初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【速報!最終選考結果発表】日本カーオブザイヤー2018-2019 1位は去年に続いて……

2018年12月7日、日本カーオブザイヤー2018-2019の最終選考が行われました。栄光のイヤーカーに輝いたのは?

ボルボ新型XC40 日本カーオブザイヤー受賞!

ボルボ 新型XC40

© MOBY

2018年12月7日、日本カーオブザイヤー2018-2019が発表されました。イヤーカーを受賞したのはボルボ新型XC40。昨年のXC60に引き続き、ボルボ車が2年連続での受賞となりました。

新型XC40は、3月に日本発売となった、ボルボ初のプレミアムコンパクトXC40です。16種類以上の安全・運転支援技術が標準装備。センターディスプレイやメーターパネルでの直感的な操作や情報の認識が可能なインフォテイメントシステム「SENSUS」など、先進システムを搭載しています。

イヤーカーに輝いたポイントは、輸入車ながら日本の道路事情に適したボディサイズであることと、高度な安全装備を全車標準していること。さらに、北欧デザインを反映させたスタイリングや上質なインテリアなども高く評価されました。

日本カーオブザイヤー2018-2019 最終結果

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表
1位ボルボ XC40363点
2位トヨタ カローラ スポーツ314点
3位フォルクスワーゲン ポロ197点
4位トヨタ クラウン170点
5位三菱 エクリプス クロス156点
6位マツダ CX-8111点
7位アルファ ロメオ ステルヴィオ106点
8位BMW X247点
9位ホンダ クラリティ PHEV36点

10ベストカーに選出された車一覧はこちら

【部門賞】イノベーション部門賞 ホンダ クラリティ PHEV

ホンダ初のPHEV「クラリティPHEV」は、EV走行可能距離100km以上と実用的なスペックが評価されました。

【部門賞】エモーショナル部門賞 BMW X2

BMWのコンパクトSUV「X2」は、クーペのようなスタイリングやBMWらしいハンドリングが評価されました。

【部門賞】スモールモビリティ部門賞 ミラトコット

ミラココアの後継モデル「ミラトコット」は、車を初めて所有するユーザーにも優しいモデルであることが評価されました。

ワールドカーオブザイヤー2019にも注目!

MOBYのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す