初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【締切間近!150人限定】7/7開催!86/BRZ・ヴィッツレース@富士スピードウェイ無料観戦ツアー

トヨタ 86/スバル BRZのレースとトヨタ ヴィッツのレースが7月7日に富士スピードウェイで開催!トヨタモビリティ東京は参加無料のレース観戦ツアーを開催すると発表しました。応募締切は6月19日(水)、150人限定となっています。

トヨタモビリティ東京が「2019年 Summer レース観戦ツアー」を開催

TOYOTA GAZOO Racingが主催する「86/BRZ Race」と「Netz Cup Vitz Race」が7月7日(日)に、静岡県御殿場市のサーキット、富士スピードウェイで開催、トヨタモビリティ東京は、このレースに無料で観戦できるツアーを開催すると発表しました。

参加費は無料、募集人数は150人(応募多数の場合は抽選、応募締切は6月19日)のツアーとなり、観戦はVIPルームの「クリスタルルーム」からできるとのこと。「86/BRZ Race」にはトヨタモビリティ東京社員ドライバーの水谷大介選手、「Netz Cup Vitz Race」には元スピードスケート金メダリストの清水宏保選手、咲川めり選手・長山等選手がそれぞれ出場します。

「86/BRZ Race」とは

86/BRZ Race 2018年

2018年に行われた86/BRZ Raceの様子

86/BRZ Raceはトヨタ 86のとSUBARU BRZのレース仕様車「86Racing」・「RA Racing」だけで争うワンメイクレースです。国内Aライセンスがあれば誰でも参加ができ、すべての車両にナンバープレートがついています。レース仕様車ですがベースは公道を走行可能な車となっているところがポイントです。

2019年も現役スーパーGTドライバーやトップカテゴリーで活躍した選手など、プロドライバーが多数参加しているのも86/BRZ Raceの魅力。6年目となった2018年シーズンは通算50戦を達成し、全国7ヶ所のサーキットで全8大会9戦が開催され、のべ803台、1大会平均100台が参戦しました。2019年も、全国7つのサーキットで全8戦が開催されます。

「Netz Cup Vitz Race」とは?

Netz Cup Vitz Race

Netz Cup Vitz Raceの様子

2000年に日本初のJAF公認ナンバー付き車両によるワンメイクレースとしてスタートした「Netz Cup Vitz Race」は、2019年に開催20年目を迎える歴史の長いレースです。多いときは1ラウンドのエントリーが80台を超えるなど、今も根強い人気をもっており、2018年は延べ参加台数666台を記録しました。

2019年も北海道・東北・関東・関西・西日本の5地区7サーキットで全17戦と特別戦が開催されます。上位クラスのワンメイクレースでプロへの登竜門とされる86/BRZレースに勝るとも劣らないエントリー数を誇る人気レースです。

レース観戦ツアー詳細・応募方法

富士スピードウェイ クリスタルルーム 外観

クリスタルルームはピットビルAの2階に全9室あります。

日時:7月7日(日)9:00~17:00予定
場所:富士スピードウェイ クリスタルルーム
該当レース
・ 86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズ第5戦
・Netz Cup Vitz Race 関東シリーズ第2戦
募集人数:150人(応募多数の場合は抽選)
応募方法:トヨタモビリティ東京の各店舗での申込み
応募締切:6月19日(水)

クリスタルルーム内は多目的ホールになっており、飲食も可能。ピットの真上に位置しており、ワークスチームによるピット作業を間近で見ることが出来ます。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す