車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

世界初!EV走行可能範囲がひと目でわかるソリューションを取材【カーエレJAPAN】

2019年1月16日、国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)を取材!ネクスティ エレクトロニクスによるEV向けソリューション「GPS TUNER」をご紹介します。

カーエレJAPANでEV向け革新技術を発見!

ネクスティ エレクトロニクスブースを取材!

2019年1月16日~18日に東京ビッグサイトにて開催される「国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)」をMOBY編集部が取材!カーエレJAPANとは、自動車業界の未来を担う、超最新技術やソリューションが集まる展示会です。

数あるブースの中で、編集部が気になった企業や最新技術をピックアップ。この記事では、気軽に所有・利用できる小型EV「リバーストライク」と、電気自動車(EV)利用がさらに快適になるソリューション「GPS TUNER」をご紹介します。

世界初!充電残量から地図上に走行可能エリアをお知らせ

豊通エレクトロニクスとトーメンエレクトロニクスが合併した「ネクスティ エレクトロニクス」ブースでは、欧州のスタートアップ企業と共同開発中の、EV向け新規ソリューションを公開していました。

車両の周りに表示されているのが、現在の充電残量で走行できるエリア

マニュアルモードにすれば風向きや気温などの条件を変更可能

「GPS TUNER」は、充電残量でどこまで走れるかをマップ上にリアルタイム表示させる、世界初のソリューションです。

電池残量のほか、アクセルの踏み方などのドライバーの運転や、向かい風・追い風などの天候、上り坂・下り坂などの傾斜などを反映させることができます。

3輪2人乗り小型EV「リバーストライク」に導入予定

リバーストライクは市販車をベースにしたEV

前輪2輪・後輪1輪のため、二輪免許があれば公道走行可能

バイクの部品をEV用に最適化させて搭載

GPS TUNERは、小型EV「リバーストライク」への導入を前提に開発が行われています。

リバーストライクは、2018年「オートモーティブワールド」にも出展された、ネクスティ エレクトロニクスによる3輪2人乗り小型EVです。同社は、欧州でスポーツ仕様電動アシスト自転車「e-bike(Eバイク)」が人気であることに着目。軽くて小型のEVであればさらに普及が進むのではと考え、開発に着手したということです。

GPS TUNERにより走行可能エリアが表示されている

車内インパネに設置されたタブレット端末に表示されるマップ上には、GPS TUNERによって走行可能エリアが表示されます。運転のしかたや、風向き・気温などの気象状況をリアルタイムで反映してくれるため、ドライバーは「どこまで走れるのか」を常に確認しながら、余裕を持ったドライブをすることができます。

また、マップ上には全国の充電スポットが表示されています。目的地を設定すると、目的地到着までに経由すべき充電スポットを最適化して教えてくれます。

水色の点で示されているのが充電スポットです。航続可能距離と電池残量もひと目でわかります。

EVについての最新情報はこちら

MOBYでおすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す