MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車のパーツの処分方法とは?バッテリーやバンパーの処分方法まとめ
車売却ノウハウ

更新

車のパーツの処分方法とは?バッテリーやバンパーの処分方法まとめ

車のエンジンルーム

車のパーツの処分費用の相場

パーツ処分の相場

車のパーツは基本的に家庭ごみとして燃えるごみや粗大ごみのように簡単に処分ができません。理由としては自治体によっては車のパーツごとに処分方法や処分場所が異なるからです。

車のパーツを処分するには、ある程度の知識が必要となってきます。パーツによっては処分費用も変わるので、ここでは金属パーツを例に挙げて紹介します。

◆金属パーツなど

サスペンション・マフラー
買取相場:10円程度/kg

・アルミホイール
買取相場:500~700円程度/本

・スチールホイール
買取相場:400~600円程度/本

・座席シート
買取相場:3,000~6,000円程度/個

尚、そのパーツが人気メーカーの部材であれば処分費用がかかるどころか、売却も可能なので事前に市場調査はするようにしましょう。

バンパーやバッテリーの処分方法

ハウツーの吹き出し

自分でバンパーやバッテリーを交換した際、交換作業終了後、パーツの処分をどうしたらいいのかわからずに困る方もいるでしょう。車のパーツは適切な方法で処分しなければなりません。ここでは、処分方法について解説します。

バンパーなどの樹脂製パーツはリサイクル処分業者に依頼

車のパーツの中でバンパーなどの樹脂パーツに含まれる製品は近年リサイクル技術が向上している兼ね合いもあり、リサイクル処分業者にお任せすることをおすすめします。

樹脂パーツは他にもボディ、内装、テール、エアロなど多くの部位で使用されているので、全てにおいてリサイクル処分業者への依頼で問題ありません。

バッテリーは不用品回収業者に依頼

バッテリーに関しては危険物質も含まれているため、安易に処分することができないので十分に注意しましょう。尚、バッテリーを処分の際には不用品回収業者に回収を依頼できるでしょう。

因みにバッテリーは絶対に個人で分解はしないでください。もし有害物質が目に入れば失明のリスクがあるので非常に危険です。

交換時に引き取ってもらう

バンパーに限らずバッテリーなどはショップ店などで新しいものに交換することもあるでしょう。その時には古いバンパー、バッテリーはそのまま引き取ってもらうことが可能です。

一般的にはこのパターンでパーツの処分が必要なくなります。わざわざ処分の方法も考えなくてよいので、この方法が一番スマートな方法でしょう。

その他の車のパーツの処分の際に気をつけたいこと

注意点を教えてくれる人

車のパーツには、金属や樹脂パーツ以外にもいくつもあります。それぞれ処分方法で気を付けるべきポイントを解説します。

まずは金属パーツの処分方法は、もちろん家庭ごみとして処分できません。しかし、金属パーツを民間の処分工場に持ち込めば買い取ってくれることもあります。まずは近隣の金属パーツ業者に確認することをおすすめです。

続いてタイヤの処分方法としてはタイヤの状態によって処分になるか、買取になるか決まってきます。簡単な基準としてはタイヤの溝がないもの、古いもの、ヒビが入っているなど劣化が激しいものは処分となるので、処分費用を支払いましょう。

逆にタイヤの溝があってまだ使用できるものは買い取ってくれることがあるので、買取業者に確認することをおすすめします。

金属パーツやタイヤに関して、必要ないので処分で良いけど、パーツが大きくて買取業者まで持ち運べないという場合は、不用品回収業者に取りに来てもらうのも一つの手です。

パーツごとの処分ではなく車を買取ってもらう方法もある

二つを検討する人

車は多くのパーツから構成されており、処分方法や処分場所など気を付けなければならない点が多いです。

数多くのパーツをまとめて処分しなければならない場合、その分の手間がかかってしまいますが、それならば車をまるまる買い取ってもらう方法もあります。

車のパーツごとに処分費用と手間を換算していくと莫大な費用と手間がかかるけれども、車を買取ってもらうとなれば逆にお金をもらえるし、次の車の購入資金にもあてられる可能性もあるでしょう。

もし車のパーツをまとめて交換しないといけない、処分しないといけないとなるならば、一度、車の買取を検討してみることをおすすめします。最近の車の買取サービスは進歩しており、手軽に買取査定が可能です。

車の一括査定サイトとは

査定する人の写真

車を手放すことを検討した場合、少しでも高く売却したいと思いますよね。それならば車の買取サービスの一括査定がおすすめでしょう。

車の一括査定サイトとは、一度に複数の買取業者へ見積もり依頼し、売却の金額を比較できる便利なサービスです。以下では査定までの流れやメリット、デメリットについて解説します。

車の一括査定サイトの査定の流れ

・車の情報の入力(メーカー、車種、年式、走行距離など)
・個人情報の入力(指名、住所、電話番号など)
・査定事前準備(複数の買取業者が机上の査定を行う)
・買取業者から電話やメールがくる
・詳しい査定をする

車の一括査定サイトのメリット

車の一括査定サイトへ依頼をかけると、わざわざ複数の買取業者へ回る必要がなくなります。つまり査定依頼の手間を省きながら複数社へ見積りをかけられることが大きなメリットです。

また複数社が価格競争を行ってくれる傾向にあるため、おのずと買取価格が上がる傾向の期待ができるので少しでも高く売りたい方にはおすすめの方法でしょう。

車の一括査定サイトのデメリット

もちろん車の一括査定サイトを利用することのデメリットもあります。サイトに依頼をかけることで複数社から一気に連絡がくるので、対応に手間がかかることです。複数社から査定をとることで価格的なメリットはでてくるので、連絡の手間のデメリットに関して多少は我慢が必要と考えられます。

おすすめの一括査定サイト4選

おすすめするひと

車の買取一括査定サイトは多くのサービスが展開されています。それゆえに、どこのサービスを利用すればよいのか迷う方もおられるでしょう。ここでは選りすぐりの4サービスについて解説しますので、参考にしてください。

楽天Car

楽天Carは有名買取業者をおさえているので大都市にお住まいで車の査定を出すなら使いやすい楽天Carの利用をおすすめします。尚、楽天Carで成約すれば楽天ポイントを1,500ポイント獲得できるので、うれしいサービスでしょう。

概要楽天グループの一括査定サイト
参加企業数約100社
最大見積り数10社
特徴サイトが使いやすい

カーセンサー

カーセンサーはとにかく取扱店が多いので、多くの地域で安心して一括査定の依頼ができるサービスです。地域に根付いた優良店もしっかりとおさえています。

概要リクルートの一括査定サイト
参加企業数約300社
最大見積り数10社
特徴最も取扱店が多い

ズバット

ズバットは有名買取業者から地域密着型の業者までしっかりと網羅しているサービスです。また何かトラブルが発生してもしっかりと対応してくれるサポート体制が安心です。

概要ウェブクルーの一括査定サイト
参加企業数約210社
最大見積り数10社
特徴お客様サポートが無休

カービュー

カービューは累計利用人数450万人を突破している勢いのあるサービスです。一括査定時に細かく草分けできることを特徴としているので、買取業者にこだわって依頼をかけたい場合はカービューがおすすめでしょう。

概要450万人の利用者がいるサービス
参加企業数約200社
最大見積り数8社
特徴一括査定の草分け

パーツ処分の前に一括査定サイトの活用を検討しよう

査定を検討する人

車のパーツ処分には、処分方法や相場、自治体ごとのルールなど知識が必要です。パーツを買い替える際に引き取ってもらうことができる場合を除けば、ある程度は自身で処分する必要があります。

もし処分や交換が必要なパーツが複数ある場合は、一度車ごと買取査定に出してみることも検討してみましょう。一括査定サイトを利用すれば、一度の査定依頼入力によって複数社の見積もりを得ることが可能です。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

実際にカーセンサーで車を売ってみた体験談はこちら↓

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

車一括査定8サイトを徹底比較


この記事の執筆者
MOBY車買取チーム