MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > ローン中の車を売ることはできる?売却方法や売却を検討する際に確認するポイント
車売却ノウハウ

更新

ローン中の車を売ることはできる?売却方法や売却を検討する際に確認するポイント

ローン中の車を売ることはできるのか?

ローン中の車イメージ1

車は、不動産の次に大きな買い物と言われています。そのため、一括払いでなくローンを組んで車を購入する方も多いでしょう。ただ、ローンの返済途中であっても別の車に買い替える必要がある場合や、引っ越しの都合などで車を手放さなければならない場合もあります。

結論から言うと、ローン中の車でも売ることは可能です。 本記事では、ローン中の車を売る方法や注意点について解説していきます。

車の所有権がどこにあるか

ローン中の車を売るためには、その車が自分のものである必要があります。しかしそもそも、ローンを組んで車を購入した場合、車は誰のものなのでしょうか。

ローンを組むということは、先にローン会社が購入費用を立て替えて車両を購入し、利用者は後からその費用を分割払いで返済することを意味します。そのため、マイカーとして毎日乗っていたとしても、ローンの返済が終わるまでその所有権は名義上、ローン会社にある場合がほとんどです。

ただし、銀行のマイカーローン等では所有権が自分のままの場合もあるため、まずは確認してみましょう。

車の所有権の確認方法

車の所有権が誰にあるのかは、その車の車検証を確認するとすぐにわかります。

車検証には「所有者」の欄と「使用者」の欄があり、「所有者」が自分であれば、売る権利も自分にあるということです。しかし、「所有者」がローン会社等になっている場合、そのまま売ることはできません。

それでは、所有権がローン会社等にあった場合、どうすれば売ることができるのでしょうか。次項で解説します。

ローン中の車を売る方法

車の売却イメージ

ローンの返済が終わっておらず、車の所有権がローン会社等にあった場合、まずは所有権を得るためにローンを完済する必要があります。

すぐに残りのローンを完済できれば問題はありませんが、実は、まとまったお金をすぐ用意できない場合でも、車を売る方法はあります。

車の売却とローン完済を同時に行う

車の売却額をローン残債に充てることで車を売ることは可能です。 つまり、売却額とローン残債とを相殺することで、車を売ることが可能なのです。

理屈の上では、ローンを完済した後に所有権が自分に移り、その後で晴れて売却を行うことになりますが、実際の手続きではこれを同時に行うことができます。

たとえば、ローンの残りがあと100万円あったとして、その車が120万円で売れると仮定します。この場合、売却額120万円のうちの100万円でローンを完済し、所有権変更と売却がなされ、最終的に自分の手元には20万円が入ってくることになります。

実際の売却手順

ローンを完済し、自分で所有権の変更を行う場合、様々な証明書や委任状、実印などを用意して管轄の運輸支局まで出向き、手続きをして新しい名義の車検証を受け取ることになります。

しかし実際には、この所有権変更にまつわる煩雑な手続きは車の買い取り業者が代行してくれるため、利用者は必要書類を準備するだけで済みます。

売却ができない場合もある

ローン中の車でも、ほとんどの場合はここまで解説した方法で売ることができます。

ただし、銀行のマイカーローンを組んでいる場合、車の所有権が銀行ではなく自分にあったとしても、ローン返済中の売却を認めていないことがあります。

またあるいは、所有権が自分でなく家族になっていた場合も、自分が夫だから、親だからなどという理由で本人の了承を取らずに売ることはできません。

いずれの場合でも、まずローンの規約や所有者の意思などをよく確認するとよいでしょう。

ローン中の車の売却を検討する際に確認するポイント

確認方法

ここでは、ローン中の車の売却を検討する場合、確認しておきたいポイントを見ていきましょう。

まずはローン残債額を確認

ローン中の車を売る際、まず何より先に確認したいのは、正確なローン残債額です。

この額によっては、売却額との相殺ではなく、通常どおり完済してから売りに出すという選択肢も視野に入ってきます。

残債額を知るためには、明細書等を確認するほか、直接ローン会社に問い合わせることで確認できます。

売却額が残債を下回った場合の返済方法

先ほどは、売却額が120万円でローン残債が100万円だった場合、手元に20万円入ってくるという例を挙げましたが、もしも売却額が70万円にしかならなかった場合は、30万円不足が出ることになります。

この場合は、30万円を現金で用意することができれば、売ることは可能です。

しかしそうでない場合、不足の30万円分のローンを新たに組むか、あるいは車を買い替えるのであれば新しい車のローンに30万円分を上乗せするという方法があります。

どちらにしても、新たなローンの審査を通過する必要があり、また慎重に返済計画を練ることが大切です。

車の維持費を再確認する

上述の例では売却額が残債を下回った場合を考えてみましたが、仮に不足分30万円を用意できず売却を見送ったとしても、税金や車検代、メンテナンス代に保険代など車には多くの維持費がかかってきます。

こういう時は、売る場合と売らなかった場合とで、合計費用を比較してみるのもいいでしょう。

維持費はローン代と違い、自動車税は年に1回、車検は2年に1回など、時期も費用もまちまちです。たとえば高額の車検が迫っているのならばその前に売却する方がいいかもしれませんし、逆に車検や自動車税の支払いを終えた直後なら、焦って売らず、売却額が高くなるタイミングを待つのも一つの方法と言えるでしょう。

ローン中の車を少しでも高く売るための方法

ローン中の車イメージ2

普通の車はもちろんですが、ローン中の車であればなおのこと、少しでも高く売りたいと思うものです。ここでは、ローン中の車を高く売るための方法をご紹介します。

タイミングを見計らう

不動産と同様、車も、月や季節によって価格の変動があります。

暦でいうと、やはり4月は引っ越しや入社のシーズンでもあり、車の需要も増えてきます。そして4月の納車に合わせ、それ以前の1月から3月の時期に、やや高く買い取ってもらえる傾向があるため覚えておくといいでしょう。

また車種によっては、フルモデルチェンジをすると現行のモデルが旧モデルとなってしまい、価値が下がる場合があります。そのため、車種のフルモデルチェンジ情報や市場動向も常にチェックしておきましょう。

車を少しでも綺麗にする

車を売却の査定に出す場合、やはり内外装が清潔であるに越したことはありません。

洗車をしたからといって査定額が格段にアップするということはありませんが、全体的な印象が良くなる可能性はあります。

ただし、キズなどを直そうとして慣れないDIYをしてしまうのは逆効果です。専門の業者に頼むか、そのままにしておくほうがよいでしょう。

純正オプションを確認する

車両の中でも純正のオプション装備は価値が高いため、取り外してカスタムしている場合などは、元に戻しておくと査定金額アップにつながります。

ローン中の車の売却は一括査定がおすすめ

ローン中の車をなるべく高く売るためには、業者の選定も大事なポイントとなります。

ただ、車種や年式などによって、どの業者がどんな査定額を出すかは、査定するまではわからないものです。 そのため、気になった業者をいくつかピックアップして見積もりを取るのもいいですが、手間が多いと感じる方もいるでしょう。

そんな時におすすめなのが、車の売却の一括査定です。 多くの一括査定サービスは無料で利用できる上、面倒な情報入力の作業なども一度で済み、どの業者がいくらの査定額を出したか簡単に比較することができます。

また、一括査定を利用することで、その車種の買取相場が把握できるのもメリットの一つです。 相場がわかれば様々な対策が立てやすくなりますし、交渉することにも役立ちます。

その他にも、一括査定サービスの公式サイトではお役立ち情報や豆知識を掲載していることが多いため、車の売却が初めてという場合はそれらを読むのも参考になるでしょう。

中古車市場では業者の違いで査定額に数万円、あるいは十数万円の差が出てくることもめずらしくないため、慎重に見極め、納得のいく金額で売却するようにしましょう。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

愛車が高く売れたらうれしい!

車を高くなるなら「車一括査定」がオススメだよ!

車を高く売るには「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイトがオススメする組み合わせは、

  • カーセンサー
  • カーネクスト

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大30社に査定依頼でき、高価買取が狙える
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

カーネクストを使うメリット

・来店不要、電話1本で査定から契約まで可能
・どんな車も必ず0円以上で買い取ってもらえる
・カーネクスト1社のみとやり取りすればOK。複数業者から大量の営業電話は一切無し。

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

カーネクスト
カーネクスト
提携買取業者数
同時査定依頼数
1社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
ラグザス・クリエイト

どんな車でも0円以上で買い取り。来店不要、電話1本で査定完了。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較

この記事の執筆者
MOBY車買取チーム