MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車下取りの査定額がまさかの0円!あきらめずに価値をつけて売るための対処法
車売却ノウハウ

更新

車下取りの査定額がまさかの0円!あきらめずに価値をつけて売るための対処法

車の下取り査定が0円と言われてしまう原因

価格 お金 費用 税金 維持費

車の査定額は「車種」と「年式」で大枠が決まってきて、その次に重視されるのが「走行距離」や「事故歴・修復歴」「エンジンや足回り」「外装・内装」などといった項目になります。
愛車の査定額がなぜ0円と言われてしまうかというと、その原因の多くは「車の年式の古さ」や「過走行」によるものです。

年式が古い場合査定額が下がる

年式が古くなってくると当然査定額が下がってきます。
モデルチェンジがあると古い車はどんどん型落ちになっていくため、新しいモデルが発表された頃に査定額も下がる傾向にありますし、あまり人気のない車種の買取価値もなくなっていきます。

過走行車の場合査定額が下がる

次に過走行の問題です。どの程度の走行距離が過走行にあたるかについては、目安として一年あたり1万km程度を超えるものが過走行とされ、累計の走行距離が10万kmを超えると査定額も期待できません。
走行距離が伸びると車の傷みも出やすいため査定額が下がる原因となるのです。

同じように年に1万km程度を走行していたとしても、信号待ちをしながら低速で走行しているのと高速道路を飛ばしているのとでは車の傷み方は異なってくるため過走行だからといって必ずしも車のコンディションが悪いとは限りませんが、やはり走行距離が伸びている車のプラス評価は期待できません。

事故車・廃車・故障車・不動車は0円査定になりやすい

動く車でも0円査定になってしまうケースもあるため、事故車や動かない車であれば尚更査定額は厳しくなります。
また、過去に事故を起こしたけど修理した「修復歴車」の場合も下取りでは値段がつきにくくなります。

査定額が0円の時の対処法

価格 お金 費用 税金 維持費
©shutterstock / Grzejnik

では、査定額が0円だと言われてしまっても諦める必要がありません。
皆さんは愛車を手放す際、一体どんな業者に査定を依頼しますか?新しく車を買い替えるのであればディーラーへの車下取り、自宅の近くにある車買取店への売却などいくつかの方法がありますが、一社だけの査定で決めてしまうのはまだ早いです。

車一括査定に買い取ってもらう

ここ数年で利用者が急増している「車一括査定」の買取であれば、ディーラーなどの他社で査定額が0円と言われてしまった車でも値段がつくケースがあるのをご存知ですか。
車買取店の中には海外への販売ネットワークを持ち、アジア各国やヨーロッパなどに輸出して販売する業者も存在しています。
そのため、ディーラーでの下取りや国内流通のみの買取店に査定額が0円と言われた車でも買い取ってもらえる場合があるのです。

最近ではブランドイメージの高い日本車の需要がある海外向けに中古車市場を開拓している業者も多いので、インターネットの一括査定で見積もりを取ってみると良いでしょう。
車一括査定なら競合する他社に負けじと査定額を上げてくれる事もあるため、複数の業者に査定を依頼するメリットは大きいです。

事故車や廃車買取専門店に買い取ってもらう

また、事故車や廃車、不動車といったダメージカーであれば廃車専門業者に買い取ってもらうという手もあります。
査定額が0円で値段がつかないと言われた車でも、解体して取り外したパーツを販売する業者にしてみれば利益を上げられる価値ある商品となるため、いくらかの値段がつくケースがあります。

廃車専門業者によっては年式が古い車や過走行の車であっても買い取ってもらえる場合があり、レッカー代が無料であったり、面倒な手続きを代行してくれる業者もあります。
いずれにしても、査定額が0円だからといって早々に諦めるようでは損をしてしまうでしょう。

事故車を高く売るなら「タウ」


事故車買取の<タウ>に査定申込

ラジオのコマーシャルでもお馴染みの「タウ」は、どんな事故車でも高く買い取ります!というキャッチコピーを掲げ、事故車買取業界シェアナンバーワンにも輝きました(楽天リサーチ調べ)。

事故車であっても高価買取を実現した理由は海外への販売ネットワークです。日本国内では事故車は縁起の悪さや修理代の高さから敬遠される傾向にありますが、海外では故障しにくく丈夫な日本車の人気が高く、修理代も日本と比較すると安いため事故車にもニーズがあるのです。
タウではアジアや中南米、ヨーロッパなど多くの国々に販売ネットワークを持つという強みがあるため、事故車にも値段がつき高額査定も期待できます。

インターネットで仮査定を行う場合は最初に事故車の年式や損傷具合を文章と写真で報告し、その後全国無料出張の本査定へと進みます。
手数料は全て無料で、事故車の売却に不安や疑問点がある場合は24時間無料のフリーダイヤルで相談する事もできます。

廃車や不動車を高く売るなら「カーネクスト」


廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

廃車や不動車を高く売りたいという方には、故障車、水没車、不動車、廃車などのダメージカーの高価買取に対応している「カーネクスト」がおすすめです。

全国対応で顧客満足度は95%を誇り、多くの実績を持つカーネクストでは20秒の簡単入力で愛車の査定価格が今すぐにチェックできます。海外への販売ネットワークを持つため、どんな車でも0円以上の買取保証があります。

一般的にディーラーや買い取り業者に手続きを任せた場合は1万円前後の代行手数料がかかってしまいますが、カーネクストならレッカー代や解体費、手続き代行費など廃車費用が完全無料となっているためお得です。

その上、税金や自賠責保険料の還付手続きの無料代行サービスもあり、面倒な手続きはお任せで還付金を受け取る事ができます。他の業者で値段がつかないといわれた廃車や不動車でもカーネクストであれば売る事ができます。

事故車や廃車でも一括査定がおすすめ

車買取 比較

車一括査定とは、ネットで1分程度の車情報と個人情報の入力だけで簡単に自分が住んでいる周辺の車買取業者に査定を申し込めるサービスです。
一括査定申し込み後、複数の車買取業者の査定額を比較できるので、「あっちの店舗で売ればよかった!」と後々後悔しないですみます。

普通の中古車はもちろん、事故車買取にも対応した買取業者を探すことが可能です。

査定金額の関連記事

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

車がもっと高く売れる・・・?

「車一括査定」を賢く使うと、車が高く売れる可能性が上がるんだ。

車を高く売りたいのであれば「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者であれば、いくつもの店舗を回る必要もなく時短にもなる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイト「教えて!はじめての車売却」のおすすめの組み合わせは

  • カーセンサー
  • 車査定・買取の窓口

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大で30社からの査定結果が得られるが、査定申込み時に業者を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

車査定・買取の窓口を使うメリット

・「車査定・買取の窓口」にしかない、愛車を最高額で買ってくれる業者1社を厳選して紹介してくれるシステム
・業者1社とやり取りをすればよいので、ストレスが少ない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口
提携買取業者数
非公開
同時査定依頼数
1社
業者選択
×
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
バリュークリエーション

最高値で買い取る1社のみを紹介してくれる。しつこい営業電話は一切無し。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ