初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産が新型マキシマとムラーノをロサンゼルスモーターショーで公開!

2018年11月28日、日産はロサンゼルスモーターショー2018において、新型マキシマと新型ムラーノを初公開しました。今回のマイナーチェンジで最新の「日産セーフティシールド360」を標準装備。2車は12月から北米で販売開始予定です。

LAモーターショーにて新型の「マキシマ」「ムラーノ」が公開!

11月28日、日産はロサンゼルスモーターショー2018において、新型の「マキシマ」と「ムラーノ」を公開しました。両モデルとも国外専売モデルであり、日本への導入に関するアナウンスは現時点ではなされていません。この2車は12月から北米での販売を開始するとのことです。

今回のマイナーチェンジで両モデルとも内外装の変更だけでなく、安全装備の拡充が図られています。2019年版として改良された「日産セーフティシールド360」を標準装備。これは歩行者検知、ブラインドスポット警告、リヤクロストラフィックアラート、車線逸脱警告、ハイビームアシスト、リア自動ブレーキを備えた自動緊急ブレーキなどの機能を備えた先進装備です。

日産は2021年までには北米で販売される新型車に標準装備としてこの機能を搭載する予定と発表しています。

北米日産のフラッグシップセダン「マキシマ」

マキシマはかつて日本でも販売されていた4ドアセダンモデル。4代目以降は日本国外専売車として北米を中心に販売がなされています。今回のモデルはデビューから数えて8代目。今回のマイナーチェンジでVモーショングリルのや灯火類のデザイン変更や、内装の質感向上などが行われました。

日産 マキシマに関する記事はこちら

都会派SUVとしての性能が高められた「ムラーノ」

「ムラーノ」は過去に日本でも販売されていたSUVモデルです。日本で販売されていたのは2代目までで、2014年から販売されている3代目からは国外専売モデルとされています。なお今回発表されたモデルは3代目のマイナーチェンジとなります。こちらも「マキシマ」同様により深いVモーショングリルや内装の素材変更などが行われました。

(MOBY編集部 上田貴大)

日産 ムラーノに関する記事はこちら

ロサンゼルスモーターショーに関する記事はこちら

日産の新型車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す