初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ CX-5マイナーチェンジ発表!2.5Lガソリンターボ国内初導入&ディーゼルにMT追加

2018年10月11日、マツダは新型CX-5のマイナーチェンジを発表しました。発売は11月22日を予定しています。今回の改良の最大のポイントは2.5Lガソリンターボエンジンの日本初導入と、ディーゼルエンジンのMT採用です。マイナーチェンジの詳細についてご紹介します。

マツダ CX-5がマイナーチェンジ!

新型CX-5

2018年10月11日、マツダは新型CX-5のマイナーチェンジを発表。発売開始は11月22日を予定しています。CX-5はマツダのミドルサイズSUVであり、グローバル販売の4分の1を占める、マツダの基幹車種ひとつです。

今回のマイナーチェンジの大きなトピックは2.5Lガソリンターボエンジンの国内初導入、同一クラスでは唯一となるMTモデルの採用(ディーゼルモデルのみ)、そして特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」の設定です。

3つのポイントの詳細を解説していきます。

ガソリンモデルに「2.5Lターボエンジン」が国内初採用

新型CX-5「SKYACTIV-G 2.5T」

新型CX-5のガソリンエンジンラインナップに、新たに2.5Lの直噴ターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5T」が追加されました。「SKYACTIV-G 2.5T」の導入は国内初となります。

「SKYACTIV-G 2.5T」のスペック

エンジン種類直噴ターボエンジン
排気量2.5L
最高出力169[230]/4,250
最大トルク420[42.8]/2,000
トランスミッションAT
駆動方式FF/4WD
使用燃料レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ターボエンジンの採用により意のままの走りを実現。より力強くスポーティな走りを求める層をターゲットにしていると思われます。

2.2LディーゼルモデルにMT設定

SKYACTIV -D 2.2 MTモデル

新型CX-5では、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車に6速MT(マニュアル)モデルを設定。MTの設定は*同一クラス内唯一となります。マツダによると、MTモデルを設定することで車を思いのままに操る楽しさをSUVのドライバーにも提供する、とのことです。

*排気量2,000㏄超かつ2018年9月現在カタログモデルとして新車で販売されている国産SUVクラス(マツダ調べ)。

特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」の設定

新型CX-5「XD Exclusive Mode」

今回のマイナーチェンジで、特別仕様車 「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」が新たに追加。

ナッパレザーのシートや本杢加飾などのこだわり抜いたマテリアルを採用することで、ワンランク上の質感を感じさせる上質な車内空間を実現します。また、他にも快適性・安全性を向上させるさまざまな専用装備を搭載し、CX-5のオーナーに「所有する歓び」を提供します。

マツダの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...