初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

タイムズカーシェアがEV車を100台導入決定!順次全国広範囲に拡大予定

自動車業界の世界的なEV車へのシフトに備えて「タイムズカーシェア」は2019年8月からの半年間で電気自動車を100台導入すると決定しました。

2019年8月から「タイムズカーシェア」にEV車導入決定

タイムズ24株式会社は、2019年6月26日に同社が運営するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」においてEV車(電気自動車)を2019年8月からの半年間で100台導入すると発表しました。

現在世界的にガソリン車からEV車への転換が活発化しており、国内においても、2050年に日本の自動車メーカーが販売する全ての車両をEVやハイブリッド車にするといった目標を政府が掲げていることと、自動車業界の環境負荷低減に向けた動きに合わせて、タイムズカーシェアもEVによるカーシェアリングの体制構築に向けた動きを取るとしています。同社は以前からEV車の導入や国内外の自動車メーカーおよび自治体と連携した実証実験などを通じたEVカーシェアリングの提供を行っており、これまで以上にさらに利用しやすい体制を整えたとのことです。具体的には下記のような取り組みを実施していくと発表しました。

取り組み事項効果
電池残量に応じた予約可能時間の変動貸出時間の最大化
充電カードの活用による充電場所の確保航続距離に対する不安解消
一部車両へのWi-Fi設置空間活用としての利便性向上
自治体や鉄道事業会社、スマートシティとの共同施策の連携タイムズパーキング・EVカーシェアリング・通常のカーシェアリングを複合した新たなソリューションを提供

車両は東京都、神奈川県、埼玉県を皮切りに大阪府など全国広範囲へ展開され、8月から10月までに30台、11月から来年1月までに70台が配備されるとのこと。その配置場所は短時間利用ニーズの多いエリアや、電車などとの組合せ利用(レール&カーシェア)のニーズが高い駅近くが予定されています。

タイムズカーシェアでの電気自動車利用料金

現在タイムズカーシェアに登録されている電気自動車の利用料金は2種類の形態が存在。三菱 i-MiEVは「ベーシッククラス」に分類されており、206円/15分(税込)で利用可能。日産 リーフは「プレミアムクラス」に分類されており412円/15分(税込)となっています。

タイムズカーシェアの利用方法

1.携帯電話やパソコンなどで予約をしてカーシェアリングステーションへ
2.リアガラス等にあるカード読み取り部分に会員カードをかざし、車両のドアロックを解除
3.助手席の前のグローブボックス内にあるキーボックスから、クルマのキーを取り出す
4.通常のクルマと同じ操作方法で運転。返却は借りたカーシェアリングステーションへ

タイムズカーシェアは、今回の発表でクリーンでエコなEV車を駅近くを中心に配備を増強するとのこと、場合によっては駅からタクシーを利用するより安くなるかも。移動手段の新たな選択肢が一つ増えたのではないでしょうか。

(MOBY編集部:上田 貴大)

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す