MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車を買い替えた時の車庫証明はどうしたらいい?同じ場所でも車庫証明は必要?
車売却ノウハウ

更新

車を買い替えた時の車庫証明はどうしたらいい?同じ場所でも車庫証明は必要?

車とカーポート

そもそも車庫証明とはなにか

駐車場に並ぶ車

そもそも車庫証明とは「自動車保管場所証明書」の通称で、自分の車を保管する場所があることを証明する書類のことです。

車庫証明は基本的には新車・中古車に関わらず、車を購入したり、買い替えたりすると必要になります。

車庫証明の申請手続きは以下の場合に必要です。

  • 車を買い替える時
  • 住所変更をする時
  • 車の所有者を変更する時

そして車庫証明を行うには、3つの条件を満たさないといけません。

まず1つ目が「自動車の使用の本拠の位置と保管場所との距離が2km以内にあること」です。

車の保管場所と自宅を結んだ直線は2km以内の長さに収まらなければいけません。すなわち駐車場を探す際には自宅から半径2kmの円を書き、その中に入っていることが条件となります。

2つ目が「保管場所は道路から自動車が支障なく出入りでき、かつ自動車全体を収容できること」です。

車の保管場所に通じる道は幅員制限に抵触しておらず、問題なく通行できる必要があります。また、駐車した時に車体が道路などにはみ出していないことも要件の1つです。

最後に3つ目が「自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権利を持っていること」です。

車の保有者は、その保管場所を保有している、もしくは保管場所の保有者から承諾を得る必要があります。もし駐車場を管理している会社から保管場所を借りるのであれば、保管場所使用承諾証明書をもらうようにしましょう。

同じ場所でも車を買い替えるたびに車庫証明は必要

駐車場に停まっている白い車

車を買い替える場合は「自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法)」により、車庫証明書の提出が義務付けられています。

そのため、同じ保管場所を使用する場合でも、車の買い替え時には車庫証明の申請手続きが必要です。

仮に車庫証明の申請手続きをせず、虚偽の申請をして車を購入すると10万円以下の罰金が課されます。

車庫証明の手続きが必要ない例外もある

原則としては新たに車を買い替えるたび、車庫証明の申請手続きが必要です。しかし、軽自動車の場合には「自動保管場所届出書」と名称の変化があり、都道府県によっては車庫証明のような手続きがない地域もあります。

軽自動車の車庫証明が必要な対象地域は以下の通りです。

  • 東京や大阪などの都心から30km圏内にある市
  • 県庁所在地の市
  • 人口が10万人以上の市

人口が多い首都圏の近くに住んでいるならば、申請手続きが必要となる可能性があります。軽自動車の購入を検討している場合には事前に車庫証明が必要な地域であるか確認しておきましょう。

車庫証明を取得するタイミング

車庫証明を取得するタイミングとしては納車前に行います。買い替える車が決まっていない段階では車庫証明の申請ができません。購入することが決まり、契約した後に手続きを進めるようにしましょう。

車庫証明の申請手続きは警察署で行いますが、平日警察署に行けない場合は自分で車庫証明を取得するのが困難になるでしょう。

その場合、車の買い替えや購入時に販売業者に依頼して車庫証明を取得することも可能です。別途費用はかかりますが、車庫証明の申請手続きをすべて行ってくれます。

車庫証明の取得時に必要な書類

書類に印鑑を押すスーツ姿の人

車庫証明の必要書類は車の保管場所によって少しだけ異なります。ここでは、保管場所が自分の所有地である場合と自分の所有地でない場合に必要となる書類について紹介します。

保管場所が自分の所有地の場合

自宅の駐車場など自身の所有地内で車庫証明を取得する場合は、下記の3つの書類が必要です。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図、配置図
  • 自認書

これらの書類は警察署やインターネットで入手可能です。

自動車保管場所証明申請書は、車や個人の情報を記入して申請をします。この書類を申請することにより、保管場所と車の紐付けが完了します。

保管場所の所在図・配置図は、自宅から駐車場までの距離や駐車場の大きさが適切であるかを判断する材料になるので重要です。

最後に自認書は自分の所有地であり、土地や建物が自分の物であることを証明する書類になります。

保管場所が自分の所有地でない場合

自宅に駐車場がなく、自分の所有地以外で車庫証明を取得する場合は下記の3つの書類が必要です。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管管理場所の所在図、配置図
  • 保管場所使用承諾証明書

自動車保管場所証明申請書と所在図・配置図の2点は変わりありません。

そして保管場所が自分の所有地の場合は自認書が必要でしたが、自分の所有地ではない場合は「保管場所使用承諾証明書」を提出します。

保管場所使用承諾証明書は保管場所の位置や使用者と契約者の情報など、自認書に比べて記入する項目が多いので、早い段階で準備しておくことをおすすめします。

書類が揃った後の手続き方法

車のフィギュアと電卓

書類が揃えば警察署へ行き、申請手続きを行いましょう。書類に不備があった場合すぐに修正できるよう、認印を持参することをおすすめします。

基本的に警察署の受付時間は平日の9:00~17:00頃までです。また警察署の定休日は土日、休日、年末年始です。
警察署によって受付時間が異なる場合があるので、事前に受付時間は確認しておきましょう。

申請を行うと手数料が発生します。金額は都道府県によって異なりますが、おおむね2,000円程度です。また現金支払いではなく収入証紙を購入する場合もあります。

そして提出した書類に不備等がなければ、「納入通知書兼領収書」がもらえます。
これは車庫証明を受け取る際に必要になるので無くさずに保管しましょう。

申請書の交付までには3~7日程度かかります。申請後すぐに車庫証明は受け取れないので、納車日を考慮して申請の手続きを行う必要があります。

そして後日、車庫証明の受け取りのために改めて警察署へ行きます。申請の際にもらった「納入通知書兼領収書」を提出して、「標章交付手数料」の500円を支払います。

受け取りの際には、警察署から以下の3つが交付されます。

  • 自動車保管場所証明書:自動車の登録の際に必要な書類であり、基本的には販売店経由で運輸支局へ提出します。
  • 保管場所標章番号通知書:車検証などと一緒に保管しておくことをおすすめします。
  • 保管場所標章:車のリアガラスに貼るステッカーです。

以上の過程を完了させると、車庫証明の申請手続きは終了です。

車を買い替える予定なら買取査定を依頼しましょう

車のフィギュアと電卓とお金

車を買い替える予定があるなら、買取業者へ査定の依頼をしてみましょう。そして、査定額を高くしたいのであれば、複数の買取業者へ査定の依頼を出すことをおすすめします。

理由としては複数の買取業者に依頼を出すことで複数の見積もり額が集まり、自分の売却する車の相場を知ることができるからです。

しかし、1社ずつ査定の申請を出すのは非常に大変なので、一括査定をおすすめします。

一括査定とは、売却したい車の情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の買取業者に査定の申し込みができるサービスのことです。

以下で一括査定の2つのメリットについて紹介します。

一度で複数の業者に査定の依頼ができ手間が省ける

1つ目が「車と個人の情報さえ入力すれば、一度で複数の業者に査定の依頼ができること」です。一括査定の最大のメリットは、一度の情報で複数の買取業者に査定の依頼ができるということです。

一括査定の申し込みには車種やモデル、年式、走行距離等の入力が必要です。これらの情報の入力が完了すると、複数の買取業者から査定が行われます。

見積もりを見比べられることで複数社の中で最も値段が高い業者に売却できる

2つ目が「複数社の中で最も値段が高い業者に売却できること」です。

一括査定を使用した場合、短期間に複数の買取業者の見積もりが集まるので、買取条件が比較しやすいです。

1社のみに査定の申し込みをして売却が決定してしまうと、市場での適正価格が分からないまま売却に至る場合もあり得ます。

その点、一括査定であると各社から見積もり額を教えてもらい、自分の車の相場を予想できます。また一括査定は競争心理が働き、良い条件を提示されることが多くなります。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY車買取チーム