MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車の買い替えに保険は必要?ディーラーで保険の手続きを行う注意点とは
車売却ノウハウ

更新

車の買い替えに保険は必要?ディーラーで保険の手続きを行う注意点とは

自動車保険

車の買い替え時に必要となる保険の種類

車の買い替え

車を買い替える時に必要となる保険は2種類あります。それらは「自賠責保険」と「任意保険」です。ここでは、これら2種類の保険について紹介します。

自賠責保険

自賠責保険は基本的に被害者の救済を目的とした保険で事故により相手に損害を与えた場合に適用されます。

車を所持していれば必ず加入しなければならない保険のため、新しい車に買い替えた際には同時に自賠責保険の手続きが必要です。そのため一般的に販売店側が自賠責保険の加入手続きを一緒に行ってくれます。

任意保険

任意保険は自分の意思で加入できます。車を買い替えた際に任意保険に加入していれば、新たに申し込みをする必要はなく、車両入替と呼ばれる手続きを行います。

車両入替は車を所有してから30日以内に手続きをしなければならないと義務付けられています。これらの手続きをしていない車には補償が付きません。つまり事故を起こした場合、全ての費用を払わなければなりません。

さらには事故相手との示談交渉や必要書類の準備も自分で行う必要があります。納車前でも車両入替はできるので、納車日が決まった時点で保険会社に連絡しましょう。

車の買い替え時の保険手続きのタイミング

手続き

車の買い替え時には自賠責保険と自動車保険の手続きが必要ですが、これらの手続きにはベストなタイミングがあります。ここでは、保険手続きのタイミングについて解説します。

自賠責保険の手続きのタイミング

自賠責保険は、車を持っている限り必ず加入しなければならない保険です。

加入する義務があることは当然ながら販売店側も認識しているので、車を購入するタイミングで大抵の販売店が自賠責保険の手続きも一緒にしてくれます。

任意保険の手続きのタイミング

車両入替の手続きは納車前にしておくと良いでしょう。実際の手続き自体は新しい車の車検証が必要ですが、納車前に販売店等で用意してもらい、車検証のコピーを受け取ることができます。

さらに車検証のコピーを渡すと共に、事前に新車の情報を伝えておくことで手続きがスムーズに進められます。

目安としては納車の1週間〜2週間前には、保険会社に連絡すると良いでしょう。納車後に保険が適応されておらず、車に乗れないなどの事態を防ぐことができます。
自賠責保険は自動的に販売店で手続きされることが多いですが、任意保険の車両入替は全て自分で手続きをしなければいけません。納期前までに車両入替の手続きをしておくことをおすすめします。

自動車保険手続きの注意点

注意点

特に注意すべき点は新しい車に乗り換えた際、自動車保険が引き継がれないところです。そこでここでは自動車保険の手続きを行う上で、2つの注意すべき点を紹介します。

車両入替をしなければ、補償が受けられない

基本的には納車される前に車両入替の手続きを済ませておきましょう。

このように手続きを行うことで、補償付きの新しい車に乗れます。仮に手続きをしていなくても、納車日から30日以内であれば問題ありません。

しかし納車後から手続きが完了するまでの期間は補償されません。このことを知らずに事故を起こしてしまった場合、全てを実費で支払うことになるので、必ず補償されているか確認するようにしましょう。

そのため手続きは納車前に済ませて、事故を起こしても補償が受けられる新しい車に乗り換えることをおすすめします。

車両入替ができる車の条件を確認する

所有者と車の用途や車種に一定の条件を満たしていなければ、車両入替はできません。

車の所有者における条件

車の所有者における条件は以下となります。

  • 入替前の車の所有者
  • 入替前の契約の主な運転者
  • 入替前の契約の主な運転者の配偶者
  • 入替前の契約の主な運転者またはその配偶者の同居親族

自動車の用途や車種における条件

現在の車と新しい車が車両入替できる車種であることが条件です。例えば、自家用普通乗用車から営業用普通乗用車への車両入替はできません。あらかじめ、現在の車から新しい車への車両入替ができるか調べておきましょう。

これらは保険会社によって条件が異なる場合があります。事前にホームページや電話で確認することが必要です。

ディーラー経由で保険に加入するメリット・デメリット

車の保険

ディーラーを通して保険に加入しようと迷っていませんか?ここではディーラー経由で保険に加入するメリット・デメリットを紹介します。

メリット

事故した際に修理や保険対応を代行してくれる

事故をした際にディーラーが修理や保険関係の対応を代行してくれます。

また契約の手続きだけではなく、事故対応の連絡や見直し変更の時の相談にも乗ってくれます。修理や保険の連絡先も一つで済む上、あらゆることをディーラーが対応してくれるので、安心して利用することができます。

メーカー独自のサポートが受けられる

ディーラーを通して保険に加入するとメーカー独自のサポートを受けられます。

例えば、車両の少しの傷でも保険を使わずに修理してもらえます。このような修理をダイレクト型の保険で対応してもらうと、等級が下がってしまい翌年度の保険料が高くなることがあります。

そのためディーラー独自のサポートをうまく使用すれば、保険料や等級を変えずに修理が可能です。

デメリット

保険料が高い

ディーラーは保険会社から代理店手数料を受け取っており、手数料分が上乗せされて保険料が算出されています。

そのためディーラーで契約するのは代理店型の自動車保険なので、ダイレクト型の自動車保険と比較すると保険料が高くなる場合が多いです。

保険知識が浅い

ディーラーは担当者全員が保険について深い知識を持っているとは限りません。

保険に関する研修などを受けているはずですが、保険会社のような専門的な知識を持ち合わせていない場合もあります。

そのため保険の内容について全てディーラーの担当者に任せるのではなく、自分でも内容を把握しておくことが大切です。

車の買い替えをお考えであれば一括査定がおすすめ

車の買い替えを考えている場合は一括査定がおすすめです。一括査定とは、売却したい車の情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の買取業者に査定の申請ができるサービスのことです。

一括査定の2つのメリットについて紹介します。

1つ目が「一度、車と個人の情報さえ入力すれば、複数の業者に申請できること」です。

最大のメリットは一度の情報で複数の買取業者に依頼ができるということです。

一括査定の申し込みには車や個人の情報入力が必要です。これらの情報の入力が完了すると、複数の買取業者から依頼が来ることがあります。1社ずつ申し込みをするのは時間と手間がかかりますが、一括査定では時間をかけず簡単に取引ができます。

2つ目が「簡単に車の売却ができ、高い値段で車を売却できること」です。

短期間に複数の買取業者が見るため、簡単に車を売却できます。さらには複数の買取業社から依頼が集まり、条件や値段の比較がしやすいです。

一方で1社のみに査定の申し込みをして売却が決定してしまうと、市場での適正価格が分からないまま売却に至る場合もあり得ます。

その点、一括査定であると複数社から見積もり金額を教えてもらい、自分の車の相場を予想できます。また一括査定では競争意識が高まり、良い条件を提示されることが多くなります。

この記事の執筆者
MOBY車買取チーム