初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【過去最大の交通規制】7.26・8.23首都高速・環七で実施!車を使わない人への影響も

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを想定した大規模交通規制が敷かれます。最新情報入手先をまとめてお伝えします。

東京オリンピックを想定した大規模規制テスト


画像情報

警視庁が作成、公開した交通規制の告知チラシの一部。画像をクリックすると警視庁HP内の告知ページをご覧いただけます。

警視庁は7月24日(水)、26日(金)、8月23日(金)に首都高速と一般道で大規模な交通対策テストを行うと発表し、利用者へ注意を呼びかけています。首都高速道路では30箇所程で料金所の入口通行止め、本線料金所のレーン規制など敷きます。一般道では環状七号線から都心へ流入する方向の青信号の時間を短くするなど、全体で30%の通行料を削減させることを目的としています。

また、警視庁は7月22日(月)から8月2日(金)までと8月19日(月)から30日(金)までを交通量の低減への集中的な取り組みとして、車の利用を控えるよう一般へ協力を要請しています。

さらに、8月25日(日)は東京オリンピック開会式、閉会式を想定した交通対策テストを行うとも発表しています。この件についての詳細は公式HPでは表示されておらず、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会へ問合せようにとなっています。(電話:03-3534-2630 受付時間:土日祝日を除く9時~17時、7月22日~26日は24時間受付)

車を使わない人へも影響が

都内で生活や仕事する人への影響が及ぶことが想定されています。今のところ7月24日に行われた交通規制による大きな影響の報道はありませんが、一部の大手物流業者は宅配便の配達が遅れる可能性を示し、羽田空港から都心に向かうリムジンバスなどの遅延などの影響が想定されています。

交通規制の詳細については下記の公式HPをご覧ください。

首都高速のリアルタイム情報は、公式ツイッターアカウント「東雲みう@首都高」がおすすめです。



この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す