込まれてしまった場合には、国民生活センターに相談するという手段もあります。たとえ拇印であっても印鑑での捺印同様に扱われる場合もあるため、契約の際の拇印は慎重にならなくてはいけません。

しかし、違約金として不当な金額を請求された場合は、消費者契約法に基づいて超過分を無効にできるケースもあります。このようなトラブルを防ぐためにも契約書は隅から隅まで目を通さなければいけません。もし、契約書を読む前にサインや捺印を急かしてくるような業者は要注意です。

買取契約成立後のキャンセル

契約
©iStockphoto.com/ dolgachov

契約書にサイン・拇印をした後の違約金トラブルと同様に車買取の契約後のトラブルで多いのが「買取契約成立後のキャンセル」です。車を売却できなくなった、もしくは別の業者や知人に引き渡したいなどその理由は様々ですが、このような場合にクーリングオフ制度や、キャンセルをできるのかどうかは契約書の内容次第のようです。

契約書の内容でクーリングオフやキャンセルについての記述がない場合、弁護士などに相談するのがおすすめです。

買取契約成立後のキャンセルのトラブル対処法

「買取契約成立後のキャンセル」にまつわるトラブルに巻き込まれてしまった場合にも国民生活センターへの相談が有効です。

ただし、クーリングオフ制度は特定の商品やサービスにおいて利用できる制度のため、車買取のトラブルには適用が難しい事や、契約書に記載がある場合を除いて、基本的には契約成立後の解除はできないという事を頭に入れておかなければいけません。

代金の振り込み延滞

値段 価格 電卓 お金

車買取のトラブルで注意したいのが車買取契約成立後の「代金の振り込み延滞」というトラブルです。

自動車売却の契約を行い、車を業者に引き渡して「〇月〇日に振り込みます」と振り込み日の連絡を受けたのに、一向に代金が振り込まれないため不審に思って業者に電話で連絡をすると繋がらず、後日実際に業者の元に足を運んだものの不在で、車の代金が受け取れないまま音信不通となってしまったという悪質なトラブルです。

代金の振り込み延滞のトラブル対処法

「代金の振り込み延滞」のトラブルを未然に防ぐためには、車や重要書類は代金と引き換えに業者に渡す事が有効です。なぜならば、先に全てを渡してしまうと持ち逃げなど取り返しのつかないトラブルが起こる可能性もゼロとは言えないためです。トラブルが起きてしまった時は支払いの督促を行うか、訴訟を起こすという手段を考慮しなければいけません。

また、連絡が取れる場合は「代金を振り込まなければ契約を解除する」と申し出て、車の返還を要求する事もできます。このようなトラブルに巻き込まれないためにもJADRI(日本自動車流通研究所)の加盟店で車を売却するなど、業者を見極める事も重要です。

車買取の一括査定で大手買取店で査定をしよう

まず、車の下取りは新車購入と売却が簡潔にできるメリットがある一方で、査定額が安くなりがちというデメリットがあります。そのため、下取り後のキャンセルなどでトラブルが起きてしまうかも知れません。

車買取の査定額で納得した上で売却したいのなら、車一括査定サイトで車買取業者を比較するのがおすすめです。

業界最大手「カーセンサーネット」で一括査定がおすすめ

カーセンサーネットは、リクルートが運営する車一括査定サイトです。
申込者の住所に基準にした車買取業者を最大30社までピックアップしてくれ、査定額を比較することが可能です。

車買取の販売業者は選びは買取価格も重要ですが、これまで自動車をたくさん売ってきた実績を持つ、ガリバーやビッグモーター、アップルなどの大手買取店を選ぶこともトラブルを防ぐ対策になります。
大手車買取店は接客のマニュアルも徹底されていますし、契約書の説明も丁寧なため、トラブルが起きにくく、安心して車売却ができます。

2021年8月31日まで、「SOMPOで乗ーる」で10万円以上で車を下取りするキャンペーンを実施中です。詳しくは以下バナーよりチェックしてみてくださいね。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ