MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車売却の契約後にキャンセルは可能?違約金が必要な場合や売却前に確認しておきたいこと
車売却ノウハウ

更新

車売却の契約後にキャンセルは可能?違約金が必要な場合や売却前に確認しておきたいこと

車売却の契約後にキャンセルできるかは契約書を確認しよう

車売却

車の売却契約を結んだ後にキャンセルができるかどうかは業者によって異なります。
多くの買取店では、車を買い取るとすぐに中古車として販売を行うための手続きを始めます。
場合によってはすでに買取店からオークションなどへと渡っている事もあるため、契約後のキャンセルはトラブルの元となってしまうのです。

キャンセル可能な業者「ガリバー」

例えば車買取店大手の「ガリバー」では、契約を結んだ後であっても一定の期間内であれば無償でキャンセルを行う事が可能となっています。
入庫済みであるか否かなど条件によって異なりますが、契約当日とその翌日であれば無償でキャンセルを行えます。

しかし、この期間が過ぎてしまうと違約金としてキャンセル料を請求される恐れがあります。万が一、契約後にキャンセルをしなければいけなくなった場合は早急に電話で連絡を行いましょう。

キャンセル可能な業者「カーセブン」

カーセブンでは、店舗で車の売却契約を行った際、車を引き渡してから7日間までであればキャンセルが可能です。

また、車の引き渡し日から7日間を過ぎてしまった場合であってもキャンセル料(違約金)は発生しないのが特徴です。このため、じっくりと他の買取店と比較したいという場合にはカーセブンを利用しましょう。

キャンセル可能な業者「アップル」

アップルでは「引き渡し後翌日まで無条件で解約可能」や「7日以内に支払われた金額を返金する事と指定日に指定した場所で車を引き取る」という条件付きでキャンセルについての指針はありますが、強制力はないため店舗によって対応が異なるという少し特殊な業者です。
店舗によってはキャンセルができない場合もあるため、アップルでキャンセルを行いたい場合は確認が必要です。

契約後のキャンセルには違約金が必要?

キャンセルを行った際に違約金が発生するかどうかは業者や車の引き渡し日からの日数によっても異なりますが、多くの場合は契約書に書かれていますので、きちんと確認を行いましょう。

早めであればキャンセル可能な業者もある

電話をかける

ガリバーやカーセブン、アップルなどの車買取店では早めに連絡をすれば無償でキャンセルができる場合があります。

いずれにしてもキャンセルを行いたい場合は早め(目安として契約翌日)に連絡を入れる事が大切です。

キャンセルしないために売却前に確認しておきたいこと

契約書の確認

車を売却を行う際、トラブルを避けるために何よりも大切なのは契約書を隅々まで読む事です。契約後のキャンセルに関しては多くの場合、契約書に明記されています。
分からない点があれば遠慮せずにスタッフに質問して疑問は解消しておきましょう。

複数業者で査定をして査定額に納得しておく

車を売却した後に他の業者の方が高く買い取ってくれるからといって簡単に契約をキャンセルしてはいけません。
そうなる前に予め複数の業者に査定を依頼し、満足のいく査定額を出してくれた業者に売却を行うとキャンセルにまつわるトラブルを防ぐ事ができます。

車一括査定なら複数の業者の買取額を比較できるので賢く利用しましょう。

車を手軽に高く売りたいなら一括査定!

忙しくて何社もの車買取店に査定を受けに行く時間がないという方や車買取業者の査定相場が知りたい方、複数の業者を比べて選びたいという方には「車一括査定サイト」がおすすめです。

わずか数十秒の入力で簡単に車買取の概算金額が分かり、他社との競争が激しく高値を提示してくれる業者も多いので利用してみる価値はあるでしょう。

リクルートが運営している「カーセンサー」は、テレビのCMでもお馴染みの車一括査定です。カーセンサーは中古車の買取や販売だけではなく、カー用品の販売や中古車情報誌の発行など、車にまつわる事業を幅広く手掛けています。

カーセンサーネットでは全国各地の中古車情報を検索して売却の相場をチェックしたり、数社の見積もりを比較する事ができます。買取の加盟店は業界最大規模の600社以上で、完全無料で最大30社への査定を同時に依頼する事ができるのが特徴です。
カーセンサーの人気の理由は、車一括査定時の連絡をメールのみに設定できる点で、煩わしい電話から解放されると好評です。

車一括査定8サイトを徹底比較

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

車がもっと高く売れる・・・?

「車一括査定」を賢く使うと、車が高く売れる可能性が上がるんだ。

車を高く売りたいのであれば「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者であれば、いくつもの店舗を回る必要もなく時短にもなる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイト「教えて!はじめての車売却」のおすすめの組み合わせは

  • カーセンサー
  • 車査定・買取の窓口

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大で30社からの査定結果が得られるが、査定申込み時に業者を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

車査定・買取の窓口を使うメリット

・「車査定・買取の窓口」にしかない、愛車を最高額で買ってくれる業者1社を厳選して紹介してくれるシステム
・業者1社とやり取りをすればよいので、ストレスが少ない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口
提携買取業者数
非公開
同時査定依頼数
1社
業者選択
×
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
バリュークリエーション

最高値で買い取る1社のみを紹介してくれる。しつこい営業電話は一切無し。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ