初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産 新型シルフィを上海モーターショー2019で世界初公開

日産は、上海モーターショー2019で「ニッサン インテリジェント モビリティ」を搭載した新型シルフィを世界初公開しました。新しいパワートレインを採用し、ワイドで低重心ながら広い室内空間を確保した内外装デザインを実現しています。

新型シルフィを上海モーターショー2019にて世界初公開

日産 シルフィ 2019

2019年4月16日に日産は上海モーターショー2019で世界初公開した新型シルフィ

2019年4月16日、日産は新型シルフィを上海モーターショー2019で世界初公開しました。今回のフルモデルチェンジは先代よりもスポーティな雰囲気が増しており、「力強く自信に満ち溢れる」と、「鋭敏で躍動感のある」の2つをコンセプトにしています。

外装は大型化した最新Vモーショングリルを採用し、低い重心と流れるようなデザインに進化しました。また、空気抵抗を示すCd値が同社のスポーツカー「GT-R」と同じ0.26を記録しているとのことです。

内装はワイドスタンスと長いホイールベースによって広々とした室内空間を実現。車高がニースペースやヘッドクリアランスは先代と同等以上のスペースを確保しています。快適性の向上にも注力しており、ソファのように柔らかいシートが採用されています。

スマートフォンの接続はもちろん、ボイスコマンド機能の採用によりデバイス間の連携も強化。コーナーでの走行をサポートする「インテリジェント トレースコントロール」や路面の凹凸による上下の揺れを軽減する「インテリジェント ライドコントロール」をはじめとする「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術や安全装備が多数搭載されています。

今回発表された新型シルフィは中国市場向けで、日本国内での発売については触れられませんでした。現行型シルフィのデビューは2012年でそろそろモデル末期であることと、セダンは日本では不人気なボディタイプですが、法人需要や高齢者層の根強い支持があることなどから、2019年年内に国内モデル新型の発売開始が期待できます。東京モーターショー2019年で新型シルフィが展示される可能性が十分にあります。期待しましょう。

国内販売されている現行型の日産 シルフィ

日産 シルフィ 2015

3代目 日産 シルフィ

現行型日産 シルフィは、全長4,615mm、全幅1,760mmのそれほど大きくはない4ドアセダン、車両価格は199万円~267万円のミドルクラスとして販売されています。

先代モデルは「ブルーバード・シルフィ」で、2012年に現行型へフルモデルチェンジされた際に、日産の歴史上欠かせなかった「ブルーバード」の名称が消え、ファンからは惜しむ声が聞かれました。ブルーバードはとても長い歴史をもつセダンです

初代は1959年に発売された「ダットサン ブルーバード」で、旧車マニアの間では「ブル」の愛称で親しまれる名車です。初代ブルーバードはテールランプの形状から「柿の種」と呼ばれその後の歴代モデルも510型や910型を中心に人気を集めました。510型はお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが愛車として保有していることで知られています。下記の記事で歴代のブルーバードをご覧になれます。

下の画像は「ノスタルジック2デイズ2019」でMOBY編集部が撮影した「日産ブルーバード」この個体は5ドアのバン。

最新「シルフィ」中古車情報!

本日の在庫数 197
平均価格 116.9万円
本体価格 29〜217.1万円
Pick up!
Pick up!

最新「ブルーバード」中古車情報!

本日の在庫数 39
平均価格 182.6万円
本体価格 16〜698万円
Pick up!
Pick up!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!