初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタが後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売|プリウスとアクアに対応

2018年12月5日、トヨタは後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売しました。車両前後に取り付ける超音波センサーや付属部品などが含まれており、税込み価格は55,080円です。対応車種はプリウスとアクアで、今後、対象車種を拡大させます。

トヨタが後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売

車体前後に超音波センサーを取り付け

車内にはアラート表示用モニターを取り付け

トヨタは保有車の安全性を高めるため、2018年12月5日から後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売しました。

トヨタの新型車には「トヨタセーフティセンス」を始めとする先進安全装備が搭載されていますが、先進安全装備未搭載の車を長く利用しているユーザーも多いのが現状です。近年、高齢ドライバーによる駐車場でのアクセル/ブレーキの踏み間違いによる事故が多発していることもあり、既存のトヨタ車に後付けできる安全装備を発表しました。

踏み間違い加速抑制システムとは

踏み間違い加速抑制システムとは、車体前後に壁や障害物があるにも関わらず、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際、加速を抑制するシステムです。
また、車体前後の壁や障害物を検知してブザー音で注意喚起します。

自動ブレーキ機能はありませんので、停止の際はドライバーが自らブレーキを踏む必要があります。

詳しい作動状況については以下の通りです。

前方・後方の障害物に向かって急発進してしまった場合

・進行方向約3m以内にある壁を検知して、ブザー音でお知らせ
・ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際、加速を抑制
・車内の表示機にアラートが表示、ブザー音でもお知らせ

後退時に誤ってアクセルを強く踏み込んでしまった場合

・約5km/h以上になると、加速を抑制
・車内の表示機にアラートが表示、ブザー音でもお知らせ

対象車種はプリウスとアクア!今後拡大予定

トヨタセーフティセンス未搭載の3代目プリウス

踏み間違い加速抑制システムには、車両前後に取り付ける超音波センサーや付属部品などが含まれており、価格は55,080円です。(税込み)

後付けできる車種は「プリウス」と「アクア」。トヨタは今後、対象車種を広げていくということです。

ダイハツも踏み間違い加速抑制装置「つくつく防止」を発売

同日、ダイハツも「タント」に対応した、後付けの踏み間違い加速抑制装置「つくつく防止(ぼうし)」を販売しました。
ダイハツの先進安全「スマートアシスト」非搭載車の安全性を高める目的です。

(MOBY編集部 本田カミ)

プリウス/アクアなどトヨタ車の最新情報はこちら

自動ブレーキや踏み間違い対策機能のついた車についてはこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す