初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ ヴィッツ 新型は「ヤリス」へ2019年に改名か!GRMNも登場へ

トヨタ ヴィッツがフルモデルチェンジにあたり「ヤリス」に改名されるとの情報が。MOBY編集部は新型ヤリスの予想レンダリングCGを入手。高性能モデル「ヤリス GRMN」登場についても検証します。発表は2019年東京モーターショー?新型ヤリスはどのような変化を遂げるのでしょうか。

トヨタ ヴィッツが「ヤリス」に改名か

新型ヤリスの予想レンダリングCG

トヨタのコンパクトカー ヴィッツがフルモデルチェンジにより車名を「ヤリス」とすることが濃厚です。もともと「ヤリス」はヴィッツの海外名。世界統一車名とすることで、日本でも「ヤリス」が採用されるものと思われます。

MOBY編集部は新型ヤリスの予想レンダリングCGを入手。大型のフロントグリルやLEDを中央に配した大型ヘッドライトなど、スポーティなデザインが特徴です。

新型ヤリスにはフルモデルチェンジにより、「TNGA」の一環として開発されたGA-Bプラットフォームが採用される可能性が高いです。剛性や走行性能を向上させ、コンパクトカーとしてさらなる進化を遂げるとみられます。

高性能モデル「GRMN」も登場か

ヴィッツ GRMN

新型ヤリスには、ヴィッツ同様に高性能モデル「GRMN」が登場する可能性が高いです。

日本ではコンパクトカーというイメージが強いヴィッツ(ヤリス)ですが、世界的にはWRCで活躍するスポーツカーとして名高い車。新型ヤリスGRMNは最高出力230psの直列3気筒ターボを搭載するという噂もあります。

ちなみに、トヨタGRシリーズの頂点「GRMN」から登場したヴィッツGRMNは、150台限定発売という超プレミアモデル。足回りやエアロパーツだけでなく、エンジンにまで手が加えられた本格スポーツカーでした。

新型ヤリスの発表は2019年東京モーターショー?

新型ヤリスは2019年に発表、日本での発売日は2020年ごろになるとみられます。ワールドプレミアは2019年東京モーターショーとなる可能性もあるでしょう。

2010年の発売以降、マイナーチェンジが繰り返されてきたトヨタ ヴィッツ。日本販売名が「ヤリス」に変わることで、新たなファンを獲得できるかに注目です。

トヨタ ヴィッツについてはこちら

トヨタの新型車についてはこちら

こちらの記事もおすすめ

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す