MOBY[モビー] > MOBY買取 > 買取記事 > 車売却ノウハウ > 車買取は車検前に出した方がお得?車検切れの車でも売れる?
車売却ノウハウ

更新

車買取は車検前に出した方がお得?車検切れの車でも売れる?

車検にかかる費用

車検イメージの画像

車を車検に出すと車両重量税、自賠責保険料、検査費用、印紙代、申請代行料、調整料や修理費がかかります。車両重量税は車の重量によって変動します。

例えば、ワゴンRやミラといった多くの軽自動車であれば1t以下なので16,400円となり、セダンタイプの普通車で1tから1.5tで、1.5t以下であれば24,600円です。
SUVや大型のミニバンになってくると2t前後なので重量税だけで3万円から4万円がかかってきます。

24ヵ月分の自賠責保険料は普通車、軽自動車ともに2万5千円程度かかり、印紙代も車種によって1,400円から1,800円程度かかってきます。
車検の一般的な相場としては、車種によって異なるため一概にはいえませんがディーラー車検は4万円から10万円前後、民間の整備工場などでは2万5千円から8万円前後かかり、排気量の多い車や高級車であればそれ以上となっています。

エコカー減税が適用される場合は重量税が減額されますが、それでも思わぬ修理費がかさむ事も珍しくはなく、車検が高額である事に変わりはありません。

車検を通してから車買取に出すと損

お金 コスト

本題の「車検前と車検後ではどちらの査定額が高いか」という事については、車検前に車買取店に持ち込んだ方がお得です。その理由は「車検にかかる費用の方が圧倒的に高くつくから」です。

先述のように、車検を受けようとすると重量税や検査費用など少なくても数万円、場合によっては十数万円という高額な費用がかかってしまいます。
それだけの費用をかけたからといって査定価格にプラスになるかというと、査定額アップはあまり期待できません。というのも、車検の残り期間は査定額に反映されにくいからなのです。

車検を受ける事によって日本国内の公道を走行できるようにはなりますが、最近では海外向けに中古車を輸出している車買取店も多く、そうした業者には車検の有無はあまり関係のない話です。
廃車にすると車検の残り期間分に応じて払い戻される自賠責保険や重量税の未経過分についても、査定ではそこまで評価されません。
そのため、高い費用を払ってまで車検を受けてから車買取に出すとかえって損をしてしまうのです。

車検切れになった車は売れるのか?

車検 ステッカー

では、何らかの理由で車検が切れてしまった車を買取に出す事はできるのでしょうか。
結論からいうと車の売却はできますが、様々なデメリットが発生してしまう事を覚悟しておかなければなりません。

車の査定時、買取店が自宅や駐車場まで出張してきてくれれば車を動かす必要はありませんが、店舗への持ち込みの場合、車検切れの車は公道を走行できないため、レッカー車などで動かす必要があります。

少しぐらいの距離なら大丈夫では?と思われるかもしれませんが、車検切れのまま公道を走る事は法律に違反し、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金も科せられるのです。
車検に加えて自賠責保険まで切れた状態で車を走らせると免許取り上げにもなりかねません。
車検切れの車を動かす方法としては、レッカー車の他には赤い斜線が入った仮ナンバーを取得する方法もあります。

市区町村の役場に免許証と印鑑、自賠責保険証(仮ナンバーの申請日から1ヵ月以上有効なもの)に加え車検証などの書類を持ち込み、所定の手続きを行えば数百円程度の手数料で仮ナンバーを3日間(申請日の当日を含む)借りる事ができます。
レッカー車を呼ぶよりは格段に安く車を動かせますので、覚えておいて損はない方法でしょう。

車を手軽に高く売りたいなら一括査定!

忙しくて何社もの車買取店に査定を受けに行く時間がないという方や車買取業者の査定相場が知りたい方、複数の業者を比べて選びたいという方には「車一括査定サイト」がおすすめです。

わずか数十秒の入力で簡単に車買取の概算金額が分かり、他社との競争が激しく高値を提示してくれる業者も多いので利用してみる価値はあるでしょう。

リクルートが運営している「カーセンサー」は、テレビのCMでもお馴染みの車一括査定です。カーセンサーは中古車の買取や販売だけではなく、カー用品の販売や中古車情報誌の発行など、車にまつわる事業を幅広く手掛けています。

カーセンサーネットでは全国各地の中古車情報を検索して売却の相場をチェックしたり、数社の見積もりを比較する事ができます。買取の加盟店は業界最大規模の600社以上で、完全無料で最大30社への査定を同時に依頼する事ができるのが特徴です。
カーセンサーの人気の理由は、車一括査定時の連絡をメールのみに設定できる点で、煩わしい電話から解放されると好評です。

もっと高く売れるかも?「車一括査定」の賢い使い方

車がもっと高く売れる・・・?

「車一括査定」を使うと車が高く売れる可能性が上がるんだ。

車を高く売りたいのであれば「車一括査定サイト」を利用することがおすすめです。

その理由は、

  • 複数の業者を比較できるため、より高く買い取ってくれる買取店を見つけやすい
  • 出張査定に対応している業者なら、いくつもの店舗を回らなくて済むので時間節約になる

からです。

「車一括査定サイト」は2つ以上組み合わせて使う

では「車一括査定」はどこに依頼したら良いのでしょうか?

「車一括査定」が申し込めるサイトはいくつかあるので、どこを利用したらよいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが2つ以上の車査定サイトを組み合わせて使うことです。

車査定サイトには、提携業者数が多いもの、業者選択ができるもの、メール連絡を希望できるものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

当サイト「教えて!はじめての車売却」のおすすめの組み合わせは

  • カーセンサー
  • 車査定・買取の窓口

の2社に査定依頼です。

この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

カーセンサーを使うメリット

・「カーセンサー」にしかない大手8社の一括査定
・ 最大で30社からの査定結果が得られるが、査定申込み時に業者を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
・メール連絡を指定でき、営業電話を減らすことができる

車査定・買取の窓口を使うメリット

・「車査定・買取の窓口」にしかない、愛車を最高額で買ってくれる業者1社を厳選して紹介してくれるシステム
・業者1社とやり取りをすればよいので、ストレスが少ない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。
大切なあなたの車を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

楽天会員の方なら「楽天Car」もオススメ。
査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえます。

カーセンサー利用体験談はこちら

車査定をするならココがおすすめ

カーセンサー
カーセンサー
提携買取業者数
1,000社以上
同時査定依頼数
30社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
リクルート

リクルートが運営する国内最大級の査定サービス。最大30社に一括査定でき、より高い査定価格が狙える。

車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口
提携買取業者数
非公開
同時査定依頼数
1社
業者選択
×
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
バリュークリエーション

最高値で買い取る1社のみを紹介してくれる。しつこい営業電話は一切無し。

楽天Car
楽天Car
提携買取業者数
100社以上
同時査定依頼数
10社
業者選択
利用料金
無料
対応地域
全国
運営会社
楽天

楽天が運営する車一括査定サービス。査定依頼や成約時に楽天ポイントがもらえる。

車一括査定8サイトを徹底比較
この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ